a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくマスターチーフです!

2012/09/03 19:16 Category:業界
TB(0) | CM(2)

山のぶ代がはじめてドラえもんのアフレコに参加した際、原作者である藤子・F・不二雄がスタジオを訪れた。
 原作者の前での演技とあって、大山はダメ出しをされはしないかと、恐々としながらアフレコをした。
 しばらくして、藤子は一言真顔で呟いた。
「ドラえもんって、こういう声してるんですねぇ」
 大山はその言葉に、甚く感動したそうである。

 Xboxの旗艦タイトルHALOの最新作、HALO4の発売が迫る中、先日行われたXbox大感謝祭のステージで、日本語版吹き替えキャストの変更が発表された。
 十年目にして迎える新たな三部作で、マスターチーフとコルタナを演じるのは、小山力也と藤村歩。両氏とも一線で活躍する実力者。銀河系最強の名コンビをどう演じてくれるのか、実に楽しみである。

 と、諸手を上げて喜ぼうとした時、少し悲しい話を耳にした。このキャスティング変更に対し、一部のファンが撤回を求めて署名運動を行っているという。
 確かに三作十年に渡り主役を張り、数々の思い出と共に記憶される声だった。それ故突然の変更に戸惑い、素直に受け入れられない人が少なからずいることは、当然といえば当然である。
 私自身、寂しい思いをしていないわけではない。できることなら従来のキャストでと、願いたい気持ちはある。
 だがそれに対し、ユーザーが口出ししすぎるというのは、どうだろうかと思うのだ。

 ネットやソーシャルメディアの発達に伴い、ユーザーとクリエーターの垣根は低くなっている。作り手は情報や意見を発信しやすくなり、ユーザーはフィードバックを返しやすくなった。
 だがユーザーは、決して作ることそのものに関わってはならない。なぜならユーザーは、完成したものに対する責任を負う立場にはないからである。
 クリエーターは作ることが仕事だ。自身の思想思考を具現化し、一人でも多くの人のために一本の作品を生み出し、それを売って糧を得る。翻せば、売れなかった時の責任を負うのもまた、彼ら自身なのだ。
 またゲームは、飲食店のようにユーザーの注文に個別対応できるものではない。表現者たる人々の「作品」を、我々は買っているのだ。
 著名な画家が「次は風景画を描きます」と言ったのを買い手が聞いて「人物画にしてくれ」と言われ、はいそうですかと人物画を描いたとして、我々は両者のその行いを素直に歓迎できるだろうか?
 今回の件に口出しをするなとは言わない。だが行動や発言に移す前に、ユーザーとして越えるべきではない線と、最低限の礼節をきちんと確認して欲しい。高まりすぎ暴走した意見は、双方を傷付ける諸刃になりかねないのだ。

 奇しくも今日はドラえもんの誕生日。アニメのドラえもんが生まれた日、藤子氏は大山氏らをアニメのプロとして見て、その仕事をただ眺めていたにすぎない。そしてもたらされた結果を受け取り、これがドラえもんの声なのだと納得したのだ。
 そのドラえもんも声が変わって久しいが、今やあの声もすっかり馴染んで聞こえはしないだろうか?
 新しいHALOを表現するために必要なキャスティングだというなら、むしろ歓迎しようではないか。プロが作り、プロが演じるその作品を。
 新しいチーフとコルタナって、どんな声してるんでしょうねぇ?
スポンサーサイト

バランス
興味深い記事でしたので読ませていただきました。

私自身も小山さんは好きな声優でもありますので、
決まった以上は楽しみな側面も大きくあります。
幸い24を見ていないのでよく言われる「バウアーにしか聞こえない!」という症状は回避できそうです(笑)

しかしながら、
記事の内容でクリエイターはアーティストなのか?
それともエンターテイナーなのか?という疑問が浮かびました。
今回の問題はクリエイターがアーティストという側面に寄りすぎたのではないか?と感じています。

ドラえもんの例を出されておりますが、ドラえもんの場合はキャストの皆様が高齢だった事もあり、
それならばと大きく変換期を迎えたものだったように記憶をしております。
それが結果その先の10年、20年の為になるという判断からだったのだろうと考えております。

HALOにももしかしたらそれがあるのかもしれません。
しかし元々演じられていた方は特に高齢でもなければ、
もちろんその方もプロフェッショナルです。
更に原典(英語版)ではチーフとコルタナは非常に個性的なキャラクター、
声を変更する事は無い。と言及しているのです。
そこに必然が無いと中々納得し難い事も確か。

今回の変更は製品では素晴らしいものになっているでしょう。
アーティストでありエンターテイナーであるクリエイターは結果的にファンの為に物を作っているのは間違いない。
非常に楽しみです。発売日に買うのは間違いない。
こだわりのある日本版には愛着が出る人も居るでしょう。

しかしエンターテイナーとして作られたファンの為のソフトなのか?
アーティストとして拘ったセンス溢れるソフトなのか?
人間が作るなので自分のセンスの出し方はそれぞれだと思います。
今回はその出し方の「見せ方」が非常にバランス悪く露呈してしまったのかなと感じています。
その後の対応…(まったくファンの抗議を無視し続ける状態)が問題を増長している感はありますが。

ユーザーとしての垣根と、クリエイターがそのタイトルの歴史を尊重する線、
前途のエンタテイメントとアーティスティックなバランス、多くのバランスが悪くラインを超えているのが今回の問題に感じています。

最終的にそのシリーズを好きで買うのはユーザーです。
変わってうれしい!素晴らしい!という声が戻してほしい!という声を上回っていれば、
見せ方として正解だったのでしょうが・・・

判断材料があれば購入を見送る人も居れば、
逆にほしい!と感じる人も現れると思います。
メーカーとしてそこまでこだわりがあるものであればもっと情報を出して、
期待に答えてほしいですね。
[ 2012/09/12 04:44 ] [ 編集 ]
Re: バランス
 ご返信ありがとうございます。

 確かにMSから抗議に対するコメントがないのも気になりますが、これは致し方ないと思います。
 恐らくMS内にも変更に対する否定的意見はあったと思います。なければおかしい。
 それを超える理由があったからこそ、今回の決定はなされたわけですが、これを十全に説明することは、同時にネタバレを含む恐れも多分にあると思うのです。
 箱物商品の泣き所でもある前評判を著しく揺さぶるであろう事も、彼らは知っているでしょう。
 それでも今回の決定を下した理由というものに、私はすこぶる興味があります。

 ゲームの場合、アーティストとしての仕事は製作中にしか見せられません。エンターテイナーとしての評価は発売後にしかわかりません。そして今はビジネスマンとしての戦略も、彼らは頭をひねって考えているでしょう。
[ 2012/09/15 07:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。