a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Her Storyが面白そうな話

2015/06/26 19:26 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(-)

感でしかない。何しろ私は英語が読めないし、本作をプレイどころかダウンロードすらしていない。だがこのゲームは、恐ろしく自分好みであるような気がしてならないのだ。

 PC向けゲーム配信プラットフォーム『STEAM』の中で見つけた、一本のアドベンチャーゲームらしき作品に、私は興味を惹かれた。
『HER STORY』と題されたそのゲーム。私の英語力で内容を推測するに、ある女性に対して数日間に渡り行われた警察の取調べ映像を元に「何か」を見つけるゲームである、らしい。
 今や当然となったフルCGによるものではなく、ゲームがCDに乗るようになった頃に多く見られた、実写映像をベーズにしたゲーム。
 セガサターンの名作「NIGHT TRAP」を彷彿とさせる、実写動画主体の表現(FMV…Full Motion Videoゲームと言うらしい)と、取調べ映像だけという構成に、私の食指は堪らないほど揺さぶられた。

 触ってもいないゲームに対して、あまり書き連ねるのは私の主義ではないのだが、主張くらいはさせていただきたい。意欲あるデベロッパー様に、是非是非本作をローカライズして欲しい。
 おそらくこのゲームがフルCGで作られていたら、ここまで興味は持たなかっただろう。エンジニアたちが嬉々として、パフォーマンスキャプチャーやフィルターやシェーダーなどを駆使し、女性の存在感を引っ張り出すのに砕身した作品だったら、今や珍しくなくなった、高品質なCGを押し出した数多の作品群に埋もれていたに違いない。
 特にこうした二次映像的ストーリーテリング……今思いついた言葉を適当に並べたが、いわゆるゲームの中に仮想インターフェイスを置くスタイルのゲームは、プレイヤーを取り囲む現実をも演出の一部にする楽しさがある。シーマンはその代表例だろう。モニターそのものを水槽に見立て、プレイヤーを飼い主としてゲームに参加させている。
 これがCGで再現された水槽を360度見回せるようなゲームであったら、おそらく魅力は半減していただろう。それはシーマンを飼うゲームではなく、シーマンを飼うキャラクターを操作するゲームになっているからだ。

 ゲームがCDに乗るようになった頃、実写映像を使うのは、拙いCG表現の補助であったり、こういうことができる時代になったぞ、という証でもあった。
 その後CG……ことリアルタイムレンダリングが高精細化すると、プレイ画面との間に差異を生んでしまう実写映像は使われなくなっていった。
 映像の圧縮技術も進歩し、高画質TVも珍しくなくなった今の時代なればこそ、FMVゲームは当時とは違う意義を見出せるのではないだろうか?映画に介入し、自分が画面の向こうの事象に参加している感覚を、最大限引っ張り出せる。そんな気がしてならない。
 重ね重ね、是非是非本作をローカライズして欲しい。直感でしかないが、本作は日本語化しても面白いと思うのだ。
スポンサーサイト

トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。