a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感・Watch Dogs

2014/07/06 09:41 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(-)

Br0kFzgCQAIyxD1.jpg
1984年。アメリカ最大のスポーツイベント『スーパーボウル』で、あるCMが放送された。
 同じ服を着て行進させられる群衆。プロパガンダのような映像を見させられる彼らの元に、突然美女が現れ、ガードマンの追跡を振り切ってモニターを破壊する。爆風に魂を抜かれたように見入る群集にナレーションが被る。
「1984年1月24日。アップルコンピュータはマッキントッシュを発表します。そして我々は、今年1984年が『1984』のようにならないことをお目にかけます」
名匠リドリー・スコットが監督した、アップルのCM『1984』である。
 ジョージ・オーウェルが1949年に発表し、全体主義社会の恐怖を描いたSF小説『1984』をベースに、ビジネスや管理目的のみならず、個を開放する機械としてのコンピュータの可能性を表現した名作CMだ。

 人を縛り管理するのも、自由に解き放つのもコンピュータは可能だろう。どう使うか、どう使わせないかという問題は、技術の進歩と共について回り続ける。

 ctOS。都市の電力、鉄道、信号、橋梁、通信、経済、防犯、あらゆる情報を一元管理する巨大オペレーティングシステム。
 エイデン・ピアーズ。優秀なエンジニアであり、天才的ハッカーであり、戦闘術にも長けたプロフェッショナル。
 ctOSに自在に介入できるほどの彼の人生が狂ったのは、その裏稼業での失敗からだった。報復に巻き込まれ、幼い姪を失い、いつしか復讐に身をおとす。
 だがその闇を追って行くうちに、ctOSとシカゴに隠された陰謀に迫ることになる。
 彼の武器は、ctOSに繋がれた全て。この街そのものである。

 ゲームの基本は、作りこまれた箱庭を舞台にしたミッション受注型のアクション。誤解を恐れずに言ってしまえば、箱庭ゲームの大御所『グランドセフトオート』に似ているが、決定的な違いはやはり、ハッキングの要素だろう。
 マップ上に散らばる拠点やミッションは、ctOSの基地局をハックすることで可視化でき、それにより街中にあるctOS管理下にあるものを操作できる。例えば信号機を全部青にし混乱させたり、鉄道を止めたり、停電を起こしたりも出来る。
 中でも最も多く使うのが、監視カメラのハッキングだろう。これはハックしたカメラから、そのカメラが見える範囲のデバイスを遠隔ハッキングできるという優れものなのだ。
 つまりハックしたカメラから、その映像に写っている別のPCやカメラを更にハックできる。この遠隔ハックがパズルチックで面白いのだ。
 またカーチェイスシーンでは、信号機を全部青にして交差点を混乱させたり、跳ね橋を上げて足止めしたりといった使い方も出来る。

 本作のもう一つの特徴が、シングルプレイと地続きになったマルチプレイだ。
 メニュー画面でシングルとマルチが分かれている訳ではなく、シングルプレイ中、常にオンラインの介入を受けることになる(無論オフにもできる)
 知らない間にハッキングを受け、その相手を撃退したり、ランダムに発生するレースや銃撃戦に参加したりもする。
 今まではマルチをやろうと決めて、モードを選んでやるゲームがほとんどだが、本作は降って来るマルチミッションに参加できるのだ。

 またゲーム中、プレイヤーにはモラルを計るパラメータが付与される。犯罪者の逮捕などに協力すれば上がり、街で通報される機会が減るなどのメリットがあるが、逆はもちろん不利になる。
 しかしクリアそのものに大きく関係するものではなく、プレイの幅広さをあらわすものと捉えるのがいいだろう。

 舞台の自由度と物語の自由度を謳ったゲームは過去にもあった。だが本作は更に、目に見えない情報の自由度を加味した。
 それは人や車の流れを大きく変え、都市を自分に有利な姿に変え、見えない場所まで見させてくれる。
 あらゆるデバイスとインフラがネットワークに繋がったことで、とうとう実現してしまった新世代アクション。
 シカゴをどう使うか、どう使わせないかは、あなた次第である。
スポンサーサイト

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。