a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓、編集部各位。

2009/08/04 21:01 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

360
川俊太郎氏の詩に、こんな言葉を見つけた。


  ほんはほんとうは しろいかみのままでいたかった
  もっとほんとのこというと
  みどりのはのしげるきのままでいたかった


 なるほど、一本の樹を切り加工し、真っ白な紙にインクを渡らせて描き出す印刷メディアというものは、樹という生命の上に成り立つメディアなのだ。
 ネットインフラが整備され、情報が光の速さで駆け巡る時代になっても、手紙や印刷メディアがなくならないのは、命の生み出す紙にしか出せない味があるからかも知れない。

 さりとて出版業界がのうのうとしているかと思えばさにあらず。昨今の活字離れや景気低迷と相俟って、雑誌や長寿刊行物の休刊廃刊や電子化が相次いでいる。
 ゲーム雑誌も例外ではなく、いくつかの誌が休刊の憂き目に会ったこともある。
 我らがXbox360の唯一の専門誌「ファミ通Xbox360」は、創刊以来休むことなく刊行しており、ありがたいことに憂き目に会わずにすむようだ。
 これも偏に、専門誌としての強みと360の優れたソフトの多さ、さらに根強い愛読者の存在はもとより、M編集長以下編集部各位の不断の努力の賜物であろう。

 詩の中で本は、自らに書かれた言葉が多くの人に読まれていくことを知る。


  ほんはほんでいることが ほんのすこしうれしくなった


 どんなことが書いてあったのかは、各々ご覧いただくとしよう。
 本が本であることを誇れるような記事を作るため、今も編集部は上へ下への大騒ぎをしていることだろう。
 広いネットの片隅でささやかながら労をねぎらいつつ、かつて樹であった紙と我々読者のため、一層大騒ぎをしていただきたいと強く願う。
 どれ、今月号をもう一読。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。