a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感・BATTLEFIELD BAD COMPANY2

2010/03/31 21:32 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(0)

bfbc2
今東西、男の子とは乗り物に憧れるものである。
 それは未熟な自身を、大きく変えてくれるものであるからかもしれない。速く遠くへ行ける車に、高く舞い上がれる飛行機に、強くたくましく働く重機に。
 それらを操る操縦席とはある種の聖域に等しく、親や年長者への敬愛は、そこに座ることを許されていたことにも起因していた気がする。
 子供が自身で遠くへ行く術を身につけた頃から、父の威厳に翳りが生まれ始めるようにおもえるのも、決して邪推ではあるまい。

 百花繚乱のFPSの中で、このシリーズがとりわけ注目される理由の一つは、乗り物へのこだわりではないだろうか。それは戦略の幅を広げ、プレイヤーにもたらされる愉しみを大きく変えてくれるのだ。

 …米ソの対立が激化する架空の現代。任務そっちのけで金塊強奪に奔走していたはずが、なぜか米軍に利する結果となり、今なお元気いっぱい活動している使い捨てはみ出し者中隊。通称バッドカンパニー。彼らは今、アラスカでの警戒任務についていた。
 ひょんなことから、彼らはロシア軍の極秘計画資料を目にする。それは第二次大戦中、旧日本軍の手によって開発されながら、歴史の屑籠に破棄された「闇の兵器」の存在を示すものだった…。

 ゲームの基本は、純粋無垢なFPS。体力メーター等がなく自然に回復する、なんとなくバイタリティ型(今命名)。
 登場する兵装は現代の武器が中心。主装備と副装備の組み合わせで、要求される戦い方は千変万化する。
  多くの場合はAIが操作する味方部隊との進行になるが、あくまで補助。作戦の成否はあなたにかかっている。
 しかして冒頭にも書いたとおり、やはりこのゲームの特色は、豊富な乗り物にあるだろう。キャンペーンモードはほとんどバギーか四駆に限られるが、オンラインモードではヘリや戦車に無人機まで登場する。
 もちろん単に乗り物を増やすだけでは芸がない。きちんと長所短所や相克関係が存在し、絶対的な兵器は存在しない。乗り物に搭乗制限はないが、使いこなせなければでかい標的でしかない。このシビアさが心地よいのだ。

 乗り物という要素だけで桁外れに広がる戦略と、それを許容しかつ制約する戦場。銃で撃ち合うだけのFPSにマンネリを感じている諸兄。高さと速さを加えた戦略に加わってみてはいかがだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。