a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイブ祭りに行ってきた

2010/08/17 20:17 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(0)

外観
LED
8月14日、オタクのメッカ秋葉原にあるイベントスペース『アキバスクウェア』にて、弾幕シューティングゲームの宗家、ケイブ主催のイベント「ケケケのケイブ屋敷」が行われた。
 単純なSTGとは違い、それ自体がひとつのジャンルのように確立されている弾幕ゲーム。ケイブは創業当時からそれに拘り続け、根強いファンを獲得してきた。そんな同社のイベントであるから、ファンの数も意気込みも並みのイベントのそれではない。
 物販コーナーは時間制の整理券を配布して混雑に対応するも、当然のように売り切れが続出。ステージイベントでは、神業プレイヤーを招いての最高難度デモンストレーションが行われ、詰め掛けた弾幕フリークたちがぽっかーんと口をあけて魅入ってしまうほどのスーパープレイを披露していた。ってゆーかそれを収めたDVDが出てるというのが私には驚きだったが。

 そして昨年に引き続き、我らがジャム爺率いるML360が、このイベントに出張した。テーマはもちろんケイブSTGである…はずなのだが、なぜか冒頭はマイルストーン社のSTG「ラジルギノアマッシヴ」からスタート。このへんの緩さもMLである。
 次いでケイブ浅田氏によるサプライズ発表が連発。モニタにタイトルが大写しになるたび、会場が某アイドル48が出てきたのかと思うほどの大歓声。STGに疎い私は終始置いてけぼりを食らったようであるが、このファンの濃さもまたSTGらしさなのかも知れない。
 その浅田氏の一日に密着したVTRが、次のコーナーで流された。滅多にカメラが入ることを許されない開発室に踏み込んだり、普段はまずお目にかかれないような書類が写ってたりと、マニア心をくすぐってくれる内容である。
 そして最後は、新たなSTGの企画をファンの前で決めてしまおうという、何ともリスキーなコーナーが始まった。会場のファンや視聴者のアンケートで決定した内容は、確かに面白そうであるが、さて実現するのだろうか?
 最後は全員で「360サイコー!」ポーズで締め、大盛況のうちにイベントはお開きとなった。

 今振り返って思うのが、ケイブだからこそこういうイベントが成立し、またステージイベントに人が集まったのだろうなということだ。
 ひとつのジャンルにこだわり、ストイックにそれを磨き上げ、確実にファンを獲得し、それを裏切らずに来たからこそ、秋葉原にこれだけのファンをこれだけ長く引き止めることが出来たのだと思う。
 大手メーカーが同様のイベントを行えば、それは注目度はより高いだろう。しかし招待制でも有料でもない一見さん歓迎型のイベントで行われる、二時間近いステージイベントに観客を引き付け続けることができるだろうか?
 こういうイベントでこそ、メーカーの真価が問われるのではなかろうか。と、素人ながらに感じずには居れず、然るにケイブとは恐ろしいメーカーであると考えざるを得ない。
 お化け屋敷を模したイベントで一番寒気がしたのは、そのことに思い至ったときだった。

 蛇足。
 イベント内では墓石に好きな名前を表示させて、お化けコスのおねーちゃんと記念写真が撮れるという、らしいコーナーも(笑)あった。なので早速私も供養を…
おはか

 …はしゃぎすぎたと反省してますw
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。