a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100万粒の米

2009/03/31 19:05 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(2)

粒百行という言葉がある。米を一粒実らせるのには百の手間がかかるという意味だ。
 種籾を撒き、苗を水田に移し、水の量や天候に気を配り、鳥や害虫に目を光らせ、刈り取っては干して、丁寧に精米することで、ようや白く美しい米粒になる。
 スーパーで当たり前のように積まれた米も、すべては百行の賜物であるのだ。

 我らが360の販売台数が、いよいよと言うべきかようやくと言うべきか、100万台の大台に乗った。先代機では夢に終わった数字が、とうとう現実のものとなった。
 本体デザインからソフトの供給不足。ひいてはプロモーションの不評にオンラインの利便性に至るまで、様々指摘された先代機の不備を糧に、一つ一つそれらをクリアしていった、MSとソフトメーカーの億行が、百万の粒を実らせた。
 競合他機種には水をあけられてはいるものの、これでミリオンセラーの仲間入りを果たし、ソフト供給を促す土壌も備わるだろう。

 余談かも知れないが、360発売の前夜祭イベントで、Xbox事業本部長の泉水氏とお話させていただいたとき、氏が力強く語った言葉を今も記憶している。

「これからなんですよね」

 背筋を叩かれたような気がした。
 先代機からXboxに触れ、360の名前が登場する前からつぶさに見守ってきた我々にとって、360の発売が一つの山場に見えていた。
 しかしそこは単なるスタートラインに過ぎず、その先に長く険しい道が待ち構えていたのだ。
 お祭り気分に酔いしれる我々をよそに、氏はその先を睨んでいたのだろう。否、恐らくはあの場にいたほとんどのスタッフがそうであったのかも知れない。

 あれから3年の歳月が流れた。未だに解決しない故障の頻発、拭い切れないコアユーザー向けというイメージ、プロモーションの不足。百万台という「通過点」を越えた先にも、対峙すべき難題は続いている。


   一点の 偽りもなく 青田あり   (山口誓子)


 メーカーは更なる実りのため青田を駆け回り、ユーザーはただその青田を眺めるしかないが、微力ながらもこうして360の美味さを、世に広めていければと思う。
 このブログを氏が見てくれているかはわからないが、100万台達成のはなむけに一言贈らせて頂こう。



 泉水さん、これからなんですよね。


スポンサーサイト

これからのワケないじゃんw

業界でよく言われる「ソフト供給を促す土壌」ってのは300万台のこと。
100万っての通過点どころか「どれだけ早期に超えるか」って話。
この先酷いことになるよ。
[ 2009/04/05 11:11 ] [ 編集 ]
 確かにもっと早く越えたい数字ではありました。しかし翻して言えば、これだけ長くかけて100万台を「達成できた」ハードというのもまれなわけです。ないと言っていいんじゃないでしょうか?
 ではなぜ360にはそれが可能だったのでしょう?
 ここで360の成長は止まってしまうのでしょうか?

 ソフト供給を促す土壌というのも、開発費や経済市況の変化等で変わるものでしょうし、マルチタイトルが主流になっている昨今の業界にあっては、絶対的な数値ではない気がします。

 それに早くも次世代機に関する「意見交換」が行われたという話もあります。当然下位互換はするだろう…というのは私の予想と希望ですが(^^; 先代機、360、そしてあるかも知れない次世代機を含め、MSのコンシューマ市場での躍進のチャンスは、これからなんだと思います。
[ 2009/04/05 23:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。