a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私説・キネクトに必要なもの

2010/11/26 13:00 Category:技術、ハード
TB(0) | CM(2)

論から言おう。キネクトの普及に必要なのは、版権タイトルと過去作への積極的な対応だ。
 わかってますよと思った方も多いかも知れないが、とりあえず読み続けて欲しい。

 まずキネクトの主目標を理解する。それはハードの高性能化に比例して煩雑化を余儀なくされたインターフェイスの革新。最も日常生活に近い身体言語を以って、ゲームに介入する手段を提供すること。
 そしてそれにより、据え置き気から離れつつあったライト・ファミリーユーザー層を奪回することである。
 次に、版権タイトルのメリットを考える。箱物商品における最大のデメリットでもある、中身に対する不透明性を緩和できることが挙げられるだろう。
 たとえば、先日発売された「NARUTO ナルティメットストーム2」を例に採る。
 NARUTOは、週刊少年ジャンプで連載中の人気マンガであり、単行本の累計発行部数は1億部を超える。
 当然多くの人に知られている故。ゲーム化されるとなれば期待も大きい。創る側にしてみればプレッシャーにもなるだろう。
 しかし同時にそれは、中身がある程度見られることに対する安心感があるともいえる。ファンからすれば、NARUTOがゲーム化するとなれば、ナルトやサスケをはじめとするキャラは当然出ると思うし、影分身や口寄せ、螺旋丸等の技が使えるだろうと「分かる」のだ。
 これとほぼ同じシステムのゲームを、全くのオリジナルキャラを元に作ってリリースしたらどうだろう?どんなゲームになるのかは買ってみるまで分からない。メディアへの露出も一つの手段だが、ライトユーザー層はそもそも、日常的にゲームの情報を蒐集しない筈だ。
 版権素材の活用は、当該作品のファンを取り込むのみならず、言葉を使わずしてゲームの中身を見せることができる手段でもある。
 ライト・ファミリー層を取り込むのに、版権タイトルはもっとも有効な手段だろう。今までのコントローラの煩雑さから解放されるキネクトならば、それと加えて強くアピールできるはずだ。

 無論それだけで、キネクトの普及は完了しない。ヘビーユーザーへの訴求を忘れては、真のヒットへの道はない。
 そのためには何が必要か。言わずもがなヘビーユーザー向けタイトルの確保だ。
 とはいえ、一からキネクト用にソフトを開発し、マルチ化できないデメリットを抱えてまで凝ったソフトを作っていては、メーカーも困窮するばかりだろうし、数が揃わず市場的に寂しい印象を与えてしまう。
 そこで、過去発売されたタイトルをキネクトで遊べるようにパッチを当てるのだ。すべてのタイトルにとは言わない。レースゲームなど、操作がシンプルなタイトルのレースシーンだけでも対応できればいい。
 蛇足だが、私の記憶が確かならば昨年のE3でNatalが発表された際、過去のタイトルに対応させると豪語していた気がしてならないのだが、記憶違いだろうか??
 ともあれそれだけでも、キネクトの可能性はグンと広がり、ヘビーユーザーの食指も動くというものだろう。

 ライトユーザーにはまずキネクトを買ってもらうための訴求。ヘビーユーザーにはキネクトを買い足してもらえる訴求。
 これらが出揃って、はじめてキネクトはその真価を発揮できるのではないだろうか。

 余談だが、キネクトをPCに繋いでマウス代わりに使えたらなお面白いと思う。家庭用PCやネット対応TVのインターフェイスとしては、最高のデバイスではないか。
スポンサーサイト

既存ゲームへのキネクト対応パッチってのは、Wiiでサード各社が既存ゲームを無理矢理リモコン操作にして散々な目にあったのと似たような状況になるような気がしますが、どうなんでしょうか?
入力デバイスを根本から変える以上、既存ソフトに無理矢理合わせてもデバイスの魅力は伝わらないと思います。
キネクト対応ゲームの中でダンエボが比較的高評価なのはデバイスの魅力を生かすべくゼロから考えられたソフトだからだと思いますよ。
元々ダンスというキネクトに合う要素がメインのゲームだったってのもあるとは思いますが。
[ 2010/11/29 10:34 ] [ 編集 ]
 無論すべてのゲームがキネクトになればいいとは言いません。
 たとえすべてのアクションを対応させられなくても、パッドの併用や一部操作のみの対応だけでも劇的に変わるゲームはあると思います。
 例えば、フェイストラッキングに使ったり、自分の身体をとりこんでキャラにしたり、音声による味方AIへの指示出しといった使い方も可能でしょう。
 Wiiの混乱の原因は、ボタンを押す動作に翻訳していたアクションに、翻訳していない手の動きをそのまま反映させ、それを同時に行うことを要求してしまったため、プレイヤーを混乱させた事によるものだと思います。
 キネクトは、一切の動きを翻訳する必要がありません。プレイヤーの特定の動きのみを抽出して操作させる事も出来ます。
 対応させる上での利便さは、だいぶ大きいのではないでしょうか?
[ 2010/11/29 20:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。