a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒキョー者

2011/12/28 19:14 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

本初のマルチタレントこと徳川夢声は曰く。
「物を書くということは、何かヒキョーに似たりけり」

 物事を知るとき、それに対する意見や考えは人それぞれあって良い。否、なければならない。
 だがそれを書き表すことで、その事象に一歩近付いた目線で考えた意見であるような錯覚を起こさせる。
 故にその言葉は、ただ胸に思うよりも強い力を持ち、時に他者の意見を押しつぶすこともある。
 しかしてその結果に対し、書き手が直接的責任を負う事は極めて少ない。
 なるほど、ヒキョーの一理であろう。

 今年一年の記事を読み返してみる。連載記事をはじめ、震災に揺られ、新作タイトルに浸り、イベントに奔り…。特別なことをしたわけではないが、こうして文章に残すと、強い関わりを持ったようで思いも一入に感じる。
 零細ブログ故、他人への影響を気にしたことは少ないが、それを気にしすぎて言葉を曲げることはするまいと考えてはきたつもりである。
 とはいえ、筆に採った事象と関わりは少なく、書いた結果読者諸氏に残った印象や感想に責任は負えない。ヒキョー者の謗りを受けても止むなしかもしれない。

 だが…どう足掻いても口幅ったい物言いになるが、もし私の記事を読んで何かしらゲームに興味を持ったり、購入に踏み切ったといった事実が存在したとしても、それに対する礼賛を受けることも、私はできないのである。
 なぜなら、時間的経済的コストを支払い、一本のゲームを手にするという尊い行為を成したのは購入者自身であり、それを作ったのはクリエイターであるからだ。文は読者に示された道標に過ぎず、それ自体が毀誉褒貶を受けることは、本来誤りなのだ。
 無論誤った道を指していたのなら別だが、面白いゲームを面白いと書いてあたりまえの文章に、名声や褒章の欲が付き纏えば、いつか無意識のうちに指す道を誤ってしまうだろう。

 堂々とヒキョーを働くからこそ、その指す先には注意してきたつもりである。三日坊主のブログが四度目の年越しを迎える。緩まず違わず、指したい道をさせるよう、悴む指を暖めている。
 ゲームが好きで、Xboxが好き。一寸のヒキョー者の五分の意地を確認し、一年を締めくくる。

 皆様、良いお年を。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。