a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックスミスやってみた・5

2012/10/23 09:00 Category:ロックスミス体験記
TB(0) | CM(0)

ックスミス生活7日目。
 ギターの修理を急いだのには、もう一つわけがあった。以前このブログでも紹介した、毎週金曜の夜に代々木の漫画喫茶で開催されている『ゲームルーム』というイベントに、ロックスミスをもって行きたかったのだ。
 イベントと言っても、式次第があるわけではない。集まった人が持ち寄ったゲームで好きに遊ぶという、大きなお友達の子供部屋のような風情である。
 そこにギターを抱えて登場し、是非一人でも多くの人に触ってみて欲しいと思ったのだ。

 会場に着くと、どうやら一番乗りであったようで、主催の田下広夢氏と店員さんしかいない。挨拶もそこそこに早速ギターのセッティングを始める。
 さしもの田下氏も、まさか私がこのためだけに人生初のギター購入に踏み切ったとは思っていなかったらしく、散々奇特な目で見られた(いやまあ認めますけどねw)
 しかしゲームが始まってしまえばこちらのもの。早速サティスファクションを弾き、
「え?これゲームの音じゃなくてATUSIさんが出してる音!?」
 なんて間抜けな事を聞いてしまうような本物の初心者の音で驚かせてやったのだw
 そんなことをしてるうちに参加者が集まってきた。やはり本物のギターを使うというのが相当食いつき方に影響している。そんな中、
「やらせてもらっていいですか?」
 と、おずおず手を上げる青年が一人。喜んでギターを貸すと、なんでもいいからコードアレンジでかけてみてという。
 ではサティスファクションをコードアレンジでやってみぃとかけるや、じゃかじゃか見事に弾きなさる。経験者キター!にしても初プレイなのに馴染むの早いなぁ。
 次いでやってきたのはこのお店の店員さん。店員も頭数に入れて遊んじゃうのがこのイベントの面白さである(さぼってるんじゃないからね?w)
 なんでもギター暦15年ブランク5年という。では御手並み拝見…と思ったら、何やら手元がぎこちない。どうやらギター教本のスタンダードである『TAB譜』と違うノートの出方に戸惑ったらしい。そうか経験者は却ってここで躓くのだなと思った(オプションで変更できるらしいです)
 が、そこは昔取った杵柄。あっという間に慣れてこれまた見事にシングルノートを弾きこなす。5桁のスクワイアがこんな音を出せる楽器だとは知らなかった。
 店員氏はよほどお気に召したのか、その後何曲も弾いておられた(さぼってるんじゃないんだってば!w)
 自分のギターを弾きこなされてなんかくやしいので、オプションでいきなりトップレベルにしてやらせてみる。5年のブランクにヒィヒィ苦戦するかと思ったら、昔打った篠塚恐るべし、あふれ返るノートをバカスカ打ち返して見せた。御見逸れしましたorz
 私はこれ幸いと思い、単純に音を出すだけのアンプモードに切り替えて、店員氏からレクチャーを受けた。基本的な構えから、サティスファクションのイントロと連弾のやり方を丁寧に教わった。そうか、弾かない弦をミュートすれば連弾しやすいのか!
 ホストの田下氏もプレイ。いやぁホッとするほど初心者チックな演奏w。とはいえ、初心者でも最初はなかなかこの譜面は読みづらいらしい。あっさり慣れた自分はなにが違ったんだろうと疑問に思った。
 この日は経験者がもう一人いた。とはいってもベースの経験者らしい。このゲームはベース用のモードもあり、ギターでベースのエミュレートも出来るので、早速切り替えてプレイさせてみた。
 弦の本数が違い、間隔も狭いので四苦八苦していたが、何とか格好は付くもんで、結果は大満足らしい。
 やはり大人数で遊ぶと、どんなゲームも質が様変わりするのだと実感する。しかも皆実に楽しそうに弾いている。
「買いますコレ」
 と言ってくれた人もいたので、大満足である。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。