a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感・Assassin's Creed IV Black Flag

2013/12/21 21:14 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(-)

AC4BF_SP_Screens_05.jpg
はこのシリーズを、コントラストというキーワードで語ってきた。恐らくは大多数のゲームに当てはまることかも知れないが、このタイトルにはとくにしっくるくる気がするのだ。
 本作の最たるコントラストは何か?と聞かれれば、私はずばり『海と丘』と答えるだろう。
 UBIソフトの看板タイトル「アサシンクリード」の最新ナンバリングタイトルである。と言えば、古き町並みを駆け抜け人混みに紛れ敵を倒すステルスアクションを思い描くところだろう。
 だが今度の舞台は、打って変わって大海原である。

 富と名声と死に満たされた海、カリブ海。
 夢と欲に囚われた男達が、毎日のようにこの海に飛び出し、ある者は名を上げ、またある者は沈んで行った。
 エドワード・ケンウェイ。彼もまた乗っていた私掠船と共に「沈む男」の一人になるはずだった。だが幸運にも浜に打ち上げられ、一命を取り留める。
 が、その場所で出会った奇妙な男と、彼が持っていた一通の手紙が、エドワードの未来を大きく揺るがすことになる。
 この海のどこかに、千金も霞む宝が眠っている……。

 特徴を一言で言えば、前作『アサシンクリード3』に組み込まれ、好評を博した海戦の要素が、一層厚くなっている。数種の武装を使い分け、敵船を叩きのめし、金や資源を奪い、自身の船や港町を発展させていく。
 海戦はかなり忙しない操作が要求される。使用する武装はカメラアングルにより自動で決定するため、常に視点操作をしなければならない。また敵船との位置関係が勝敗を大きく左右するので、操舵も怠ってはならない。
 敵船にダメージを与えていくと、損傷→航行不能→沈没という段階で弱まっていく。航行不能の段階に来たら敵船に乗り込み、白兵戦を挑む。勝てばその船の積荷が手に入る。
 もちろんすべての船に乗り込まなければならないというわけでもない。沈没させても(拿捕に比べて半分ほどに減ってしまうが)積荷は手に入る。
 海に転がる資源は船だけではない。シャチやクジラなどの大型生物を捕獲したり、沈没船から積荷を引き上げることも出来る。

 ここまで読んで……あるいは本作の主題が海賊と聞いて不安になられた方もいるだろう。潜み隠れることを主とするアサシンクリードとは別物になっているのでは?と。
 ご安心を。そこは天下のUBI、そつなくしっかり作りこんでいる。
 主なストーリーミッションは、ハバナやポートロイヤルといった町で進行する。ここでのミッションは、シリーズではお馴染みの尾行、盗聴、そして暗殺といったもの。海での行動は、資金稼ぎと移動手段と捉えるといいだろう。
 だが、ゲーム全体の流れにおける海でのミッションが、プレイヤーを飽きさせないアクセントになり、また人によっては、それをメインにしてもいいほどの魅力を持っている。
 風に乗り波を切り、仲間達の歌う舟歌をBGMに海原を漂う。時に船を襲って資源を奪い、時に宝の地図を片手に財宝を求め、奪った船で交易をして稼ぐこともできる。海戦ゲームと言ってもいいくらいの完成度である。

 システム面での改良も多い。武器の変更がクロスバーのようなスタイルになり、誤操作が減った。また鷹の目で浮かび上がらせた敵やターゲットが、解除後もマークされ、障害物を透かして確認できるようになっている。
 しかし一番嬉しいのが、移動時間なしの移動、いわゆるファストトラベルが採用されたことだろう。
 今までは、特定の箇所でしか行き来できなかったが、本作はほとんどの都市とビューポイントで、ファストトラベルが可能になっている。

 本作も史実にからめた、絶妙なストーリーテリングが展開する。ティーチ、ボニー、キッドをはじめとする海賊たちが、エドワードと歴史を紡いでいく。
 また人によっては本編同様に楽しみかもしれない、現代のパートも充実。今回は終始主人公の視点で進行し、何者かの指示に従って……と、あまり書いては楽しみを奪うのでこのくらいで。
 エドワードが出会った男は何者か。テンプル騎士、アブスターゴ社が執拗に求める「観測所」とは何か。世界の危機を救ったあの青年はどうなったのか。なぜ「あなた」はアニムスに繋がることになったのか。そもそも、本作の「あなた」は何者なのか……。

 秩序と画一を求めるテンプル騎士団と、自由と個性を是とするアサシン。海と大地を駆ける疾走と、切り立つ障害を登攀する進攻。砲弾を叩き込み合う海戦と、静かに相手を眠らせる暗殺。プレイヤーを飽きさせないコントラストに満ち溢れた、当代最高のアサシンアクション。
 この海を、あなたの名で満たすがいい。
スポンサーサイト

トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。