a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もういくつねると

2013/07/23 21:37 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

えてみたら、このブログの記事ももうすぐ300本目になる。加えてこのブログも、間もなく開設五周年を迎えられそうだ。
 三日坊主の国際A級ライセンスを持つ私が、こうして長く続けてこられたのは、こうして好きなことについて文を書くことが好きだという事なのだろう。
 節目を迎えるにあたり、このブログと私の文章のレシピについて、聞かれてもいないが一度語っておきたいと思う。いつにも増して説教臭い文になるので、ご興味の無い方はさらっと流して頂きたい。

 そもそも私の文章の下敷きにあるのは、以前も語った読売新聞朝刊一面コラムの現執筆者、竹内政明氏のそれである。
 新聞のコラムを読んだことがないという方は、一度読んでみて頂きたい。びっしりと書かれた一面のわずかなスペースに、ひっそりと記された短文。しかしてその中身は濃厚で、語りたいことを過不足無く語りきっている。名文とは正に是だ。
 私は新書版で刊行されている全集を集めていた(引越しで散逸してしまったのが惜しい)。そして一冊読んで、すぐさまその手法に合点がいった。
 この手法に私は心底陶酔してしまった。そしてこれをそのままゲームの解説に使えないだろうかと考え、あれこれ実践する場としてこのブログを作った。
 私の文章が小難しくなった遠因はここにある。

 もうひとつ、私が心がけている(心がけるようになった)ことがある。
 日本テレビの旅番組「遠くへ行きたい」には、開始当時から拘ってきたことがあるという。それは「情報を少なくする」ということだ。
 旅番組でふらりとどこかの店に立ち寄れば、やれ営業時間だの電話番号だのが画面狭しと表示されることがあるが、この番組ではそれがない。店名のみが画面に表示される。
 意地悪をしているわけではない。その店や旅先について調べる「楽しみ」を提供しているのだ。
 情報過多の現代。メディアにはこちらの求めに関わらず情報が流れてくる時代になったが、本当にそれでいいのだろうかと、古い人間である私は常々思っていた。
 そんな時に出合ったこの番組の手法と、アインシュタインが語った「頭は空っぽのほうがいい。知識がほしければ図書館がある」という言葉に感銘を受け、途中からブログの制作方針を変えた。文中のリンクを極力排し、読者に自ら調べ動くことを要求したのである。
 これがどのように影響したかは、読者諸氏の感想に委ねるとする。

 そんなこんなで、気付けば五年もこんな事を続けてきた。正直に申し上げて、PV数は寂しいものだ。
 しかしたまに聞こえる感想を見るに、確実に読んで下さる方がいることは伝わっている。それも斜め読みではなく、しかと読み込んでくれているのもわかる。これが私にとってどれだけ励みになるか、創作を経験した方ならお分かり頂けよう。
 もっとたくさんの人に読んで欲しいという欲はある。だが多くの耳目を安易に集める刺激的な文は、得てして闇雲に刺激的な素材を取り上げているか、加工の段階で素材の味を殺しているかのどちらかだと思っている。
 書きたいこと、思ったことを滔々と書いていこうと思う。それで過去の記事や言葉と乖離矛盾が生まれたとしても、その責任も背負うつもりだ。

 新ハードの発売も近い。新しいゲームが生まれる分だけ、私が書きたくなることも増えていくだろう。
 三日坊主ゆえ、いつかぱったりやめるかも知れないが、その時までお付き合いくだされば幸いである。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。