a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の箱

2011/01/06 12:52 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

晦日、魚屋の勝が夕餉の支度に勤しむかみさんに言う。
「おぅ、茶ぁ沸かしとけよ?支払いのヤツらが来るかも知れねぇ。寒い中来させて茶も出さねぇんじゃ可哀想じゃねぇか」
「何言ってんだい、ツケなんざ一件も残っちゃいないよ。逆にこっちが払ってもらわなきゃなんないツケがあるくらいさ。でもわざわざ忙しい中押しかけることもないだろ?年明けてから伺うつもりだよ」
 やがて表から微かな音がする。
「お?サラサラしてやがんぜ。雪でも降ってんのか?」
「雪じゃないよ。お隣がね、門松立てたのさ。その葉っぱが揺れてるんだよ」

 以前も引用した、傑作落語『芝浜』のクライマックスシーンである。
 と、こんな話を書こうと思ったらもう三が日も過ぎてしまった。年々正月に実感が持てなくなりつつあるのは、年の瀬の始末ごとや新年の準備といった慌しさが、縁遠くなったからだろうか。
 初詣のお賽銭が例年より増したとか、福袋の売れ行きが好調だとか、ご祝儀相場的な景気の活況を伝えるニュースも聞かれる。出費の波が極端になっているのも、昨今の傾向であるらしい。ついでに360も売れてくれたらなぁと、思わないではない。
 今年明らかなだけの発売スケジュールに目をやる。若干寂しい気もするが、期待作も出揃う。発売日すら定まらぬあのタイトルは、いつお披露目となるやら。
 過去に開発中止の憂き目を見たタイトルが多いのも、Xboxユーザーには苦い思い出である。我々にとっても辛いのだから、作り手にはどれほどの苦渋であろうか。
 スケジュールを眺めつつ、期待作をなぞりながら、無事日の目を見られることを切に願う。

 芝浜のサゲは、酒を断っていた勝が再び酒を口にしかけ「よそう、また夢になるといけねぇ」とつぶやいて盃を下ろす。
 下戸の我が身はゲームに酔って、浮世を夢とながしてみたい。
 あいや、先立つものがいる。今年もせっせと働くとしよう。

 小欄も皆様の夢の一助となれますよう。本年も宜しくお付き合い下さいませ。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。