a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームショウがやってくる

2010/09/14 07:49 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

きいれどき、という言葉がある。漢字で書くと「書き入れ時」
 それぞれの商売忙しい時期、帳簿に書き込むことも多くなることから、繁忙期を指して言うようになった。
 商売繁盛の縁起物である熊手とかけて「掻き入れ時」と思ってる方が多いらしいが、誤解である。

 ゲームは他の商売と違い、売れ行きが時節に左右されにくい商品である。もしそんな業界に書き入れ時があるとしたら、今時分がそうなのではなかろうか。
 年に一度のゲームの祭典、東京ゲームショウが迫ってきた。年末商戦を皮切りに、各社の今後の戦略図が垣間見える時期である。
 我らがXboxは、並居る期待作に並び、ついにキネクトをお披露目する。昨年はクローズド出展であったが、今年はどれほど触れるのだろうか?数年ぶりに参加する私も、期待のあまり緊張すら催してしまう。
 ソフトメーカー各社も、選りすぐりの期待作を揃えていることだろう。展示マップを眺め、どこから見ようかと悩んでいる。

 不況下での宣伝費の締め込みやアジア企業の進出等、イベント自体の萎縮傾向が囁かれて久しい近年のTGS。それでもファンの注目度は高く、E3の発表から一歩進んだニュースを待つ人も少なくはない。キャッチコピーや広報資料に何を書き入れるか、頭を抱える広報マンも少なくないのではなかろうか。
 年末にかけての発売スケジュールに続々と期待作が書き入れられ、我々消費者の家計簿の書き入れも一層せわしくなるようであればいい。
 足りなくなったら、小銭を掻き入れて資金調達するとしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。