a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車狂走曲

2008/11/14 21:02 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

曜日午後4時過ぎ。新宿の自転車屋から入荷の電話が入る。
 逸る気持ちを抑えつつ終業を待ち、すっ飛んで自転車屋に向かう。

 ありましたありました。マットブラックの逆三角形フレーム。無骨でスタイリッシュな外装七段ギア。そしてさりげなくシルエットに納まった、リチウムイオンバッテリとモーターアシスト機構。
 うーん、やはり買い物の醍醐味は現地現物現金払いに尽きる(^ー^)
 別売りと思っていた泥よけとワイヤーロックも付属していた。あとは安全のためにサイドミラーが欲しいところ。ちょっと贅沢してメーターなんかも付けようか。
 とここでトラブル発生。昨今流行りのハンドルの先端に差し込むタイプのサイドミラーが、ハンドルの内径が小さいためつかないことがわかった。んー残念。
 細かい調整も終わり、ボーナスを当て込んでの二回払いで会計も済ませ、慣らし運転を兼ねてそこから駒込まで走って帰ることにした。

 まず率直な感想。漕ぎ出しの軽さは感動に値する。
 普通自転車を漕ぎ出すとき、一瞬ペダルにかかる負荷を脚が感じ取り、それを押し返す力で漕ぎ出す。
 しかしこの自転車は、こちらが押し返そうとしてかけた力と不釣り合いな勢いでペダルが回り出す。あっという間に初速を飛び越して、中速域での定速走行が可能なのだ。
 しかも(当たり前のことなのかも知れないが)脚の重さに少し力を加えるだけで、速度を維持して走り続けることができる。
 と、あまり調子に乗ってはいけない。数年ぶりのサイクリングである。しかも秋深まった夜のこと。安全運転を心掛けよう。
 やがて目の前に上り坂が見えた。このあたりの地理にはとんと疎いのだが、どうやら西早稲田という辺りらしい。
 電動自転車の本領が見られるという坂の登攀である。普段あまりこんな事を言わないのだが、今日はあえて言わせてもらう。
 見せてもらおうか!松下の電動自転車の性能とやらを!

 お、重い…!?
 太股の上側が瞬く間に悲鳴を上げた。まさか…この程度なのか!?
 と、しばらく走って気付いた。ギアを1速に入れて平地同様の漕ぎ方をしていれば、それなりに速度を保てるのだ。
 どうやら私は誤解をしていたようだ。電動自転車なら上り坂を下り坂のように走れるものだと。
 人間風情がニュートンの法則に逆らえようはずもなかったと反省。
 しかしながらそんな誤解を補って釣りがくるほど、漕ぎ出しと平地走行は軽やかだ。
 やがて駒込駅が見えてきた。時間はおよそ40分強。アップダウンの多さにしては疲労も少なく快適だ。10万円強という値段も決して不釣り合いではなかろう。
 普段はまずこんな事は言わないのだが、今日は言わせてもらう。

 ウラガン、このことをキシリア様に伝えてくれよ。これはいいものだ…!
hariya
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。