a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろすぷら2がやって来る!

2009/08/25 21:01 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(2)

供の頃疑問に思ったことがある。日曜の朝TVでやってる戦隊物のヒーローたちは、一人の敵を5人がかりで寄って集ってボッコボコにしている。世間一般ではこれを「卑怯」と言うのではないだろうか?
 しかしながらよくよく見れば、悪の組織も一山いくらの雑兵をわんさとヒーローに突撃させたり(これが倒しても倒しても毎週補充されるのだから、よほど時給が高いのだろう)、敵キャラは敵キャラで5人相手にいい勝負に持ち込んでいたりする。
 これは世間一般で言う「おあいこ」や「対等条件」というもに該当するのだろうと、幼い私は鼻水をたらしながら思っていた(と思う)。

 そんなことを思い出したのは、この体験版をプレイしていたときだ。
 細密なグラフィックと独特のシステムで話題を呼んだTPS「ロストプラネット」の続編が登場する。幸いコロニーズGとはならなかったようで(このネタがわからない人はこちらをご覧下さい)、このほどオンラインCo-op体験版が配信となった。
 体験版ということで、プレイできるのは最大4人同時プレイ可能なAKハンティングのみ。しかしながら基本システムや世界観をしかと体感できる体験版である。
 ルールは至ってシンプル。みんなでどでかいモンスターを一匹倒しちゃえば勝ち。いやもちろんこちらの敗北条件なんかもあるのだが、基本目的は巨大モンスターの撃破である。

 プレイしてみての感想は、やはりCo-opはこれから、ミドル~ヘビーユーザー向けタイトルのトレンドになる(なっている?)かもしれないということだ。
 オンラインなど影も無い頃から、ゲームの同時プレイといえば対戦だった。一部シューティングやアクションで協力プレイが実現していたが、それを前提とした設計はされておらず、おまけのような扱いであった。
 しかしブロードバンドが一般化し、不特定多数のプレイヤーがタイムラグを気にせずに接続できる環境が整うと、Co-opを主体に置いたゲームが一躍主脚光を浴び始めた。
 Co-opプレイの登場はゲームプレイの価値を変えた。人間同士の勝敗の決定ではなく、仲間との勝敗の共有という楽しみをもたらしたのだ。複数名が寄って集って敵をボッコボコに…否、敵に立ち向かう戦隊ものスタイルは、多くのゲーマーの歓迎を受けた。
 そしておそらくは、これからも型式やルールを変えてCo-opは進化するだろう。

 初対面でもある程度統率が取れる人数と、いい勝負に持ち込めるバランス。退屈させない敵やシチュエーションの補充等、Co-opに求められる要素は恐らく対人対戦より多いかもしれない。
 まだ完成形が見えないため、この体験版だけでLP2の評価を下すことはできないが、期待度は相当高く見積もってよさそうだ。
スポンサーサイト

こんにちは、もう20時間くらいプレイしたんでさすがに飽きちゃいましたけど面白いですよね・・早く製品版が欲しいです。。 あのボスにはもののけ姫サントラの「タタリ神」がよく合います。音源があるようでしたら是非ともカスサンでプレイxプレイ!
[ 2009/08/27 12:12 ] [ 編集 ]
いらっしゃいませ。
やりすぎです。夏を乗り切る気ですかww
僕はカスタムはやらないですねえ。ゲームは絵と音とシステムの総合芸術だと思ってるので

あ、昔レッスルキングダムでオリキャラの入場曲をMacで作って流したな。思い切り浮いちゃってやめたけどwwww
[ 2009/08/27 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。