a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課金の試金石

2012/09/08 15:05 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

hw
まりこういう記事は書かないほうなのだが、今回は言わせて欲しい。いろんな意味でこのタイトルが、実に楽しみなのだ。

・『大乱闘スマッシュブラザーズX』などの開発にも携わったToylogic社が、初のオリジナルタイトルをXBLA専用でリリースする。その名も『HappyWars』

・オンライン対戦を主軸に設計された、パーティーアクションともいうべき一本。
 肉弾戦の戦士、回復と工作の僧侶、遠隔攻撃の魔法使いという三職種を使い分け、最大15対15のアクション対戦を繰り広げる。

・基本ルールは、制限時間内に敵本陣にあるビッグタワーを破壊すること。タイムアップになった場合、ミニタワーを多く建てていたチームの勝ち。
 ゲームモードはこれのみで、戦略の差異はマップと人数で生まれるようだ。

・オンライン対戦を前提に設計されているので、配信はゴールド会員に限られるが、ゲーム本体はなんと無料で提供される。
 アイテムが有料で購入できるのだが、これはあくまで補助的なシステム。有料アイテムも時間をかけてプレーすれば、無料で手に入ることもある。

・装備アイテムは、本格的なものからセンスを疑うようなギャグアイテムまで(賛辞)多数存在し、またゲーム中に放たれる台詞や挙動もコミカルすぎて笑ってしまう。

 さて、私が本作において楽しみにしている点を、以上五点列挙した。
 二番目と三番目は、過去いくつか存在したパーティープレイ型のアクションゲームを経験された方なら、きっとわかってもらえるだろう。自分の立場と役割を明確にし、チームと自分のために成すべき事を成すという、オンラインの醍醐味がある。
 一番目の項目で楽しみに感じた人は、結構な通だ。人気シリーズを支えた同社が、XBLAで新作を見せてくれるというのだから、期待値は高く持ってよかろう。

 しかし私が一番興味を持ったのは、四番目のことだ。基本無料のアイテム課金制度というスタイルは、恐らくXBLA初の試みではないだろうか?
 こと据え置き機におけるアイテム課金については、よいイメージを持たない人もいるようだ。私の意見は過去記事に譲るが、この試みが成功するかしないかが実に楽しみだ。
 Toylogic社の岳社長がtwitterで語ったコメントを借りれば、課金アイテムはあくまでレベル上げの時間を短縮する目的であり、マッチングなどの調整も行い、上級者が初心者を叩くゲームにはしないという。
 初心者に対する不公平性を打破しつつ、熟練者に対する褒章を忘れない。一見背反する目的を上手に併せ持たせることは、オンライン対戦ゲームにとっては永遠の命題だろう。
 その一つの答えとして、アイテム課金は生まれた。決済が簡単なXboxLIVEで、このスタイルは歓迎されるのか。今後のXBLAのプレイスタイルにも関わる、ターニングポイントになるかもしれないと思うのだ。

 ともあれ、ゲームとして魅力がなければすべては成立しない。海外で始まったベータテストは概ね好評のようだし、期待して待ってよいと思う。
 五番目の点に関しては、プレイヤー各自で判定願うとする。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。