a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xbox 360『大』感謝祭 2012 夏・に行ってきた

2012/08/25 21:59 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(0)

大
8月25日。残暑どころか夏本番といった陽気の秋葉原で、『Xbox360大感謝祭』が開催された。
 ここでの開催も今回で四回目。今年はドイツGamescomや東京ゲームショウでの出展がないマイクロソフトとしては、夏以降のタイトルをユーザーへアピールする最大の機会である。
 今回は金曜と土曜というやや変則的な開催日となったが、会場は子供からマスターチーフまで(いや本当にいたんですって!)多くの人で賑わった。
 その中から今回は3タイトルをプレイしてきたので、短いながらも感想をご披露したい。

・DiRT Sowdown
 F1シリーズやオペレーション:フラッシュポイントなど、通好みのタイトルを仕掛けるコードマスターズが放つ、人気オフロードレーシング最新作。
 私がプレイしたのは、四角いリング内でぶつかり合う肉弾戦「ランペイジ」
 とにかく頭を空っぽにしてぶつかり合うゲーム性は、レースというよりパーティーゲームといった趣き。
 だが効率よく敵にぶつかるには小技を駆使する必要があったり、マシンの性能差が結構タイトであったりなど、ただのドカチャカゲームで完結していない。
 無論通常のレースモードや、テクニックを競うモードも用意されているらしい。
 マルチプレイヤーで盛り上がれそうなタイトルである。

・Gears of War: Judgment
 言わずもがなの巨編TPS。今回は拠点防衛方式のマルチプレイ対戦(モード名は失念)が遊べた。
 汚れを主体にしたグラフィックは、前作同様最高水準。オフェンス側がポイントを溜めて、強い兵科を選択できるようになるスタイルも、鉄板だが面白い。
 極端な変更点はないようだが、スナイパーが妙に強い気がしたのは、三回連続でヘッドショットを喰らったからだろうか?

・HALO4
 Xboxの旗艦である。
 今回遊べたのは、キャンペーンの4人Co-op。新武器は使えなかったが、新たな敵が確認できた。
 ライフルは弾の散らばりが抑えられた気もする。画面に近かったせいかHUDの情報を見誤ったりもしたが、概ね良好な出来。
 悪く言えば代わり映えなく、良く言えば完成された進化形。ファンにとっては新しい物語が見られるというだけでも期待は高かろう。
 初プレイでスッと馴染めたのものも、HALOのなせる業だろうか。

 今回のイベントは、その内容もさることながら、大型イベントへ参加をしないで独自に行った点で意義深いと思う。
 以前も書いたが、郊外の大型施設での大鑑巨砲型のイベントより、消費地域に近い場所での中規模イベントの意義が大きくなっていくと思う。PRもマスからソーシャルの時代になるのではないだろうか?
 この後は大阪での開催が控えている。出展タイトルやステージイベントに差異があるようで、関西のファンから嘆息も聞こえるが、翻せば、感謝祭自体が地方初の開催であり、地方の熱意と需要がどれほどのものであるかを、MSに知らしめる好機なのだ。
 中規模分散型のイベントが、今後のゲームPRのトレンドになるか否か。その試金石と言っても良かろう。
 足の届くXboxユーザーは、立ち寄ってみる意義は大きい。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。