a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックスミスやってみた・4

2012/10/22 09:56 Category:ロックスミス体験記
TB(0) | CM(0)

ックスミス生活6日目。
 壊れて出ない音だらけのギターを背負って、夜の渋谷に到着。こんな時間にここを訪れるのは、PSvitaを買いに並んで以来だなぁなんて思いつつ、イシバシ楽器渋谷店を再訪した。
 店員氏に事情を話すと、まずアンプに繋いで様子見。そういえばこのギターをアンプに繋ぐのは初めてだなぁ、などと妙に感動した。
 ぶうううううううううううううううううううううううううううう
 あぁ本物のアンプは音が違うなあやっぱり…ってそこ感心するとこじゃねぇよ!
 ボケてる場合ではない、相変わらずギターは音がしない。
 早速修理にかかってくれるとの事。私は店内の椅子に座って待つことに。

 改めて店内にみっちり詰め込まれたギターを眺める。私でも知ってるギブソン、エピフォンをはじめ、スクワイアの親分フェンダージャパンもある。ううん、ゼロが一個多いよ父さん…。
 しかし改めて考えると、6桁円する商品をドンキホーテの衣料品コーナーのように剥き身でぶら下げて売ってる商売というのも、なんかすげーなぁと感じた。
 そんな中、ワインセラーのようなショーケースに入れられたギターを見つけた。蛍光灯と湿度計が付いた、そのケースだけで私のギターが何本か買えそうなケースに入った黒いギター。値札には『ASK』の文字が。
 後で聞いたところによると、それはジョージ・ハリスンが使っていたものと全くの同モデルに、全く同じパーツと傷(!)をつけたレプリで、値段の目安は余裕の7桁だそう。
 ギター界のランボルギーニに出会って眼福であった。興味がある方はどうぞ。

 そんなことをしてる間に、安心の5桁で買った我が相棒が帰ってきた。アンプに繋いで鳴らしてみると、ぺぇんぺぇんと小気味良い音がする。
 なんだ、ゲームと同じ音ではないか。と、安っぽい私の耳は本物のアンプとの違いを感じなかった。
 保障期間内という事で無償修理にしてくれた。アフターサービスも早くて安心である。
 ギターを担いで店を出ようとしたとき、店に設置されていたロックスミス体験コーナーで演奏している学生らしき二人組を見かけた。
 パームミュートの記号がわからず苦戦していたようだが、すこぶる上手い。
「すげーこれ何でちゃんと弾けたかどうかわかんの!?」
 と、初めての経験に感動しているようだった。
 初心者には低い敷居を、中級者には新たな楽しみを、このソフトは提供しているのだろう。早く一曲くらいまともに弾けるようになりたいなあと思いつつ、再び降り出した雨の中濡れながら家路を急ぐのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。