a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感・H.A.W.X.

2009/06/20 22:20 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(0)

screenshot_01.jpg
る特殊なジャンルでゲームを作ると、同ジャンルの代表的なタイトルと比較されてしまう場合がある。特に先に出たそのタイトルに慣れたユーザーも多く、後発のゲームは得てして不遇な扱いを受けることも少なくはない。
 しかし考えてみれば、工業製品は後発のものほど改良されていることが当然なのだから、むしろ比較されて困るのは先発のタイトルのはずだ。
 さて、今回の場合はどうだろうか。
 というわけで今回はH.A.W.X.の雑感を書くにあたり、フライトシューティングの代名詞と名高きエースコンバット6と、堂々と比較してみようと思う。

 まずは映像面。これは両者とも360のポテンシャルをかなり引っ張り出しているといってよい。特に地形や建物のディティールはまるで実写。違いらしい違いといえば、H.A.W.X.は現実の場所を舞台にしていることくらいだが、飛んでる間はそんなの関係ないので(失言)差と呼ぶには小さい。
 機体のグラフィックも内装外観ともに緻密。お約束の架空機体も両作とも登場する。
 ストーリーは、架空の世界を舞台に国家間の争いを描いたのがAC6。一方H.A.W.X.は、近未来の現実世界で増長する民間軍事会社が中心という、いかにもトム・クランシーらしいプロットだ。

 では全く同じようなゲームなのかといえばさにあらず。H.A.W.X.にしかないシステムがある。
 ひとつは、ERSと呼ばれる操縦支援システムだ。例えば敵機を追尾する際、敵の挙動と自機の向きから、敵機の背後につける最短のルートを画面に表示してくれるというもの。これに沿って飛ぶことで、より的確に敵機を攻撃できる。
 これは対地攻撃やミサイル回避などのルートも教えてくれる、非常に便利な機能だ。
 もう一つは、失速防止のために平時起動しているアシストをカットする機能。これを使うと視点は自機と目標を捉えた遠距離視点に切り替わり、通常では不可能な鋭角的な旋回操縦が可能になる。
 無論ERSとの併用は出来ないが、機体の性能をフルに引き出した挙動は、そのデメリットを補って余りあるものだ。
 他にもある。昨今のオンラインゲームのトレンドともいうべき、Co-opプレイが可能なのだ。
 しかもキャンペーンモード途中から参加することも可能であり、難易度も各自で設定可能。つまり違う難易度で同じゲームを共有できるのだ。
 無論オンライン対戦も充実している。最大8人同時対戦が可能で、敵機を強制的の操縦不能にしたり、ミサイルを使えなくしたりというギリギリのおじゃま機能が盛り上げてくれる。

 気がつけばH.A.W.X.のことばかり書いているが、結局ゲームのどこに魅力を感じるかは人それぞれであり、今回行った要素の比較は、即ち優劣の比較とはならない。
 しかし一ついえることは、ACシリーズを持っているからだとか、フライとシューティングは飽きただとか、そんな理由で本作を手に取らないでいる人がいたとしたら、それはあまりにもったいないということだ。
 むしろそういう方にこそ強くお勧めしたい一本である
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。