a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TGS2013に行ってきた・その他編

2013/09/21 17:40 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(0)

てここでは、TGSで撮り溜めた写真を見ながら色々語っていこう。

IMGP0731.jpg
 二年ぶりに帰ってきた日本マイクロソフト。ブースの位置も規模も例年のものとなった。
 ステージイベントのみせ方が特徴的だった。いわゆる一段高いフロアを設けるのではなく、ブースの一角にアクリルで囲われた部屋をつくりそこにゲストを招き、その映像をブース外の大画面で公開するというものだ。
 妙策とでも言おうか、人の流れを誘いつつアットホームな雰囲気で発表することが出来、正にXboxOneが目指す、ホームエンターテイメントの主役という位置付けを具象化するようなレイアウトだった。

IMGP0811.jpg
 屋外通路を挟んで隣に位置するのがSCE。新ハードの発表とサードパーティーを多く取り込んだせいか、例年より若干広いブースになっている。
 行列対策も万全で、整理券を配布した上で裏側の通路に並ばせている。
 こちらのステージイベントも特殊で、来場者が試遊している上に鉄骨トラスでステージを組んでいる。
 MS、SCE両者とも、いわゆる客席を設けないスタイルは一緒であるが、フロアに微妙な差異が生まれたのが面白い。
 加えて面白かったのが、VitaTVの試遊台だ。丸い柱を囲むようにソファが内向きにセットされ、モニタに向かって座って体験できるのだ。カジュアルさ、馴染みやすさをうまく演出している好配置だなあと感じ入った。

IMGP0728.jpg
 SCEの向かいに位置するバンダイナムコゲームズ。キャラクターゲームの老舗らしく、シンプルなレイアウトながら実に実に賑やかしいブースだった。
 こちらは定番型の客席つきステージと、その裏手に大画面ディスプレイを備えた構成。
 面白いのが、ディズニーマジックキャッスル・マイハッピーライフの試遊台が、一段高い位置になっていること。が、プレイヤーが列に背を向ける形になっているのが些か残念。横向きにして表情が皆に見えるようになっていたら、参加者の印象も違ったと思うのだが。

IMGP0822.jpg
 インパクトの強かったブースも紹介しよう。自作派PCユーザーにはおなじみのAMD。圧巻の5画面同時出力。二画面がデュアルなら五画面はなんて言うんだろうって関係ないこと考えちゃいました。

IMGP0781.jpg
 TVでも紹介された、寝転がりながらタブレットが遊べる座椅子。座って使うとアームが丁度いい肘掛になる。
 加えてタブレットがぐるぐる回せるので、ハンドル操作を行うゲームがやりやすいというメリットもある。これが作ってみてから気づいたというのが面白い。

IMGP0823.jpg
 そして今回個人的に注目したいのがコレ。
 3Dスキャンした自分の顔の動きに合わせ、リアルタイムでフェイシャルアニメーションが生成されるシステム。
 準備段階の顔のスキャンはわずか30秒ほど。それだけでかなり精緻なフェイシャルアニメーションができてしまう。
IMGP0825.jpg
 なんと眼球の動きも合わせてくれるのだ。
 今は開発社向けのライセンス販売のみらしいが、この仕組みを是非家庭用に落とし込んで欲しい。アバターがプレイヤーにあわせて喋ったり笑ったりしたら絶対面白いと思うのだ。

 といったところで今年のゲームショウレポートはここまで。最後はお約束のコンパニオン特集を見ながらお別れです。
IMGP0806.jpgIMGP0809.jpgIMGP0819.jpg
IMGP0774.jpgIMGP0828.jpgIMGP0832.jpg
IMGP0764.jpgIMGP0759.jpgIMGP0788.jpg
IMGP0756.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。