a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a-360インタビュー#4 松山洋(5)

2012/02/27 09:00 Category:インタビュー
TB(0) | CM(0)

A:福岡に今も拘る理由は?

松:福岡よりいい場所があれば他に移っても構わないんですが、福岡でなければいけないとは全く思っていません。福岡が有利だから福岡にいるんです。
 立地、環境、物価もそうですし、最初に言ったとおり何でも揃う。東京と同じ給料で小遣いが増える。出るお金減りますから。
 あと通勤時間も短く住む。僕会社まで徒歩五分ですよ

A:っへー!

松:自転車通勤のスタッフも多いです。東京だと通勤に往復二時間とかかかるのはザラですよね。その分うちのスタッフは仕事できるし寝れるし本読めるしアニメも見れる。通勤時間は無駄だって私は思っています。
 福岡はゲーム開発するなら日本一有利ですよ。行政が支援してくれるし。まぁ我々がGFF(GAME FACTORY'S FRIENDSHIPの略称。九州・福岡のゲームソフト制作関連会社などによる任意団体)なんかでそうしてるのもあるんですけど。

A:今までで一番嬉しかったことは?

松:嬉しいのはいつも、ですね。弊社が毎年作り上げていく作品に、お客様が惚れ込んで購入されて、そして遊んでいただけているっていうのが、極上の幸せですね。
 これは作り手になってみないとわからないと思うんですけど、自分が生まれてきた意味を知るっていうか…テイルズっぽいですけど(笑)。
 結局人って、誰かに喜ばれて人に影響を与えて生きているんだと思うんですよ。それが一番の幸せだと思うんです。
 なので今、この仕事をやれているっていうのが一番の幸せだと思いますね。同時に私自身の夢っていうのが、この仕事を一生涯続けることです。

A:…すげーなぁ…(笑)。 じゃあ逆に一番怒ったことは?

松:怒ったことぉぉ?(笑)あんまり怒らないからなぁ~。

A:そうなんですか?なんかこう、主張が強い人は反作用も強いみたいなイメージがあったんですが。

松:あーなるほど。当然ね?普段から理不尽なこととかありますけど、それ以上に楽しいことが多いからやっていけるわけですし。でないとバランスとれないです。

A:クリエーターになるためのお話は伺ったんですが、クリエータであり続けるために必要なものって何でしょう?

松:モノを作り続けることが一番の方法だと思います。さっきの話と重なりますけど…まあ書けるかわかりませんけど(笑)、たとえばDさんって知ってます?

A:もちろん。大好きでしたあの方のゲーム。

松:あの方私の中では、もうクリエーターじゃないんですよ。あの方十年前に降りてるじゃないですか?クリエータってサッカー選手みたいなものだと思ってるんですよ。

A:一日練習休むと取り戻すのに三日かかるといいますね?

松:そうです。なので一度でもステージ降りたら、その人はクリエーターじゃないです。グラフィックや音楽の人が、他の仕事をしてみたいんだと言ってやめても、その人はモノづくりはしていても、もうゲームのクリエーターではない。
 ゲームクリエータていうのは、常に戦い続ける人だと思ってるんで。この進化のスピードを肌で感じながら戦ったり負けたりを繰り返しているのがクリエーターだと思ってます。

A:カムバックができる世界じゃない?

松:はい。

A:松山さんが続けてこられたのは、ゲームが好きだからだと思いますか?

松:僕の場合はゲームが一番じゃないところが功を奏してるのかなと思いますね。
 一番好きなものはマンガなんです。同じくらいアニメも映画も好き、作品と呼べるものは何でも好きなんです。ゲームに固執してないんですよ。ゲームで表現できることは一杯あるんで、マンガ的表現も使うしアニメ的表現も使う。だからサイバーコネクトツーのゲームは、他と差別化されてると思うんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。