a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maid in OSAKAの時代

2008/08/14 09:19 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

休みを使って、二泊かけて神戸と大阪の知人を訪ねた
観光よりうまいものを喰い歩こうと決めていたので、明石焼き神戸牛、うどんに串揚げタコ焼きイカ焼きと、ひたすら食べていた。どれも旨かった

二日目の宿に向かう途中、大阪駅付近で大阪在住の知人が面白いことを話した
「東京の人間は遊ぶために仕事するやろ?大阪の人間は遊びながら仕事すんねん。ほんでそれができん奴は仕事できん奴って言われんねん」

彼の個人的観念が多分に混ざっていたとしても、推敲に値する話である
確かに、大阪駅周辺はビジネス街と歓楽街が混在している。新宿のように出口によって表情を変える街とは些か赴きが違う
そして私がその論説に共感したのには、もうひとつ理由があった。ゲームメーカーの存在である

バイオハザードシリーズやロストプラネットで馴染みのカプコンは大阪に本社を置くメーカー。またメタルギアシリーズは、コナミ大阪支社発のタイトルだ
この二社だけを見ても、彼の論説を立証するには十分に思える。メタルギアシリーズの特徴とも言える、シリアスなストーリーに挟まれた脱力感たっぷりの小ネタは、いかにも大阪らしいテイストではなかろうか

社員のストレス廃除と創作意欲向上のため、社内に遊戯施設を設置したり、福利厚生を拡充させるなどの取組が、近年ソフトウェア関連企業を中心に目立ってきているが、何のことはない、大阪は遥か昔から街単位でそれを行っていたのだ
吉本興行を例に出すまでもなく、おもろいことを商売にすることにも長けた街である


アイデア枯渇や開発費高騰、少子化による市場萎縮が危惧されて久しい昨今のゲーム業界
これから伸び上がるのは、遊びの感性にも商才にも長けた、大阪型のメーカーなのかも知れない



追記
大阪市街を走る4車線道路のど真ん中を、自転車に乗ったビジネスマンが颯爽と走り抜けていたのにはたまげたが、知人いわく
「あんなもん大阪じゃデフォルトや。突っ込んだらあかんよ」
だそうだ。
このたくましさも見習うべきかも知れない(交通法規は守りつつ)
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。