a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーカーの仕事とユーザーの務め

2009/02/21 06:44 Category:業界
TB(0) | CM(0)

SPIKE
る高級ホテルに常連客が宿泊する。彼はレンズ加工の腕一つで会社を育て上げた、腕っこきの職人である。
 彼が若いホテルマンに冷たく当たり煙たがられる様を、ベテランマネージャーはどこか満足そうに見ていた。
 チェックアウトした後、彼は大事に持ち歩いていたはずの、人生最高傑作というべきレンズがなくなっていることに気付き、慌ててホテルに戻る。
 そのころ、彼の部屋を清掃していたルームキーパーが、置き忘れられたレンズに気付かず落としてしまう。レンズには小さな傷が一本入っていた。
 事情を知った彼に、若いホテルマンは頭を下げる。
「申し訳ございません」
 彼は言う。
「君はこの傷が自分たちがつけたものだと認めるのかね?」
「…わかりません。ですがもしそうだとしたら、あってはならない事です」
 ホテルマンはもう一度頭を下げる。
 石ノ森章太郎原作「HOTEL」の中の一話である。


 98年5月15日。スパイク社から発売されたシューターアクション「The Darkness」に、重大な不具合が生じるという報告がユーザーから数多く寄せられる。
 その後のスパイク及びMS社の対応を巡って、ユーザーの間で賛否入り乱れての騒動に発展した。

 長い間公式的なアナウンスが乏しかった本件が、意外な形で動き出した。

 ファミ通.comが配信するMIDNIGHT LIVE 360 SPIKE SPECIAL で、スパイクのマーケティング担当者が生中継でコメントしたのだ。
 私は本作を未購入ゆえ、委細に通じるものではないが、内容はよく言えば前向き、悪く言い換えれば当たり障りのないコメントであった。
 しかし「現在も調査は継続中。 社内では発表の期限を設け、期限までに解明できなかった場合でも、最低限それまでの状況や新たな期限を発表する」という言葉を引き出せたのは、一歩前進ではないだろうか。
  対応があまりに遅いことや、責任転嫁と取れる応対があるという指摘も依然多い中、矢面に立った担当氏の度量と誠意にも敬服する。
 
 くどいようだが私は本作を購入していない。そのため少し外れたところからの物見になるが、私にはユーザーの言い分と同じくらい…いや、あるいはそれ以上にメーカーの言い分ももっともだと思うのだ。
 昨今の業界の体系と流通の中で、ソフトを一本出すということは並の努力では成し得ない。故にそれに関わるあらゆる会社、部門、人員に、相応の労力と責任が問われる。
 そんな中で「.」と「,」を打ち間違えただけですべての機能が停止しうるようなソフトウェアを組み立て、さらにはその不具合を炙り出す作業の過酷さは、我々の想像を絶するものだろう。
 無論だからといって、今回の問題をすべて許容できはしないだろう。社会の中にある以上、出した言葉と物には責任が生ずる。スパイクとて例外ではない。この日に出すといって出したなら、出したものの責任を負うべきだ。

 ただ私が今回のスパイクの対応で残念に思ってしまったのは「原因の特定と解決策が確定した段階で公式発表というのがスパイクの方針である」という姿勢だった。
 原因は追ってわかることとはいえ、数千円の私財を投じて購入し、不具合の被害にあっているユーザーがいるのは、ごまかしようもない現実なのだ。
 まずそのことを真摯に受け止め、一度きちんと応対を行ってからでも、原因究明は遅くなかったはずだ。


 常連の男はホテルマンの謝罪を受けると、何も言わず立ち去る。が、去り際に顔見知りのマネージャーに事を明かす。
「レンズ研磨には芯取りという工程があってね、裏表の球面の中心をそろえるために外周をわざと削るんだ。実を言うとね、あのレンズは最初から少し傷がついていたんだよ。しかし彼はああして謝って見せた。彼は芯取り成功だ」
 

 事態の解決に向けて芯を取るべきはメーカーか。それとも…。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。