a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーカーからのラブレター

2012/06/05 19:32 Category:技術、ハード
TB(0) | CM(0)

突だが、中国語で「ラブレター」を何というかご存知だろうか?
 つい「恋文」などと言ってしまいそうだが、これは間違い。正解は「情信」という。
 さすが漢字のふるさとというべきか、意味が絶妙に伝わる名前だ。
 日本語の「情報」といえば、どこか感情などを混ぜないものである印象が強い。情報という言葉が生まれたのが軍事論からであるとする説もある。情報の情は感情ではなく、敵情の情だという。

 世界最大のゲーム見本市、E3の前哨戦ともいうべきプレスカンファレンスが始まっている。
 各社様々な情報が伝わってくる中、我らがMSは各種人気タイトルに加え、Xbox Smart Glassなるサービスアプリケーションを発表した。
 XboxやWindows8マシンと、モバイル、タブレットデバイスを連動させ、ゲームのみならず映画やTVの娯楽性を倍加させるシステム。ゲーム中にオンラインマッチングを別画面で行ったり、屋外でモバイルデバイスで見た映画の続きを、リビングのTVですぐ見られたり、映画を見ながらストーリーや俳優の情報を見たり、ドラマの登場シーンをマップ表示したり、様々な活用法ができるという。
 幾度となく噂が立っては消えた携帯ゲームへの参入はなく、据え置き機をよりグレードアップさせることにしたようだ。
 ニンテンドーDSのみならず、コアPCユーザーなどは、複数画面の同時併用は案外普通に扱われてきた。Smart Glassの狙いは、恐らくTVが一台しかないのが普通であろう、リビングでの併用を狙ったものだと思う。
 だとすれば、活用範囲をゲームに限定せず、Xboxを通過するあらゆるコンテンツに広げたのも自明の理だ。

 不安がないわけではない。デバイスが進化しても、人間の処理能力はそうそう変わらない。ドラマを見ながら手元の画面を確認するといった活用法が、物語への没入間を削がずに楽しみを提供できるかといった疑問もある。
 またコンテンツの作り手が、単位時間当たりに送り出すべき情報の量も、単純に考えて増えてしまうことになる。クリエータがSmart Glassを理解し、そのコストに見合うだけの魅力あるコンテンツを作り出せるか。
 まだ見ぬ新デバイスの普及に向け、MSの課題は少なくない。

 しかし、理屈を抜きに考えれば、複数画面を併用したエンターテイメントというのは、それだけで食指が動く。
 一度に吐き出せる情報量が増えるなら、旧来のコンテンツもまた、違った見せ方ができるかも知れない。
 コアユーザーの玩具からホームエンターテイメントの中核になりたいという、MSの情が伝わってくる情報であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。