a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野次の責任 ~TOV移植に思う~

2009/04/07 19:39 Category:業界
TB(0) | CM(7)

語家で人間国宝にも指定された大名人、三代目桂米朝は「上方落語中興の祖」としても知られている。
 入門当時、衰退の一途をたどるばかりだった上方落語の復興を願い、六代目笑福亭松鶴ら多くの同志と共に、古い文献を掘り起こしたり先輩落語家から聞きとめたりした。
 しかしある日、米朝が高座に上がって落語を始めると、客から野次が飛んだ。
「何を一人で喋ってるんだ? 遊んでないで早く落語を始めろ!」
 高座に上がり昔ながらの噺を披露する、上方落語のスタイルはほとんど知られておらず、特に地方では『笑点』でやっている大喜利が落語なのだと思われていたらしい。
 古典芸能の復興に半生を賭した男の耳に、この声はどう響いたことだろう。

 バンダイナムコゲームズの看板作、テイルズシリーズの戦略発表が行われた。
 目玉の一つは、360で好評を博したRPG「テイルズオブヴェスペリア(TOV)」が、PS3に移植されるという発表であった。しかも単純な移植ではなく、新キャラクターの追加とメインシナリオのフルボイス化という、進化を加えた移植である。

 それとは別に悲しい話を聞いた。
 ファミ通.com上で「360サイコーっ!BLOG」を連載するジャム爺氏のブログ宛に、この件に対する中傷メールが多数寄せられたというのだ。
 同ブログでは長らくTOVの特集記事が組まれ、スタッフや広報氏をはじめ多くの人々の熱い想いがぶつけられ、人気連載となった。
 それだけにファンにとっては、都合のいい怒りの捌け口になってしまったことは、容易に想像がつく。だがしかし、本当にそれでいいのだろうか?

 このサイトでのインタビューでジャム爺氏は、360に対する想いと持論を熱く語ってくれた。4時間に及ぶインタビューのほとんどは掲載できなかったが、メーカーとユーザーの真ん中にいる者ならではの視点が興味深く、本当にゲームと360が好きなのだなと強く実感できた。
 氏はメーカーとエンターブレインの仲介をする部署に籍を置く人である。メーカーの声が届きやすい立場であるが故、メーカーに声を届けたりもした。360中興の祖といっても良いだろう。

 だからこそ私は、今回の一部ユーザーがとった軽率な行動が悲しかった。
 360躍進の起爆剤と言っても過言ではないTOVが、360にない要素を加えて移植されるという事実は、確かに衝撃であったし、氏にとっても看過出来るものではなかっただろう。
 だからといって氏を批判の矢面に立たせるような行動は、お門違いも甚だしいではないか。氏もまた我々同様ユーザーに過ぎず、情報に接しやすい立場故、話せないことも多い立場なのだ。
 本当にこの件に言いたいことがあるなら、もっと適切な窓口がある。TOVの普及に少なからず関わった氏に言いたくなる気持ちもわかるが、誹謗中傷までそちらに送ってどうするというのだろう。
 氏はTOVの樋口プロデューサと相談し、同ブログをユーザーの意見の窓口にすることになったようだが、テイルズと360への想い故の行動とはいえ、どうも素直に感心できないでいる。

 いや、そもそもこの件で誹謗中傷がたやすく発生するのがおかしい。

 360が踏み台にされただの、バンダイナムコの金儲け主義に閉口しただの、ネット特有の世界に響く陰口が溢れているようだ。
 しかし私は思うのだ。TOVが優れた作品であるからこそ、他機種への移植も望まれたのだろうし、作り変えるチャンスがあるならよりよいものを生み出したいというのは、クリエータにとって至極自然な成り行きであるはずだ。
 それに、利潤を追求するのは会社として健全なこと。バンダイナムコが法規や公衆道徳に反する行いをしているとは微塵も思えない。
 ゲームは衣食住とは異なり、社会生活に不可欠なものではない。質の低いものを売ったりしていればすぐに見放される。同社がこうして発展しているのは、良質なコンテンツを生み出して、上手な商売をしている証だと思う。
 それを移植しただけで利益至上主義呼ばわりされるとは。TOVを最初から両ハードで出していたら、文句はなかったのだろうか?

 いやいや、もっと根本的な部分で、私はバンダイナムコの英断を推したい。

 そもそも他機種に移植されるからと言って、目くじらを立てている場合ではない。ハード戦争など、とうの昔に終わっているのだから。
 WiiとDSはゲームから離れていた層に見事マッチし、PS3と360とは違う進化を遂げた。
 ゲームとして表現の高みを目指す両機種は、皮肉にも開発費の高騰をも招くこととなり、開発費回収のために自然とマルチタイトルや世界での販売を見据えたタイトルが増加した。
 同時に海外のメーカーのタイトルが、多く日本に入るようにもなった。

 そう、今鎬を削っているのはハードメーカーではなく、内外のソフトメーカーなのだ。

 EA社を例に取るまでもなく、海外メーカーの開発力と資産力は驚異的なものだ。ゲームは日本が独自の感性とスタイルで世界と戦える数少ない市場、そこでの日本のシェアを堅守すべく、国内メーカーは戦っているのだ。
 PCをはじめ複数のプラットフォームでの開発を支援する環境も、いまや珍しいものではない。発売するハードの選択は、昔に比べて比重が軽い問題だと私は思う。
 世界と戦える日本らしいゲームを作る。そのために日本でのビジネスを成功させる。
 昨今のゲーム業界の眼目はこれではないだろうか。
 そんな中で、移植に目くじらを立てて、やれ裏切りだ利益主義と野次を飛ばしているファンの様は、私にはどうもおかしく見えてしまうのだ。

 落語を知らなかったファンの声は、落語を広めようという決意にも繋がっただろう。
 ゲームを知り、ゲームが好きなファンの声が、どうも悲しく聞こえるのはなぜだろう。
スポンサーサイト

その北米ですら倒産の危機や吸収合併などが多発してますからね。
マイイクロソフトもファーストやセカンドをどんどん整理している。
国内ではTOVだけじゃなく色んなタイトルがメーカーごと360以外のハードに殺到している。

確かに丸三年、消えてもおかしくない状況のまま360は生き残った。
でも大事なことは「どう生きたのか?」ということですよ。
サードは自然発生的に360で作りたがっていたわけじゃない。
それは今回のナムコの内情暴露でも証明された。
私は360の動静に注目してましたがねえ、
アレは生き残ったというより人工呼吸器で生きたフリさせられてるだけですよ。
100万って言うけどハードはDSですら毎週手放すひとがいるんです。
私は初代XBOXのユーザーでしたけど、
販売台数が20万台も行かない初年度でMURAKUMOって出来の悪いタイトルが6万本以上売れてた。
それに対して後期は40万台くらい普及してたのかな?
初年度よりハードは売れているにも関わらずソフトの平均販売本数は数千本でした。
前の記事で「100万台はいかに早く達成するかの問題」と書きました。
週間販売台数は中古で手放されるハードとの競争なんです。
週5000台ハードが売れたら【記録上】5000台シェアが+された様に記載されますが、
その週に3000台中古買い取りが発生したら差し引き2000台しか伸びてないという計算になる。
現在、XBOX360の週間販売台数は3000台強です。
間違いなくマイナス成長に突入している。

こんな状況でXBOX720(次世代機)なんて小売がついて来ないですよ。
まして高性能でハードが売れる時代でもない。
MSKKは次世代機で成功したかったらXBOX360を300万台占いといけない。
それも売却速度との戦いを制する形でシェアーを伸ばさないと。
ちょっとそれは難しいでしょう。
[ 2009/04/08 04:38 ] [ 編集 ]
 台数のお話は台数の記事に書いていただきたかったのですが、もとより過疎気味のブログなので硬いことは申しますまい(^^;

 貴殿の仰ることはごもっともと思います。恐らくは長く深く業界をごらんになってきたのでしょう。
 確かに中古市場に流れる台数や買い替え需要を考えると、純粋にユーザーが100万人になったとは言いがたいでしょう。週間販売台数はおっしゃるよりもう少し多かった気がしますが、中古市場に流れた分もいずれ誰かの手に渡ることになるのですから、普及台数にならなくても布教台数になるのではないでしょうか?
 それに本文でも書きましたが、もうゲームは日本だけで作り売りできないもの。もし日本のゲーム市場があらゆる意味で閉ざされていたとして、今の普及台数であったとしたら、さすがにこの先も厳しいでしょう。
 しかし今や、リージョンコードや出力方式の差異はあれ、一本のゲームが世界で売られることも稀ではありません。世界市場での360のシェアを見れば、劣勢という言葉は出ないと思います。
 そうなれば(全く不本意で他力本願な物言いではありますが)、メーカーは世界的なシェアを見た上でゲームが作れ、日本の360がその恩恵に浴することも容易なはずです。(あぁ打ってて恥ずかしい///)

 先代機のあの劣勢ぶりをご存知であれば、今の360を取り巻く環境がどれだけよくなったかもお分かりいただけると思います。日本から撤退するんじゃねーかなんて陰口を言われていたMSがここまで伸びたんです。
 統計学やセオリーを用いれば、いくらでも360の不振と先行きの不安は浮き彫りに出来るでしょう。
 でもこの先Xboxが全く成功しないという証立ても、出来ないはずです。
 だって希望持ちたいんだもぉん!(TT)
[ 2009/04/08 22:10 ] [ 編集 ]
ええと、自分はジャム爺とわいだっぴが大嫌いです。
彼らはXBOX360を応援するだけでなくPS3に対する中傷もしています。
先日も個人ブログで酷い言い掛かりでSCEを責め、
それを騒がれて「魚拓」を撮られる前にエントリーを消しました。
まず最初に彼がPS3に集中して、
戦闘的・挑発的言動を繰り返していたことが原因でしょう。
公に向かってモノを言えば色んな反応が返って来ますから。

360側の人がTOV完全版の件でジャム爺氏を批判するのは間違ってますね。
決めたのはバンダイナムコです。
守秘義務だってあるし、ジャム爺氏を戦犯扱いするのは不当です。
[ 2009/04/11 00:29 ] [ 編集 ]
そんなことがありましたか。
 わいだっぴさんとは、僕が前のファンサイトを運営してた頃から何度も顔を合わせています。
 まあ辛辣な所もありますが、管理人としての責任と本業の職責に実直な、阪神と360を溺愛するふつーの男です。
 事の委細は存じませんが、彼なりの考えあっての事かと思います。

 ジャム爺さんはそんな酷い物言いがあったとは思えません。
 職務の立場上360のみに携わるわけではありませんし、誤解を招いていたとしたらそれに対するコメントも書かれていると思います。
 もう一度見直してはいかがでしょうか。

>360側の人がTOV完全版の件でジャム爺氏を批判するのは間違ってますね

 ご賛同いただけて幸いです。
[ 2009/04/11 09:10 ] [ 編集 ]
自分はPS3寄りの人間ですが、
360には希望が有ると思います。
ジャム爺さんはそこに目を向けるべきですよ。
MSKKの良い所はN3の続編を作ってることです。

TOVの件はハッキリ言って、
サードに余りにも大きな期待をかけ過ぎたということではないでしょうか?
ジャム爺氏だけを責めてる人は
「お前に騙されてXBOX360買わされた!」と言いたいんでしょう。
ジャム爺さんの「このままでは終われない」も「ジャム爺叩き」も、
バンナムという前科があるサードを過剰に持ち上げた判断故だと思います。

今後はMSKKもSCEも任天堂のように「ウチの看板タイトルで売ってやる!」と覚悟すればいい。
ブルドラやロスオデの販売台数はTOVに大きく劣るものでもないし、
そもそもTOVの売上げだって坂口RPGで道を切り開いたインフラのおかげでアレだけ売れた。
私はそう思ってますよ。

それにこの業界、
どのハード買ってもマルチだらけなんて味気ない。
そんなものより坂口RPGやチームICOの様な絢爛豪華なタイトルが凌ぎを削ってこそ面白い。
今回の件が全てのハードメーカーの教訓となり、
MSKKやSCEJが覚悟して自助努力に努めてくれるなら、
今回の件は360にとっても良い事だったのかもしれない。

振り返ってそう思えるような2009年にして下さい。
360ユーザーはそうなるようにエールを送るべきでしょう。
2chのジャム爺叩きは、アレは論外ですよ陣営問わず。
本人が業界を去るまで追い込むつもりか!?と思う。
「まこなこ」なんかも自分を棚に上げて酷いことを言う。
そういう反応には負けるなと言いたいですね。
[ 2009/04/11 14:30 ] [ 編集 ]
>「まこなこ」なんかも自分を棚に上げて酷いことを言う。

訂正。
「まこなこ」ではなく「A助」でした。
[ 2009/04/11 20:41 ] [ 編集 ]
ttp://www.hp.infoseek.co.jp/r/i/g/righteous/cgi-bin/src/og0803.jpg
ttp://kissho.xii.jp/1/src/1jyou73497.jpg
ttp://kissho.xii.jp/1/src/1jyou73498.jpg
ttp://kissho.xii.jp/1/src/1jyou73499.jpg
ttp://kissho.xii.jp/1/src/1jyou73500.jpg
ttp://image.blog.livedoor.jp/maxell011/imgs/2/7/273e079e.jpg

ナムコさん曰わくパティの追加はXBOX版発売時点では予定にしていなかったそうです
[ 2009/04/29 16:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。