a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X of X (8) 百行の実

2011/10/26 19:13 Category:X of X
TB(0) | CM(0)

2005年2月25日、坂口博信氏による次世代Xbox向けタイトルが、2タイトル開発中であることが正式に発表された。この二本は、のちに『ロストオデッセイ』『ブルードラゴン』となって姿を現す。
 そしてこれが、それまで噂の域を脱しなかった、次世代Xboxの公式発表となった。

 国内のみならず、世界中が注目するXbox次世代機の発表が日本からもたらされたことに、国内のメディアやXboxファンは沸き立った。
 当時Xboxの累計販売台数は、アジア圏でトータルしても、北米の販売台数の十分の一ほどに過ぎなかった。MSは05年度上半期(7-1月)決算で、世界累計販売台数を1990万台と発表。うち1320万台を北米のみで売り上げている。
 そんな日本で、社運を左右する発表が為された事を見ても、いかに日本市場に注力しようとしているかが窺い知れた。

 マイクロソフト副社長(当時)のピーター・ムーア氏は、同時期に行われたインタビューの中で、日本でのXboxの失敗を認めている。ファミコンを生み、世界の家庭用ゲーム市場を打ち立てた日本の独自性は、ソフトウェアの巨人をもってしても容易く攻めきれるものではなかった。
 しかしMSは、そこで日本市場からおずおずと退くほど、弱腰ではなかったのである。

 まずMSは、日本での不調の原因を徹底的に洗い出した。その上位に上がったのが、無骨なデザインである。
 そこで次世代機のデザインコンペを日米両国で開催。最終的に北米のAstro studio社と、日本のハーズ実験デザイン研究所が選ばれ、両社の共同でデザインが進められた。
 決して日本人好みになりすぎず、かといってアメリカ的により過ぎず。両社のキャッチボールの末、有機的シルエットと機能美を兼ね備えたコンソールが完成した。
 次に着手されたのが、日本向けタイトルの不足を解消すること。ことXboxにおいて決定的に不足していたRPGを打ち出すべく、MSが白羽の矢を立てたのが、ゲーム史に輝く名作『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親であった。
 その他にも、著名なクリエータを起用した国産タイトルを続けて発表。またLIVE機能も、より使いやすくなったことはもとより、クレジットカードを使わずに利用可能にするなどの改善もなされた。

 巨人MSのプライドを賭けた失地回復作戦。Xbox第二章の開幕は、間違いなく日本での勝利を目指したものだった。
 そしてそれは、同時に現行機の時代の終幕を意味していた。

(続)
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。