a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感・Red Dead Redemption

2010/10/26 19:22 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(0)

RDR
ームとは、つまるところ勝敗の縮図である。トランプもすべてのゲームは勝敗を決めることが目的であり、一人用のゲームにもそれが存在する。
 そしてTVゲームは、勝敗を擬似世界の中に置く事を主とし、その世界にいかにプレイヤーを没入させるかが成功の鍵でもあった。
 とりわけRPGというジャンルが目指してきた、現実的空想世界の構築は、ハードウェアの性能と比例してみるみる進化していった。
 その結節点に位置するであろうジャンルこそ、オープンワールドゲームではないだろうか。
 そのおよその定義は『Just Cause 2』の記事に書いたので割愛するが、このゲームはオープンワールドの新たな地平を開拓したかもしれない。

 1911年、開拓の時代が終焉を迎えつつあったアメリカ。一人の男が、まだ大西部の香りを色濃く残す町で汽車を降りた。
 男の名はジョン・マーストン。今はただの牧場主であるはずの男だった。
 彼の目的は、ある人物を追うこと。かつてこの荒野で暴れまわったギャングのメンバー。今となってはその素行が、法と文明をアメリカにもたらさんとする政府に疎まれるばかりとなった男達、そしてジョンのかつての仲間だった。
 ジョンは家族を浚われ、その身の安全と引き換えに、かつての仲間を抹殺するよう命じられたのである。
 フロンティアの時代、無法者たちの時代が、終わろうとしていた…。

 基本システムは、他のオープンワールドゲームと大差は無い。メインストーリーとなるミッションをこなすことでゲームが進むが、それを強要するものは何も無い。
 このシステムと、現代のアウトローを描いた人気シリーズ『Grand Theft Auto』シリーズを生み出したロックスターゲームズの最新作と聞けば、西部劇版GTAと思われる方も多いだろう。
 しかし実際やってみると、微妙ではあるがGTAとは異なる感触がある。その正体はすぐにわかった。善悪のパラメータが存在するのだ。
 強盗を捕らえたり、女性を暴漢から助けたりすることで、名誉名声のパラメータは上がっていく。逆に一般市民を殺害したりすれば下がっていく。善行を積めばある程度のお目溢しがいただけたりもするのだ。
 主な移動手段は、もちろん馬。それも皆同じ馬ばかりではなく、品種によってスタミナやスピードが違ったり、長く共に旅することで、馬のスタミナが上がったりもする。
 システム全体としては、GTAよりオブリビオンに近いかもしれない。
 そして西部劇といえば、ガンアクションは外せない要素だ。目にも止まらぬ早撃ちや、一呼吸で複数の敵を撃つミラクルショットなど、幼い頃に真似した人も多いのではないだろうか。
 本作でも当然、銃は主要武器ではある。しかしオートエイムは搭載しているものの、その射程は限られており、ややもっさりした動きは、お世辞にも早撃ちとはいえない。
 そこで実装されたのが、周囲の動きをスローに見せるお約束的手法により、自身の射撃速度を高める『レッド・アイ』という特殊能力だ。メインミッションを進めていくと、この能力がさらにレベルアップする。
 加えてゲームを盛り上げるのが、シチュエーションに合わせて変化するBGM。アナログ楽器をメインに組み立てられた、いかにも西部劇らしい音楽をバックに、赤茶けた荒野を馬に跨り駆け抜ければ、ほっといてもフロンティアの世界に没入してしまう。

 いくつか難点を挙げれば、敵の位置がわかりずらく、最初のうちはかなりトライ&エラーを繰り返させられること。レッドアイの使用制限もかなりシビアで、初回得点で入手できるコスチュームがかなり重宝する。
 またストーリーが、やや冗長に感じてしまったことだろうか。この辺りは西部劇ファンだと、また違った見解になるかもしれない。

 風に吹かれてころころ転がる謎の植物まで再現された舞台で、勝敗…生死が隣り合うアウトローの世界を渡り歩く。
 このゲームは、つまるところ西部劇の…否、TVゲームの縮図なのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。