a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイタンフォールβをやってみた

2014/02/18 22:23 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(-)

TF_Fracture_Battle2.jpg
運なことに、TITANFALLのクローズドベータテスト参加権に当選した。そこで一足お先に体験した感想を記そうと思う。
 ちなみにプレーできたのはPC版で、Xbox用のコントローラを繋いでプレーした。また簡単なレビューは、昨年のTGSの記事にしているので、併せてご覧頂きたい。

 まず第一に言うべきことがある。FPSと聞くと、XboxファンならばHALOやコールオブデューティーのようなものを連想するかも知れないが、このゲームは若干趣が違う。なのでそういったモノを期待してプレーすると、妙な違和感を覚えるだろう。
 それはやはり、プレイヤーキャラの挙動と兵装が、かなり特異なことに起因するように思う。動きだけとっても、本作のキャラは壁走りや二段ジャンプといった、正統派FPSにはないアクションができる。
 つまり、建造物の上に上ることが容易になり、縦の戦いが格段に要求されるのだ。
 またダッシュが無制限にできたり、アビリティが最初から装備されていたりと、エイム&シュートに特化した平面のFPSではない。
 あえて言うなら、FPSにアクションを加えた、FPASと言ったほうがしっくり来るだろうか。

 そして本作最大の特徴とも言える、大型ロボット『タイタン』での戦闘。
 タイタンは最初から乗れる物ではない。開戦後しばらく経たないと使用できない。待ち時間は、敵を倒すことで速めることができる。
 タイタンの使用準備ができたら、自分の目視範囲の任意の場所にタイタンを投下させる。3秒ほどでタイタンが投下されるので、これに乗り込んで戦うことになる。原則として、他人が呼んだタイタンには乗れない。
 タイタンに乗った瞬間、視界がグンと広がり、挙動が一気に重くなり、火力が数倍に跳ね上がる。先ほどとはまた違った手応えを感じるだろう。

 他に特色として挙げられるのが、彼我両軍にbot(CPUキャラ)が多く配されることだろう。これは妙案だと膝を叩いた。
 タイタンという大型ロボットを主役に据えようとすれば、マップの面積は自ずと広く取らざるを得ない。そうするとタイタンに乗っていないときの移動距離が増えたり、人口密度が薄くなかなか敵に会わないなど、妙な「間」を生んでしまうことになる。
 そこで両軍に適度なbotを散らせば、密度的な問題は解決し、間を生むことはなくなる。またその分味方にとっては、タイタンを呼び出すチャンスが増えるのだ。
 無論botとPC(プレイヤーキャラ)は公平ではない。botは比較的簡単に倒せるが、PCはやや装甲が堅く設定されている。結構ドジを踏むことも多く、スコア面でも差別化がされているので、戦力というより演出として期待すべき要素だ。

 他にも面白い要素としては、スマートピストルなる武装の存在だろう。およそ視界に入った標的を、自動追尾弾で撃てるという、FPSにとってはかなりチートチックな武器である。
が、無論万能ではない。先述したとおりbotとPCは均一ではない。この武器はbotこそ1ロックオンの一撃で倒せるが、PCに対しては3ロックオンが必要になる。つまり時間がかかるのだ。
 無論マニュアルで撃つこともできる。つまりは対PCについては穴も多い武器なのだ。
 だがこの武装一つあるだけで、botが演出であるということが裏付けられていると思う。実際使ってみるとわかるのだが、botをちゃっちゃと倒せるのだ。エイミングがしんどくなってきたおじさんには、実にありがたい。

 ひとまず主だった点はこのくらいである。書きすぎると本発売されたとき書く事がなくなってしまうので(失言)、あとは製品版を待つとしよう。
 繰り返しになるが、このゲームはFPASという新しいゲームになると思うのだ。
スポンサーサイト

トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。