a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a-360インタビュー#4 松山洋(7)

2012/02/29 09:00 Category:インタビュー
TB(0) | CM(0)

A:ちらっとゲームのお話をお聞きしたいんですが、もうすぐ『アスラズラース』と『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション』が発売になります。とくにアスラズラースは僕も買うつもりでいますが、開発時に詰め込みたかったものは詰め込めましたか?

松:そりゃもう毎回そうですね。いつもやり切ります。

A:『アスラズラース』開発の壁ってありました?

松:壁は毎日でしたね。『アスラズラース』は特に新しいエンジン(アンリアルエンジン)、新しいチーム(『ナルティメット』シリーズでも『.hack』シリーズでもない)新しいパートナー(カプコン)という新しいもの尽くしの中で新しいタイトルを作るという、すべてが挑戦だったんですよ。毎日が壁の連続でした。その壁を一個一個怒りで叩き壊して完成しました(笑)
 うちはいつも目標到達しないと出さないんですけど、今回もすべてやり切って、買って遊んでくれたお客様を間違いなく満足させて幸せにするゲームができたと思ってます。
 言いたいことが言えたという気がします。

A:気になってるんですが、15周年記念作というのがありますね?

松:あー、そうですね。まあ15周年のタイミングで発表させてもらいましたけどー……そうですねぇ………20周年くらいには出したいなァと(笑)
 うちってそうなんですよ。いろんな企画を作っても、勝算がもてないと進めないんです。見切り発車はしません。いろいろ準備は進めてますが。

A:さっきもちらっと出たんですが、夢はありますか?

松:一生この仕事を続けることですね。できなくなるかもしれないんで。失敗したら終わりなんですよ。

A:尊敬するクリエータさんはいますか?

松:んんー同業者で尊敬してる人はーー(笑)。あ、意識してる人はいます。イシイジロウさん。

A:おおー。

松:僕はゲームで泣いたことがなかったんですけど、唯一涙を流したのが『3年B組金八先生・伝説の教壇に立て』なんですね。生まれて初めてでした。
 これずっと謎だったんですよ。マンガ読んで涙流せるし、映画見ても流せるんですけど、ゲームだと泣けないんです。ゲームって他のメディアより感情移入度が高いはずなんですよ。自分で操作してるから。なのに泣けないのはなんだろうってずっと思ってたんです。
 で、いつか泣けるゲームを作ろうって思ってたんですけど、消費者としてまず『金八先生』で涙流して、エンドロールに出た『監督 イシイジロウ』っていう名前を俺は一生忘れないと思ったんです。
 なのでこの人の次回作は無条件で買おうと思ったら、出ないんですよ4年間(笑)。でもいつか出ると思って待ってたら、4年ぶりに『428~封鎖された渋谷で~』というタイトルが出て。これもホンットに面白かったんで遊んでよかったと思ったんですが、それでも僕にとっては『3年B組金八先生』のほうが上ですね。

A:泣けた謎は解けましたか?

松:やっぱり物語ですね。それとシステム。そこも含めて正しいんですよ。アドベンチャーなんだけど物語性があってシステムがそこに絡んでて…だから「粋」なんですよ。これはゲームにしか与えられないエンターテインメントだぁと。脱帽でしたね。なので次回作もすごく楽しみです。

A:スルーしてたなあ金八先生。

松:死ぬ前に絶対遊んだほうが良いですよ。人生損します。すべてのお客さんに言いたいですね。

A:おおおー!

松:ちなみに自分の作品でそれを実現したのが『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2』です。自分で作って自分でプレーして、泣けたのは初めてでしたね。

A:最後に、TVの前のよい子のサイバーコネクトツーファンにメッセージをお願いします。

松:あっはっは! はい、今年は年始から劇場用3Dアニメーションの『ドットハック セカイの向こうに』とか、2月はまさかの『アスラズ ラース』と『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション』の同日発売とか(笑)、ファンの皆さんにはお財布に優しくないスケジュールではあるんですけど。今年は実はまだあります。
 近いうちに又新作を発表して発売できるものが、いくつか、あるんで。

A:お。今年中にいい話が聞けると?

松:はい。なのでまずは、年始からの3タイトルを楽しんでいただいて、そこから先の新しいサイバーコネクトツー…いろいろ今までやらなかった新しい挑戦というのを、日々やってますんで、そういう会社なんで、退屈はさせないと。
 楽しみにしていて下さい!
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。