a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂のDeNA

2015/03/18 19:43 Category:ニュース
TB(0) | CM(-)

うとうこの日が来た。任天堂は17日、モバイルサービス大手のDeNAと業務、資本提携を発表。任天堂の持つIPを、モバイルでも展開していくことを宣言した。

 分進日歩のIT業界にあって、任天堂のモバイル事業への参入の遅さは「消極的」とさえ言われていた。
 だが鑑みれば、ファミコンをもってのTVゲームへの参入も、カートリッジを一社で製造し買い取らせるという独自のスタイルを模索し、勝算を持ってスタートさせたし、最近ではアイテム課金という時流に対し「だるめしスポーツ店」なるタイトルで、値下げをゲームに組み込むという独自のシステムを発明し、任天堂流の課金法を見せてくれた。
 任天堂はいつも、勝算を見極めるまでは動かない。時流に靡く風見鶏ではないのだ。

 今回の提携は、岩田社長の弁を取れば、任天堂のIPをより知ってもらい、ゲーム人口の拡大を目指すための戦略でもあるという。
 天下の任天堂が今更そこまでやることなかろう、と思うかもしれないが、ゲームにあまり明るくない人の中には、IPはもとよりハードウェアの知名度さえ危うい。「任天堂は今Wii出してるんだっけ?」という人もいる。間違ってはいないが違和感があるだろう。
 ゲーム、こと据え置き機は、極めて限定的な趣味になりつつある。価格、機能、ソフトの流行。あらゆる面でファミコンの頃の手軽さは程遠い。
 しかし、3DSタイトルがダブルミリオンさえ連発してしまうほど、ゲームに需要があることも事実である。任天堂はハード、ソフト、そしてサービスの三要素を、よりこの需要に訴えるべく、外部プラットフォーマーとの提携に踏み切った。

 何より記者会見で岩田社長が強調していたのが、モバイルとコンシューマーの棲み分けだった。それぞれは極めて親しいが同一ではないと語り、IPの消耗を避け、専用機向けタイトルをそのまま移植することはせず、対応させるIPも、例外は設けないが厳選すると明言した。
 そして、そうしたスマートデバイスと任天堂のゲーム専用機を囲むオンラインサービスの開発と、新ハード「NX(開発コード)」の誕生も明言。専用機市場への変わらぬ熱意を宣言した。

 ニュースを見ると、どこも任天堂が苦境の打開策として提携を決めたような論調が多いが、(前期より1割減とはいえ)5000億円の売り上げを出し、DS,3DS合わせて2億台のシェアを持つ企業に「苦境」の言葉が似合うかは疑問だし、もしそうであるなら、一層舵取りには慎重になるだろう。安易な叩き売りなど絶対にしないはずだ。

 任天堂初のスマートデバイス向けタイトルは、年内には姿を現すようだ。
 ハードのみならず、ソフトウェア供給者としても世界トップレベルである任天堂が、タッチ画面の携行デバイスから、億単位のユーザーに送り出す最初の一本は何か?指が鳴るではないか。
スポンサーサイト

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。