a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームルーム1周年イベントに行ってきた

2013/06/05 21:08 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(0)

GR1
きこそものの上手なれ。
 たまにこの言葉の意味を勘違いしている人を見受ける。好きな物事こそ上手でいたほうがいい。というのは誤りで、好きである事こそ、物事(修練)のいちばんの上手であるということだ。
 上手下手は、囲碁や将棋の良い一手悪い一手のことである。

 ひしひしとこの言葉の意味を感じる時がある。ことこういった人々と交わっていれば尚更だ。
 ゲームライター田下広夢氏が主宰する定期オフ会『ゲームルーム』が、現在の代々木に場所を移して一周年を迎え、記念イベントが催された。
ゲームルームについてはこちら
 といっても、いつものゲームルームと変わりなく、ゲームを持ち寄って好きに遊ぶ会なのだが、今回は参加者が自前で集められるだけハードを集めてしまおうという、ゲームの闇鍋のような企画が行われた。
 殊更打ち合わせのようなものはなく、とにかく持ってこられそうなハードを持ってくるというざっくばらんな企画であったため、集まったハードはうんざりするほど多岐に渡った。
 オーソドックスな3DSやゲームボーイmicroはもちろん、クラブニンテンドー限定モデルやソフトとのコラボモデル。大きいものはPSXやPC-FX(両方とも一人の方が持ってきましたw)。レアなものでは、ブロック崩しにP/ECEまで(知ってますコレ!?)、会場は博物館のような様相となった。
 私が持参した、世界で最初に売れたPSvitaも、参加者の食いつきが良かった。
 うちいくつかのハードで遊ぶことが出来たが、多くの参加者はいつも通りに、テーブルゲームやWiiUで遊んでいた。あくまで集めることが主題であったため、そこはこだわらない。ブロック崩しの端子が合わず遊べなかったことが悔やまれる。

 こうした企画があっさり進んでしまうことも、実は凄いことではなかろうかと思う。例えばあなたの家にある全てのゲームハードを、電車で持ってきてくれといわれたら、あなたはそれをやるだろうか?
 ゲームが好きな人ほど、恐らく所有するハードは多くなり、実行が難しいだろう。だがそれでもできるという人がいるとすれば、その原動力は何か?何て事はない、ゲームが好きか否かということだけだ。

 ゲームが好きなら、ただ珍しいハードをそこへ持って行き、好きな人同士で並べて眺めるという、傍から見れば一種奇異な会も成立させられる。好きに勝るものはない。
 この会はゲームが好きな人々に支えられ、一年も続いてきた。
 すべてはただゲームを遊ぶため。集まった人が楽しく遊べるようにするため。それだけのためにゲームルームは存在し、成長しているのだ。
 何せ二次会の際に「二次会の間はゲームで遊んじゃ駄目」なんてルールを設けないといけないくらいのゲーム好きが集まっている。改めて書くといい大人が何やってんだと突っ込みたくなるが、それくらい好きなのだ。

 興味を持たれた方は、ぜひ一度足を運んで欲しい。ゲームなんてDSくらいしか持ってないしとか、そんな上手くないしなどと言って二の足を踏んでいるあなた。杞憂である。
 こんな会の敷居が高いわけがない。参加者は皆ゲームが好きで、一緒に遊ぶ人は一人でも多いほうがいいと、常々待っているのだから。
 上手でなくても、好きにはなれる筈だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。