a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気の支援

2011/03/27 10:08 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(2)

くち正太の漫画『おせん』に、沖縄石垣地方独特の風習『アンガマ』を教わった。
 旧盆の夜、先祖を表すといわれるウシュマイ(爺)とウミー(婆)の面を被った二人が、子孫を表すファーマーと呼ばれる一行を連れ、三線や笛太鼓を鳴らしつつ町を練り歩く。
 やがて目当ての家に上がるや、仏壇に祈り、ファーマーが歌い踊り、豊作と子孫繁栄を祈念する。そしてウシュマイとウミーが一堂の前で胡坐をかき、見物人から投げかけられるあの世のしきたりや生活に関する質問に、裏声の方言でユーモアたっぷりに答え、場を大いに盛り上げるのだ。
 お盆ならずとも、鬼籍に入った者を弔う行事といえば、しめやかに粛々と行われるのが定石と思っていた主人公は、その風習はもとより、最近海で死んだ身内のことまで明るく話す彼らの様子に、たまらず問いかける。
「寂しくはないんですか?」
 尋ねられたおばあが答える。
「そりゃあ人が死ぬのは誰だって悲しいね。でもそれはね、こっち残されたものの理屈さね。せっかく召されてあの世にいくんだ。死んだ者だって楽しく送られて行く方が幸せさね」
 理屈という言葉が、胸にのしかかったのを覚えている。旅立っていったものたちが、残った者たちの涙より笑顔を望むだろうという思いは、大いに賛同したい。

 東北地方太平洋沖地震の発生から二週間。依然その全容をつかめぬ被害規模と、多くの発電所が被害を被ったため、慢性的な電力不足に陥った首都圏の混乱が、史上最大の地震の恐ろしさを浮き彫りにしている。
 文明の血液ともいえる電力の不足は、自然と社会全体の活動を緩慢化させ、交通や物流の悪化が、消費者の焦りと更なる物不足の悪循環を招いている。
 ゲーム業界にもその波は来ている。発売延期による売れ行きの低迷はもとより、節電による店内の雰囲気の悪化が、消費者の購買意欲を削いでいるという声もある。
 街を見渡せばどこもどこかの灯りが消え、駅のエスカレーターは軒並み停止中。そんな中、電気で動くのゲームを売る店は、一層苦しい思いをしてるのだろう。
 雰囲気の変わりようというのも、大きな問題だ。確かに薄暗いお店などは、入ることも一瞬迷うだろうし、商品の見栄えもよろしくならない。
 さりとて煌々と明かりをつけると、節電風潮に逆らっているようで客にいい印象を与えない。悩ましい問題だろう。

 しかし、何でも自粛すればいいというものでもあるまい。動けるものは動き、食べられる者は食べてこそ社会は健全なものになる。
 確かに隣の家が火事で全焼している中、自分達がスポーツや遊びに興じることに後ろめたさを感じる気持ちも分かる。万を超える死者を出した大災害とあればなおさらだ。
 だがだからといって、一緒になって落ち込むようなことをされても、焼け出されたお隣さんは喜びも助かりもしないだろう。彼らのために出来ること、失われた多くの命に恥じぬこととは何か?

 誤解を恐れず言おう。被災して衣食住はおろか娯楽も不足している人がたくさんいるから、犠牲になった人がたくさんいるから、自分達も楽しみを控えなくてはならないなどというのは、被災していない者の理屈でしかない。
 支援物資を送るなら、それを得るため働き動かなくてはならない。頑張ってと声をかけるなら、まず自分が元気でなくてはならない。
 必要なのは自粛ではない。行動だ。遊びやイベントでもいい。大きく見れば、それは社会を動かす一因になる。すべてはつながり、作用しあっているのだ。

 これを打っている横で、TVから選抜高校野球の音が流れてくる。鳴り物の応援が禁止されているらしく、ひどく寂しい印象がある。
 被災地の高校も出ている。同県同郷の人々もTVに見入っていることだろう。不自由な避難所に大人しい放送を流して、被災地にまで自粛ムードを押し付けてどうするというのか。

 悲しみを笑顔で飾る風習もある。明るくあることで元気を届ける支援もある。というのは、私の理屈だろうか。
スポンサーサイト

同意です。なんというか…無自覚の悪意とかそういうのを嫌というほど感じましたね。。。
[ 2011/03/28 04:58 ] [ 編集 ]
 節約はいいことなんですが、節約してなさそうな人を責めるような風潮や、強要する様なことは間違ってると思います。
 使える人は使い、動ける人が動いてこその復興だと思います
[ 2011/03/28 07:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。