a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感・Call of Duty:Modern Warfare 3

2011/11/29 22:27 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(0)

MW3
回は枕の文もそこそこに解説を始めたい。このタイトルに興味がある人は、まず前作はやっているだろうし、三作目ともなれば枕のネタも切れる(失言)。
 第二次大戦を描いた傑作FPSシリーズが、舞台を現代に変えて三作目。着実な進化と普遍の面白さを携え、現代戦FPSの究極形と、第三次世界大戦の姿を提示する。

 新たな世界構造の建設を目論む、ロシア超国家主義の暗躍は続いていた。
 その始祖イムラン・ザカエフは、ジョン・プライズ率いる英国SASと米海兵隊により、米への核攻撃という野望を阻止される。
 だが五年後。ロシアではザカエフ派の大統領が誕生。超国家主義のトップに立った「狂犬」ウラジミール・マカロフは、武器密輸や麻薬密売などにも手を染め、次第にその力を拡大していった。
 対マカロフのためにのみ組織された多国籍部隊「タスクフォース141」は、マカロフの仕掛けた国家間の混乱と、ある男の裏切りにより、お尋ね者の非正規部隊扱いとされてしまう。だがプライズ以下構成員の鼻息は荒く、ほぼ単独でマカロフを追っていた。
 そんな中、マカロフの狂気が星火燎原の如く広まり始める。ロシア軍の手が、いよいよアメリカ東海岸にまで伸び、そして最悪の兵器が放たれる。
 世界が怖れた第三次世界大戦が、最大火力で燃え上がろうとしていた…。

 前作、前々作ですでに完成されていたグラフィックはさらにブラッシュアップされ、埃や金属の艶まで見せる仕上がりは、当代据え置き機の骨頂を見るようである。
 また現代戦のテーマに恥じぬハイテク兵器の数々と、ゲームへの組み込み方も見事。一気に劣勢を覆してしまう火力に魅入ってしまうだろう。
 ゲームモードは、キャンペーン、オンライン、スペシャルオプスの三つが主体。際立った進化はないが、しっかりと作りこまれたシステムと、きちんとサイトの真ん中に飛んでいく銃弾が心地よく、レベルアップするごとにふえていく装備の豊富さと、それによって様変わりする戦略性がたまらない。
 また今回新たに、一定のマップ内で波状攻撃の如く押し寄せる敵を殲滅するモードが追加。オンラインでの協力プレイも可能で、やりこみの幅が広がった。

 しかして私は、今回…否、このモダンウォーフェアシリーズ通して見られる、あまりにも格好良くない戦争の描かれ方に注目して欲しいのだ。
 あまり書くとネタバレになってしまうのが辛いが、ヒロイズムやグローバリズムといった、ある種安易なお涙頂戴ストーリーには決してならず、かといって夢も希望もない現実的なシナリオとも違う、哲学的な深みを内包した物語を、シリーズを通してじっくり味わって欲しい。

 ゲームに「映画のよう」という賛辞が使われるようになって久しいが、このゲームにはある種ゲームなればこそ成し得た、映画以上の迫力と面白さがある。
 世界で最も売れたゲーム。その真価と進化をその目で確かめ、現代にゲーマーである幸福に酔いしれて欲しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。