a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PR温故知新論

2011/01/27 22:19 Category:業界
TB(0) | CM(0)

Kinectのゲームは、Wiiで遊べますか?
 あるメーカーの問い合わせ窓口に、そんな電話がかかってきたそうだ。
 相手は年配の女性。同日、TVでキネクトのゲームが放送されたのを見て、これなら自分も孫と遊べると思い、彼女なりにあれこれ調べて電話したそう。
 応対に出た担当者は、KinectとXbox360のことを丁寧に伝えたが、同時に身の引き締まる思いがしたという。

 操作の複雑さがライトユーザー離れを助長していたゲームに、身体の動きそのものを取り入れることでそれを簡略化し、ライト・ファミリーユーザーを呼び戻そうという動きが活発化してきている。
 しかし、長く続いたヘビーユーザーとライトユーザーの隔絶は、知識や情報の二分化を生んでいた。ライトユーザーがゲームに興味を持たなくなれば、彼らが接する情報媒体の供給者も、それを多く取り上げることをしなくなるのは、当然のことだ。
 そして今、こうして市場が新たな顧客開拓に乗り出そうとすると、突然もたらされる情報の数々に困惑する人も出てくる。
 そうさせないために、供給者ができることは何か?メーカーならずとも自問することがあるだろう。

 ある分野において代表的な製品が誕生すると、その製品名が分野の名前の取って代わる事象が多々ある。油性ペンを総じて『マジック』と呼ぶのはその好例。携帯型カセットプレイヤーを総じて『ウォークマン』と呼んでいた人も少なくはなかろう。
 同様の現象がゲームでもあった。
「いつまでファミコンやってんの!?」
 この言葉を母の声で思い出せる人は、少なくないはずだ。
 ファミコンがなくなってなお、このフレーズは頻繁に聞かれた。ファミコンはまさにゲームの代名詞であったからだ。
 しかしこの現象は、ゲームの分野で扱われるには危ういものだ。
 マジックが油性ペンの代名詞になりえたのは、その商品名のインパクトやロングセラーとしての地位のみならず、例えどこの製品であれ、油性ペンを『マジック』と呼んでも不都合が生じないからでもあった。
 内田洋行の『マジックインキ』でしか書けない紙などないし、何よりその一言で存分に意思疎通が図れた。
 ウォークマンも同様である。カセットテープであればどこの製品のものでも再生できるものだった。
 だがゲームは違う。ファミコンとスーパーファミコンに互換性はない。子供にウォークマンで使うカセットテープを買ってきてほしいと頼まれた父親が、ウォークマンで使えないテープを買ってきてしまう可能性は低いが、ゲームの場合はそれが起こり得る。
「スーパーファミコンのカセット」ではなく「ゲームのカセット」という括りで見てしまっている可能性があるからだ。

 この互換性のなさこそが、ゲームビジネスの根幹でもあるのだが、それをライト・ファミリー層にきちんと理解させるには、どういう手段でどの程度宣伝すればいいだろうか?
 幸いにして、昨今の小中学生の親の世代はファミコン最盛期に育った世代が多い。ファミコンのソフトがスーパーファミコンで使えないことを見ている。
 だがここ数年ゲームから遠ざかっていた人たちや、もとよりゲームというものに接してこなかった中高年以上の人たちに、今のゲームのことをゼロから教える機会や媒体は、どれだけ揃っているだろうか?

 WiiのCMにはいつも驚かされる。ゲーム画面があまり映らないだけでなく、内容がまるで購入者にしか必要なさそうな情報ばかりだからだ。
 それはWiiがヒットしたハードであるからというだけではなく、それまでゲームに接しなかった人々が、ゲームに関する情報を得られる媒体が、TVCMくらいしかないことを知っていたからだろう。
 そしてWiiが、それまでのゲームとは違う概念で生み出されたものであるからこそ、懇切丁寧な説明が必要であり、そうすることで、Wiiに興味を持っている人々にも中身を教え、安心して買ってもらえるという配慮ではないだろうか。
 しかしこれは珍しい手法ではない。箱物商品というように、ゲームは中身がはっきりと見えないものだ。そういったものの宣伝ならば、どういうものかを伝えようとするのは至極当然のことだろう。
 ファミコンの最初のCMは『新しい遊び』であるファミコンの基本的な解説に費やされている。30年前にやっていたことを、任天堂は再びやっていたに過ぎないのだ。

 新しいインターフェイスの誕生は、新しいゲーム、新しい顧客の誕生にも繋がる。
 新しい人々が、迷わず間違わずにゲームを楽しめるようにするために必要なのは、新しいプロモートではなく、あたりまえの接客に立ち返ることかも知れない。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。