a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E32015短観

2015/06/18 21:47 Category:業界
TB(0) | CM(-)

つてゲームはゲーム機のものだった。否、ゲーム機のものである時代があった。
 PDP-1でスペースウォーが作られてから、コンピュータでゲームを作る試みは多くなされてきた。
 PONGが生まれた頃、ゲームはタイトルごとに作られた機械に乗せられ、故障するほどコインが放り込まれた。
 やがてPCが生まれ、ゲームは大衆のもとに降り立つ。そしてゲームをする機能のみに特化したPCが作られ、ゲームはゲーム機という力を獲得した。
 アタリの勃興とファミコンの牙城に築き上げられた世界。綺羅星の如く現れたハードたちと、覇権を取れなかったものたちと、時にその覇権の趨勢を決したゲームがあった。
 やがてゲーム機は、CPUから独自のものを作るようになり、PCとの差異は広がっていった。
 時は流れ、PCはグラフィック処理の分割化により、専用機に迫る表現力を獲得していく。ゲーム機は高機能化の副作用のように、煩雑化を免れられず、一歩ずつ大衆から離れていった。
 そして当代のゲーム機は、CPUにPCのものと同じ技術を採用し、開発面でもPCのそれとほぼ同等となった。
 汎用PCも、高性能な機械を買うことは、決して不可能な値段ではなくなり、ゲームがゲーム機のみで動くメリットは、急激に薄らいでいった。
 ゲームが再びゲーム機のみのものではなくなった現代。それでもゲーム機が生き残る理由と、その道筋はあるのだろうか?
 今年のE3を俯瞰して感じたのはそこだった。

 プレイステーション2発売時。久夛良木健氏が「未来のプレイステーションはネットワーク側に構築されるようになるかも」と語っていた。正にクラウドゲーミングが実現し、機械さえ必要なくなりつつある今。次の覇権は流通が握るのではないだろうか。
 EA ORIGINやSTEAMに代表されるオンライン販売網は、ユーザーに新たなハードウェア購入という負担を強いないソフト流通体系として、急速に広まっていった。そして、オープンワールドの巨人ベセスダが参入しようとしている。
 日本でも、LINEやGungHoに代表されるオンラインサービスが、ゲームの選択肢と直結している。ハードではなく流通……否、サービスの選択が、すでにゲームの主流になりつつあるのではないだろうか。

 だからといって、専用機の魅力が今日明日で失われるわけでもない。それが証拠にSCEはProject Morpheusを以って、ゲーム機の長年の夢であるVRの主役に躍り出んとしているし、MSはHoloLensなる独立したハードウェアを開発し、ARを超えたMR(MixedReality)を世に送り出そうとしている。
 だがこの先。PlayStation5やXboxOne2が出るとして、それらがPCやスマートデバイス市場と渡り合える武器が持てるのか、全く想像できないでいる。

 久夛良木氏が予想したように、すでに何人かのクリエイター達には、何年後かのゲームが見えているのかもしれない。その頭の中を覗くハードウェアがほしくなるE3であった。
スポンサーサイト

トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。