a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業料9500円也

2008/08/23 20:29 Category:ニュース
TB(0) | CM(0)

六輔河井寛次郎との散歩に供し、道具屋の前を通り掛かった時のこと。永氏はは店先に置かれた一つのかわいらしい蕎麦猪口に目を留めた
「いいね、君ならいくらで買う?」
聞かれた永氏は
一万円でも買いますね
と答えた。
「そうか、ならここで待っているから買ってきなさい」
言われるままに永青年は道具屋へ。主人に聞けばたったの五百円だそうで、永氏は喜んで買った
「買ってきました先生」
「ほう、いくらだったんだい?」
「五百円でした」
「あそう。まさか君は五百円で買ってきたのか?」
「ええ、五百円で」
「なぜ一万円で買って来なかった?」
「いやだって五百円…」
「そういうことを言ってるんじゃない。きみは一万円出しても買うと言った。ならその言葉に責任を持つべきだ。君を見損なった」
先生の機嫌を損ねてはたまらないと、永氏はもっと納得出来かねる顔をした道具屋に一万円を支払ってきた
「払ってきました」
「よかったよかった。買い物とはそういうものだ。いいなと思ったら、そのものに負けたということなんだ。負けたからには相手に礼を尽くさなきゃいけない。一万円で買うといったら一万円で買うのが礼儀だろう」
河井氏は上機嫌で歩き出し、お気に入りの蕎麦猪口を手にした永氏は対照的な顔でついていった


テイルズオブヴェスペリアのDLCが話題になっている。レベルアップやゲーム内通貨を、MSPで売り始めたのだ
主にPC向けのオンラインゲームでは、装備やアイテムといったものを、実社会通貨で売買するということは既に行われている
RMTと呼ばれるその仕組みは、アイテム課金とは違いプレイヤーの「仕事」を代行するもので、その登場当初から賛否両論に挟まれてきた
レベルアップや希少なアイテムを獲得する苦労も、ゲームの重要なエッセンスであり、それを金銭で買うという行為に、背徳感や嫌悪感を抱くのは尤もなことかも知れない
しかしプロデューサの樋口氏が語るように「面白いんだけど、時間がないからやめちゃいそうというお客様のお手伝いとなれば」という意見もまた納得できる

ゲームの中でレベルをあげたり、お金をかせぐのに必要とされる手間隙と、それにつけられた代金
それが「相応だ」と感じた人が購入すればいいだけの話なのかもしれない

ちなみに永氏は悔し紛れに
「じゃあもしこれが十万円と言われたらどうするんです?」
と聞いた。河合氏は事も無げに答えた
「そのときは毎日通って一万円まで値切りなさい。君がつけた値段なんだから」
ユーザー増えたらDLC値下げしますかね?MSさんw
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。