a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリエータセミナーなんぞに行ってきた

2009/11/30 21:05 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

11月最後の日曜日、まだどこか冬になりきれない昼下がり。
 私は横浜は関内で行われた、ゲーム開発者向けシナリオセミナーに参加した。転職を考えているわけではない。知人に誘われての興味本位からの参加である。
 セミナーを主催するアイリーベル(株)は、ゲームのシナリオなどを請け負ったり、クリエータ向けのセミナーを開講する企業。設立一年ほどの若い会社ではあるが、社長をはじめスタッフは経験豊富な逸材が揃っている。
 今回の参加者は44名。今回は主にフリーランスやシナリオライター志望者をターゲットにしたものらしく、第一部は社長自らが確定申告のノウハウを解く題から始まった。

鈴木俊之

 同社長の鈴木俊之氏。SFC『ミスティックアーク』からPS3『忌火起草』などを手がけてきた、業界歴20年のベテランである。
 最初は「俺サラリーマンやし、申告って言われてもなぁ」と思っていたが、知ってるつもりで知らないことも多く驚いた。
 フリーランスや個人事業主は申告等も自分でしなければならず、また事務仕事に不慣れな人も多いため、こういった事に関する問い合わせは多いのだそうだ。

檜木田正史

 次いで登壇したのが、シナリオライターの檜木田正史氏。
 作家としても活躍される他、専門学校デジタルアーツ東京で講師もなさる氏は『ストーリーを面白くするゴールの設定とは?』をテーマに熱弁をふるった。
 自慢にもならないが、私もアマチュア物書きの端くれ。いまさら基礎的なことをご講義されても…と内心高をくくっていたが、いざ明文化され講義されると、あぁなるほどなとかみしめてしまうから不思議。
「ゲームのシナリオは他のメディアと違い、主人公がユーザーであることが基本。だからユーザーがそそられる目標設定も大事。綺麗な貝や珊瑚にあふれた海岸で、フジツボを摘んで歩くゲームなんてそそられないでしょ?」
 ……プロとアマの見えないようで厚い壁を垣間見た気がした。

長井知佳

 最後に登壇したのは、(株)キュートロン代表取締役、長井知佳氏。
『流行り神』『金八先生』等を手がけ、シナリオ学校も運営される辣腕ライター。
 ゲームシナリオのプロットを30分で書いてみよう!と題し、フリーのエディタソフトを使い、実際プロットを描く様を見せながらの講義を始めた。
 が、お題に選ばれたのがなんと、先の檜木田氏の講義で駄目な例として出た、フジツボを摘むゲーム(笑)
 あり得ぬ無茶振りに眩暈を覚えつつプロットを進めていく長井氏。しかしてそこはプロ。目標と経過を数点決め、あとは連想ゲームのようにてきぱきと打ち込んでいく。
 荒削りからアウトラインにいたる一刀彫のような仕事ぶりに、テーマがフジツボであることも忘れて見入ってしまった。

 最後に参加者が思い思いに自らを売り込む時間なども設けられた。皆ゲームに携わることを強く願っている人ばかり。専門学校の生徒もいたようで、業界の裾野はまだ広いと感じた。


 あっという間に時間は過ぎ、セミナーはお開きとなった。
 今回初めてこういう会に参加して思うのは、何事も聞いてみるべきだとううことだ。
 ストーリー構成やシナリオのイロハは、普段完成品に接しているので、知ってるつもりになっていることが多い気がする。
 しかし改めて整理された言葉として聞いてみると、それを自分の中で理屈や方法論として格納できるので、実際に作品を作るうえで大きなアドバンテージになる。気がするw
 無論多少の出費はある。御代は見てのお帰りというわけにもいかない。しかし業界を目指す人や、スキルアップを志す人。また業界の横のつながりを欲している人などは、一度こういう場に参加してみることをお勧めしたい。
 ただのゲームヲタクのサラリーマンである私でさえ、存分に満喫できたのだから。

アイリーベルのサイトはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。