a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TGS2010レポート(2)

2010/09/18 14:13 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(0)

日目は行こうか行くまいか悩んだ。だがML360を見ていたらどうしても行きたくなったので、結局参戦することにした。
 どうにか一度、キネクトをやっておきたいという思いもあったからである。

 その願いは早々にかなった。コナミブースで『ダンスエヴォリューション』をプレイできたのだ。
 画像認識は本当にすごいと思った。バックがクロマキーでもなんでもないのに、きちんと私の身体だけを認識して切り取り、ゲーム画面に合成しているではないか。
 私の腕前はさておき、コントローラから解放されてゲームができるというのは面白い。ただどうしてもファミリーないしパーティー向けという認識になってしまうので、ヘビーユーザーをどう取り込むかに注目したい。


 今回TGSに参加して感じたことと言えば、やはりその萎縮傾向だろう。
 経費節減に於いて、宣伝費はイの一番に的にされるものだが、昨今特にその色合いは濃く、単独ブースを出さないソフトメーカーも少なくはない。
 ブースの少なさや規模の小ささも相俟って、どこかスカスカした印象すら受けた。
 加えて目立つのが、シリーズタイトルの増加だ。手元にあるパンフレットを見ても、完全新作と言えるタイトルは極めて少ない。
 詳しい事情に通じるものではないが、極端なリスク回避と取られてもおかしくはあるまい。悪しきマンネリに陥らなければいいがと、気を揉まずにいられない。
 ゲーム屋の仕事は、人気作を作り続けることではないはずだ。
 それと、やはりというべきか3Dにちなんだ出展も多い。3Dの開発環境を売り込むブースも見られ、SCEはステージイベントで3Dメガネを配るという力の入れようだ。
 キネクトやPS Moveが打ち出すモーションコントロールと共に、ゲームのスタンダードになるか期待したい。

  少子化による需要の低下から、開発費高騰による原価回収の困難さ。青少年による凶悪犯罪が起こるたびに、お約束のように取り沙汰されるゲームの影響。ゲームを取り巻く状況は、お世辞にもよいものとはいえないだろう。
 しかし、恵まれすぎた市場は成長力と競争力を失うことは自明の理だ。必須家電並みの世帯普及率と開発仕様の公開という、開発者にとって最高の環境を与えられたアタリ2600が何を招いたか。
 能動的エンターテイメントの旗手として、ゲームにはこれから一層悶え苦しんで、最高の一本を生み出して欲しい。
 FFを超えるゲームは作れる。宮本茂を越えるクリエータも生まれ得る。でなきゃゲームは、作る意味がなくなってしまうではないか。


<おまけ>
 今回のTGSではいろんな方にご挨拶させていただき、名刺を交換させていただくことができました。個人零細ブログではこういった繋がりが何よりの宝です。
この場を借りてお礼申し上げ、これからもご愛顧のほどお願い申し上げます。

<おまけのおまけ>
 会場にはかわいらしいコンパニオンさんがいっぱいいたのですが、負けず劣らず可愛らしい人がいるなあと思ったら、以前ファミ通町内会の配信番組に出てたモデルの三橋玲子嬢でした。
 ブログではよくパチンコやゲームの話もされてましたが、こんなとこにも来られるんですねー。
 というわけで一枚。
れいたん
 どーですか?このモデル泣かせの俯瞰構図をものともしないちっちゃいお顔!ww
 眼福でございました。来年は是非コスプレしてお越し下さい(マテw)
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。