a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのアイスの前で

2010/06/14 09:00 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

カステラアイス
回の記事は、このカステラアイスなる食べ物から始まる。

 私はツイッターで、主にゲーム業界の方をフォローさせていただいているのだが、その中にバカタール加藤なる人物がいる。
 「週刊ファミ通」の愛読者にはお馴染みであろう、同誌の名物編集者であり、副編集長やファミ通64+(現ファミ通DS+Wii)の編集長を歴任。その後ファミ通編集長に就任し、今はエンターブレイン・ファミ通グループ主筆として辣腕を振るっている。
 そんな氏がある頃からはまりだし、頻繁につぶやくようになったのが、このカステラアイスなる食べ物についてだった。
 氏はエンターブレイン社の社員食堂でそれを発見し、その食感を賛嘆し、同僚編集者と盛り上がり、ツイッターの情報網を駆使して販売店を探る様は、およそ四十半ばの管理職のイメージとは懸け離れ、しかしそれでいて微笑ましくもあった。
 私がそのことを何気なく返信すると、短くも丁寧な返事をくれた。去年のファミ通アワードで会ったことや、その前にもお会いしてる事も伝えた。
 その都度しっかりとした返事をくれる様を見て、私は確信した。この人は伝えたいことを相当溜め込んでいる。一読者である私に、それを少しでもぶつけようとしている、と。
 バカタール加藤…否、加藤克明は叫びたいのだ。

 無礼を承知で正式なアポをとってインタビューを申し込む旨を伝えると、氏は快諾してくれた。
 そして後日、エンターブレイン社内においてインタビューの席が持たれた。

 明日より5日間連続更新でお届けする、a-360インタビュー第三弾。誌面では語られることの少ない、その半生と想い。すべての一読者にぶつけられた『加藤克明の叫び』である。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。