a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xbox One プレミアムナイトに行ってきた

2014/06/21 21:53 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(-)

IMGP1656.jpg
6月20日。秋葉原で行われた『XboxOneプレミアムナイト』に行ってきた。
 21日からの二日間と、29日(大阪)で行われる『XboxOne大感謝祭』の前夜祭として行われた招待イベントだ。
 会場には、XboxOneのロンチとなる9月発売予定のタイトルから、17本が集められた。

IMGP1676.jpg
 会の冒頭、おなじみ泉水氏が挨拶。発売前のXboxOneへの、期待と応援への感謝という意味でイベントを企画。きょうは国内発売に携わったスタッフもいるので、要望も伝えて欲しいと勧めた。

 招待制のイベントという事もあって、試遊台はかなり余裕を持って遊ぶことが出来たよう。それでも整理券を配布した上のことだが、本邦初披露となるデッドライジング3や、日本語吹き替えのRYSEなど、プレミアムなタイトルも揃っている。

IMGP1658.jpg
 私はキネクトライバルズとRYSEをプレイした。キネクトは看板通りの精度向上ぶりで、指の細かい動作も拾っていた。
 RYSEはとにかくグラフィックの素晴らしさとゴア表現のレベルに感動した。国内では身体欠損は無理だろうとばかり思っていたが、ほぼ海外版基準だというから凄い。エロ表現が若干大人しくなったらしいのが無念である。

 思えば360発売以降、こうしたスタッフとゲストの距離が近いイベントは久しぶりな気がする。何度か書いたかもしれないが、マスへのアピールのためには一人一人に対する深さと時間は犠牲にされる。
 初代Xboxのイベントは、シークレットギグ的なものが多かった。それは参加者の満足度を高め、ファンである事の喜びを与えてくれ、そこから発信される情報の質を高めていた。
 当時はまだSNSなどという言葉もなかったため、それが拡散していくのが難しいこともあったが、今こういうスタイルのイベントが増えたらどうなるだろう?
 初代期に培ったソーシャルイベントのノウハウと、360時代のマスイベントのコネクションを掛け合わせた、One流のPRが生まれるかも知れない。
 あくまで私見であるが。
IMGP1663.jpg
スポンサーサイト

トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。