a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーザーからのラブレター

2012/06/05 19:34 Category:ニュース
TB(0) | CM(0)

突だが、中国語で「ラブレター」を何というかご存知だろうか?
 つい「恋文」などと言ってしまいそうだが、これは間違い。正解は「情信」という。
 さすが漢字のふるさとというべきか、意味が絶妙に伝わる名前だ。
 日本語の「情報」といえば、どこか感情などを混ぜないものである印象が強い。情報という言葉が生まれたのが軍事論からであるとする説もある。情報の情は感情ではなく、敵情の情だという。

 大手掲示板「2ちゃんねる」の書き込みをまとめて掲載する、いわゆるまとめブログ。その中の一部のサイトに対し、2ちゃんねる運営側が書き込みの転載を禁止するという異例の通達を出した。
 通達を受けたのは「はちま起稿」や「オレ的ゲーム速報@刃」等複数のブログ。禁止の理由としては、第三者に迷惑をかけながら、謝罪等の対応が見られず、2ちゃんねるも不利益が大きいためとしている。
 これに対し通達を受けた各ブログは、通達に従い転載をしない方針を打ち出すなどしている。

 以前も書いたが、こうした個人発信の情報を個人の独断でまとめただけのサイトが持て囃されている事を、私はとんと理解できない。
 情報に対する意見や野次は個人の自由であって然るべきだが、それが2ちゃんねるに乗ろうがツイッターに流れようが、個人の声に変わりはない。それをまとめて消費者の総意であるように語ったところで、まとめた側の心情が加味されていないことなど、誰にも立証しようがないのだ。
 しかもいずれも、匿名で軽い気持ちで直感的に書き込めてしまうメディアであるのだから、情報に対する十分な推敲が、すべての書き込みに対して行われていたかどうかなど、閲覧者には知りようもない。
 筆者の情が見えぬ上、編者の情で如何様にでも変わるメディアを、情報と呼んでいいはずがない。
 そしてそれらを鵜呑みにし、あまつさえ面白がって伝播に加担する行為の浅ましさに、皆気付いていい頃ではないだろうか?

 パーソナルメディアが普及して十余年。何を求め何をしたいのかという、ユーザーの情がちっとも見えない情報ばかりが溢れている。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。