a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感・PORTAL2

2011/05/27 12:36 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(0)

PORTAL2
イツの心理学者ケール・ビューラーは、人が発見や発想を得た瞬間を「Aha-erlebnis」と名付けた。
 わずか0.1秒の間に脳の神経細胞が活性化するこの現象は、日本では茂木健一郎教授が「アハ体験」として紹介したことでも知られている。
 脳はこの「気持ちよさ」に逆らえないという。突き詰めればそれは、問題にぶつかったときのもやもやが一瞬で「達成感」に昇華する瞬間。パズルの醍醐味とも言うべき、ブレイクスルーポイントが生まれる瞬間である。
 そのアハ体験に、もう一つエッセンスを加味したらどうなるだろう?そう例えば、雑誌のパズルのようにじっと座ったまま解くのではなく、FPSのアクション性と爽快感を足したら…?

 不可思議な世界観と独特のシステム設計で話題を呼んだ前作の勢いもそのままに、新たな要素と深まるストーリーを引っ提げて、超硬派FPSアクションパズルが帰ってきた。

 あなたは目覚める。場所も時代も想像できないほど遠どこか。コールドスリープから目覚めると、そこは廃墟であった。
 何があったのか。ここはどこなのか。それすら知れぬまま、あなたは脱出を試みる。唯一の武器は、空間を捻じ曲げる不思議な銃、ポータルガンだけだった…。
 
 ストーリーの解説をしすぎると、ネタばれになるのでこの辺で。
 このゲームは、パズルを主体としたアクションFPSである。壁に空間を捻じ曲げて繋がる穴を開ける銃『ポータルガン』を駆使し、部屋に仕組まれた謎を解き明かして進んでいく。
 難しく聞こえるが、実際やってもらえると理解が早い。特定の壁にどこでもドアのようなものを作れると思ってもらえれば良いだろう。
 例えば、手も届かないような高所にゴールがあった場合、ゴールの手前の壁に向けて銃を撃つ。するとそこに穴が開き、続けて自分の近くにもう一つ穴を空けると、その二つが繋がった穴となるのだ。
 これを応用し、崖の向こう側に一瞬で移動したり、高い場所から飛び降りたりも出来る。また穴に飛び込む前に作用していた運動が、出てくる際にかかったままであることを応用すれば、床の穴から飛び上がったりすることも出来る。
 うまく伝わったかどうか甚だ疑問だが、この現実にはありえない現象を駆使して進むアクション性が、本作の肝なのだ。
 また今回新要素として、ジャンプ力や加速力を高める二種類のジェルや、レーザーを屈折させるキューブ、空中を移動できるフィールドの発生装置などが登場。前作にも増して応用範囲が広がり、プレイヤーの脳を捩らせてくれるだろう。

 本作の最大の特徴と呼べるのが、二人同時の協力プレイ。いわゆるCo-opモードを実装したことだろう。
 オンラインやシステムリンクでフレンドを募り、キャンペーンモードと全く違うステージを、並居るトラップやギミックを掻い潜り進んでいく。
 役割を分けたり同時操作を要求されたり、時には相手を踏み潰してしまうことさえ楽しくなる絶妙なテンポに、マルチに不慣れな方々もきっとはまっていくことだろう。

 そしてキャンペーン、マルチを通して、このゲームの味わいとなっているのが、絶妙なレベルデザインがもたらす「アハ体験」なのだ。
 ステージ上に配された、一見関連性のなさそうなアイテムや仕掛けをつぶさに眺め、そこにポータルガンがもたらす変則性を加味していく。やがてゴールへ繋がる道が見え、それが実現した瞬間、脳が逆らえない0.1秒の快感が訪れるのである。

 ゲームが3Dの表現を可能にし、物理演算処理が当たり前にすらなりつつある昨今。それらを演出手段のみならず、クリアに必要な道具にまで昇華させた「撃って進むパズル」というジャンル。
 当代TVゲームのひとつの骨頂を、是非ご堪能あれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。