a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価値と値段

2009/09/09 20:18 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

回募集したアンケートの回答が多く帰ってきている。
 結果をお伝えする前に、アンケート募集の途中、私の不慣れゆえ大幅な改訂をし、混乱を招いたことをお詫び申し上げます。

 月額料金の質問に絞ってみたが、集まった回答は見事に1000円以下に集約した。月当たり約400円ですむゴールドメンバーシップの12ヶ月プランは、適正か割安な部類に入るという意見が多い。
 やはり感覚として、桁が一つ増えると割高感を覚えてしまうことも一因だろうか。
 加えて決済方法に関する意見も目を引いた。つまり月額がいくらであれ、一括で払うので高く感じるというものだ。これは恐らく誰しも感じることだろう。
 月400円を12回払うのと、12か月分4800円を一括で払うのでは、額が同じでも消費者の手持ちの減り方が変わってしまう。安くて高いという印象を持ってしまう人もいるようだ。

 面白い意見として
「無償なのは歓迎だが、無償でサービスが良すぎるとかえって不安」
 という声があった。なるほど、オンラインサービスとて天地のように自然にあるものではなく、維持管理する手間と設備をとらねばならぬもの。無償で運営して採算が取れず、サービスが低下したり有償化したり中断されたり…なんてことになりはしないかと疑心を持つのは、ある種ごもっともかも知れない。
 これはあくまで推測であるが、無償サービスの運営は、広告収入が元になるのではないだろうか。と考えてそれら無償サービスを見てみると、妙に広告媒体が多かったり、企業やタイトルにスポットを当てたサービスが目に付く気がする。
 もちろん真相は聞いてみないとわからないし、どちらもユーザーの絶対数が運営を左右するという点では違いないものだ。

 ソフトや本体のように、商品として目に見えるものではなく、オンラインで遊ぶということ自体にいくら払うかは、少々難しい問題だろう。
 さるお方の言葉を拝借すれば「ゲームは論ずるより前に遊んで楽しむもの」であるから、一度オンラインで遊んでもらえば、何よりその価値はわかってもらえるだろう。そういう意味では、ソフトに付いてる一ヶ月利用コードはよい施策だとしみじみ思う。

 ちなみに前回冒頭の話の続き。永氏は悔し紛れに、 
「じゃあこの蕎麦猪口が10万だといわれたら、どうすればいいんですか?」
 と聞き返した。すると河井氏は泰然と答えた。
「そりゃあ毎日あの店に通って、1万円まで値切りなさい。君が決めた値段なんだから」
 当世なかなか値切るということは叶わないが、値段以上のサービスを求めることはできるだろう。オンラインは蕎麦猪口と違い、買った後も中身が変わるものなのだから。

 まだゴールド未経験という方、まずは是非一度やってみて、価値と値段の推量をなさってはいかがだろうか。
 オンラインの楽しさに負けた時は、礼を尽くしていただきますが。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。