a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評・白暮のクロニクル(1)

2014/01/31 13:17 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(-)

_1.jpg
SF、といえば、言わずもがなサイエンスフィクションの略である。が、あるいは漫画ファンにとっては、藤子・F・不二雄が語った「すこし・ふしぎ」の略というほうが、馴染みがあるだろうか。
 この「すこし」というのは、あとにかかるふしぎの「程度」を指しているように見るのが、自然な日本語解釈だろう。しかし氏の代表作「ドラえもん」を見ると、その解釈に些か疑問がある。
 ドラえもんのひみつ道具は、時を越え空間を無視し、空を容易く飛び回り二次元を実体化させる。今の技術を以ってしても到底成し得ない、とんでもないふしぎなものだらけだ。
 ではドラえもんは「すこし・ふしぎ」ではないのか?
 私は「すこし」とは、作中におけるふしぎの「量」ではないかと思うのだ。
 ドラえもんの舞台は、何の変哲もない現代日本の住宅地。もしあの世界からドラえもんがいないまま物語が進んだら、何の変哲もない日常が繰り返されるだけだろう。
 そこにドラえもんという「ふしぎ」が一つだけ投入される。のび太のトラブルを解決するために出されるひみつ道具と、その副作用に懲らしめられるのび太。たった一匹(?)のネコ型ロボットが、ある時は些細な事件を、ある時は大冒険を演出する。
 もしその舞台が、ドラえもんの持つ不思議以上の不思議で構成された世界では、ドラえもんは宝の持ち腐れになるだろう。SFにおいて「ふしぎは・すこしでいい」という教訓が見え隠れしているように思えるのだ。

 ゆうきまさみがいなかったら、今の私はいない。
 その理由と委細は本筋とは無関係なので割愛するが、私にとってゆうきまさみとはそういう漫画家である。
 私は氏を(ご本人は違和感を覚えられると思うが)SF漫画家だと思っている。
『究極超人あ~る』『機動警察パトレイバー』『パンゲアの娘KUNIE』『鉄腕バーディー』。私がパトレイバーの次に好きな『じゃじゃ馬グルーミン・UP!』では鳴りを潜めたものの、その作品群には、日常の水面に一滴の「ふしぎ」を落とし、その波紋をつらつらと描いたものが多い。
 バーディーでは、ふしぎの分量がかなり多くなっていたが、本作におけるふしぎは一点『オキナガ』の存在である。

 平成27年。厚生労働省から渋谷保健所へ新人研修に来ていた伏木あかりは、集団食中毒の発生源と目される店を調査中、その店主の惨殺死体を発見してしまう。
 警察が大挙する現場に、やや遅れて現れた厚労省参事の竹之内が、現場の刑事にぽつりと告げる。
「被害者は『オキナガ』です」
 伏木は事情が飲み込めぬまま、なぜか研修を中断させられ、厚労省夜間衛生管理課なるセクションへ配属された。
 伏木は配属初日、殺人図書館と呼ばれる私文庫で、少女のような顔立ちの少年に出会う。
 雪村魁。彼もまた『オキナガ』であった。
 だがその直後、雪村はそこを訪れた少女に斬殺される……。

 本書の帯文で作者自らが「新境地」と語るように、今までのゆうきまさみとは少し趣が違う。物語の主体はアクションでも競馬でもなく、ミステリーである。
 あまり書くと楽しみを奪ってしまいそうなのだが、謎の見せ方が実にさり気なくて面白い。
 オキナガという「殺し方に手順がいる種」と「なぜ一般的には知られていない殺し方を加害者が知っていたか」という謎。十二年周期で現れる「未年の殺人者」と、70年に渡る連続殺人同一犯説。そしてそれらを繋ぐ『オキナガ』とは何者か……。
 まだまだこれからの物語故、その行く先は見えないが、週刊連載らしい後の引き方が実に心地よい。
 新境地といえば、ヒロインが実にヒロインらしくないのも面白い。
 元よりショートヘアと眉毛に並々ならぬこだわりを持つ作者であり(私見)、今回もそのこだわりは遺憾なく発揮されている。が、いわゆる「コミック的な可愛い女子キャラ」とは違い、どこかにいそうな女性公務員として描かれ、お嬢さんというよりおっかさん的な気性もあり、色気は極めて抑えられ、しかしながら「かわいげ」はしかと持っている。
 男性青年誌の主人公として配するにあたっての配慮か、あるいは少女的でどこか子供っぽい雪村との対象を狙ってか、何にせよこれからが楽しみなヒロインだ。

 すこしだけふしぎな『オキナガ』と、すこしだけふしぎが存在する日常。
 ゆうきまさみらしい白の多い画面で描かれた、新たなクロニクル(年代記)を飾るに相応しい傑作SFミステリーが、始まっている。
 

 全くの余談だが、本作の主人公伏木(ふせぎ)は、女性ながら身長178センチという「でかいふしぎ」である。お後がよろしいようで。
スポンサーサイト

雑感・SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日

2014/01/26 19:06 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(-)

430844.jpg
価の難しいゲームだなぁ、というのが率直な感想である。

 ジャパニメーションを生んだ男、大友克洋はじめ4人の監督らが世界に挑むべく完成させた、短編アニメ集『SHORT PEACE』
 劇場公開から半年、その「5番目の作品」と銘打ってリリースされたのは、須田剛一率いるグラスホッパーマニファクチュアから生み出された、ゲームであった。

 月極蘭子。普段は至って普通の女子高生に過ぎない彼女は、日本の駐車場シェアNo.1を誇る月極駐車場の元締め、月極財閥の令嬢なのだ。
 昼は制服、夜は純白のドレスに身を包み、ヴァイオリン型の武器を奏でる暗殺者となる彼女の目的はひとつ。母親を殺した「あの男」を殺すこと。
 だがその目的は、とんでもねー連中によって阻まれようとしていた……?

 基本となるのは、横スクロールの疾走アクション。ワンウェイタイプで起伏は多くない。
 システムの肝となるのが、敵を倒した際に出るエフェクト。これが飛び道具として機能し、敵にヒットするとさらなるエフェクトが発生し、連鎖攻撃を発生させる。
 では敢えて突っ立ったままで、敵が集まるのを待てばいいかといえばさにあらず。後方から追いかけてくる回避不能の敵に食われてゲームオーバーとなってしまう。
 途中シューティングステージに変わったり、なぜかドット絵のプロレスゲームになったりもするが、大部分を占めるのはこのアクションである。

 さてここで、このゲームを楽しみにされている諸兄に、誤解を恐れず言っておきたいことがある。本作はゲームとして、相当薄い作りをしている。
 もとい。据置き機向けのアクションゲームとしては、と言い換えておく。
 操作方法、ステージデザイン、攻撃手段、ステージ数、プレイ時間、おまけ要素、それらが醸し出す全体のボリューム。どれにおいても、PS3向けのパッケージタイトルとしては薄いと言わざるを得ない。
 しかし本作が駄作かと問われれば、そうとは言えない。冒頭に評価が難しいと断りを入れた理由はそこだ。本作を「何として」評価するかなのだ。

 このゲーム、ブルーレイディスク1枚の構成であるが、ゲームのほかに、映画「SHORT PEACE」の本編映像が収録されている。現在ゲーム単体での販売はされていない。何故か?
 推察は容易である。このゲームがあくまで短編集『SHORT PEACE』の中の一本であるというメッセージなのだ。
 そうして見ると、プレイ時間の短さは短編とするに丁度よく、敵を倒した際に散るエフェクトのデザインや、幕間に挟まるデモシーンの演出センスなどは、娯楽作、映像作としての完成を意識したものだと感じることが出来る。
 そう、これは『SHOAT PEACE』の五番目の作品なのだ。

 と、素直に満足できない人もきっといるだろう。ゲームはゲームとして満足させよ、という人もいるに違いない。事実私自身、エンディングがはじまった瞬間、頭上にどでかい?マークが浮かんだことを白状する。
 故に繰り返すが、評価が難しいのだ。単体のゲームとしては、アーケードゲームや配信専用タイトル並みに(あるいはもっと?)軽量であるが、短編集の1本としては、主張が過ぎず丁度いい一本なのだ。

 PS3でのみ体感できる、五本目のショートピース。私はあくまで能動的短編映像作品として評価を下させて頂く。
 快作(怪作?)である。

雑感・The Room

2014/01/07 23:59 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(-)

IMG_0711.png
回はタブレット向けのゲームをご紹介する。
「部屋」というタイトルが意味するように、いわゆる脱出ゲームである。いや、正確にいえば箱開けゲームとでも言うべきか。部屋にある箱を開けるゲームである。
 箱と言っても、当然鍵穴や取っ手がついた、素直な箱ではない。一見すると何もない面にスイッチが隠されていたり、思わぬ場所が開いたりする。そんなポイントも、ある手順を踏まなければ微動だにしない。
 寄木細工で作られた秘密箱をご存知だろうか?模様に紛れた部分がスライドして、それによりもう一方が動くようになり……といった手順を踏み、閉ざされた箱を開くものだ。
 本作はそれをiPadのタップやスワイプを使ってやっていくのだが、この独特の手応えと絵使いがたまらない。
 まるで実物を基にしたかのように、細部までデザインされたボックス。気付いた瞬間思わず笑って悔しがってしまうような、絶妙なギミック。そして現実にはあり得ない機構や構造も、精緻なCGで滑らかに描かれると、妙な説得力を持ってしまう。
 四方八方から箱を眺め、手垢が付くほど弄り倒し、か細い隙間から次の手掛かりを穿り出す快感は、なかなかどうしてクセになる。

 そして続編『The Room Two』は、その名の通り部屋の中の仕掛けと謎を解き明かしていく、正統派脱出ゲーム。タッチ&スワイプの操作はそのままに、謎の解き方はかなり趣を異にしている。
 あちらの仕掛けを解いてこちらの仕掛けを動かしたり、部屋中を歩き回って謎を解くヒントを探したり、かといって昨今の脱出ゲームに多い、突然アクションゲームが始まったりすることはなく、脱出ゲームらしい脱出ゲームがやりたいという方には、特にお勧めである。

 ここで一点忠告をさせて頂く。本作は海外版であり、日本語表記はされいていない。チュートリアルからゲーム内のヒントまで、すべて外国語表記(何ヶ国語かに切り替え可能)なのだ。
 ちなみに私の英語力は高卒手前程度。『The Room』では、文字がヒントになる部分は少なく、物語の背景となる手紙と、ヘルプ機能が読めないのが弱冠しんどかった。
『The Room Two』では、文字がかなり謎解きにかかわってくる。とはいえ文法まで踏み込んだ解き方は必要ないので、初歩的な英単語が読めれば問題はないと思われる。
 しかしゲームの裏側に隠された物語に触れられなかったのが、至極残念である。是非日本語版を出して欲しい。

 値段もボリュームも手頃でありながら、思わず一気にクリアしたくなる魅力を持った、タブレットらしいゲーム。是非一度、足を踏み入れてみては如何だろうか。

Xbox忘年会2013に行ってきた

2014/01/07 23:57 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(-)

IMGP1235.jpg
12月29日。東京新宿で行われた『Xbox忘年会』に行ってきた。
 Xboxユーザーの主催で行われるこのイベントも、今年で五年目となるらしい。
 地方からも熱心なファンが集まり、毎年妙な盛り上がりを見せるという忘年会。会場に設置されるゲームやモニタは、すべて有志による持ち寄りで、XboxOneも数台設置されていた。

 開会早々、参加者の度肝を抜くサプライズが待っていた。なんとMr.Xboxこと泉水敬氏が登場したのである。当然誰も知らされていなかったあまりの出来事に、参加者全員が正座で挨拶を拝聴するという椿事まで飛び出した。
 のっけからこんなに飛ばしてたら、後半ダレやしないかと心配したが、プレゼント抽選会のメイン景品に、なんとなんとXboxOneが用意されていると知らされ、会場のテンションは無事キープされた。
 会場は披露宴などにも利用されるスペースで、120名あまりの参加者がゆったり過ごせる。途中エアガンを構えたテロリストが乱入し、XboxOneと泉水氏を掻っ攫い、SWATに制圧されるという寸劇を、のびのび演じられる空間である。
 さてお楽しみの抽選会。景品もほとんどが参加者の持ち寄りというアットホームな雰囲気の中、異彩を放つXboxOneに否応なく注目が集まる。
 次第によってはXboxOneの争奪戦が起きかねない熱気の中、見事かわいらしい女子がこれを射止め、一変よかったねぇムードの中、会はお開きとなった。

 私自身は二度目の参加となるのだが、毎度個人開催と思えぬ規模に驚かされる。否、熱意というべきか。
 幹事自身は艦これに髄まで浸かっており、景品にXboxと無関係なアニメグッズやPS3のソフトが混ざるような、ざっくばらんなイベントではあるのだが、企業主体のイベントにはないそうした空気もまた、Xboxユーザーの横のつながりを象徴している気がしてならない。
 思えばこうした学園祭的なノリは、Xboxの歴史の中では珍しくないものだった。突撃隊と題されたイベントバックアップをはじめ、ゲームのイベントにおける発表者と聴取者の敷居をなくしていった一因は、外資系のノリを持ったMSならではであったと思う。
 また堅苦しい話になったが、この横のつながりこそが、Xboxの強みである事を再確認したイベントだった。MSもそれをもう一度確認して欲しいし、来年もまたこのイベントを催して欲しいと、切に願ってやまない。

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。