a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感・PlayStation Vita TV

2013/11/20 20:17 Category:技術、ハード
TB(0) | CM(-)

いゲーム機の歴史の中で、こういった試みは初めてかもしれない。11月14日、プレイステーションファミリー最小のマシン『Play Station VitaTV』がリリースされた。
 お恥かしい話ではあるが、私自身PSVitaを発売日に先頭に並んで購入したが、最近は持ち出す機会も減ってしまっていた所である。携帯機をTV画面で遊ぶという、今まで周辺機器を買い足すことで実現することはあっても、その前提で設計されたハードはなかったと思う。甚く興味を覚えた私は、その価格の安さも手伝って購入することにした。

 まず驚くのは、その小ささと軽さだ。徳用ティーバッグのような梱包を開けた瞬間、てっきり縦に入っていると思っていた本体が、蓋の真下に平らに入っていた。しかも面積の半分強しか専有していない。なかなか驚かせてくれる梱包演出ではないか。
 本体サイズは公称で、幅65mm、長さ105mm、厚さ13.6mm。縦横はVita専用ソフトのケースより小さいのだ。重さも110gと極めて軽い。
 ハードウェアとしてのPSVitaとの違いは、画面やコントローラ、スピーカーといったインターフェイスを完全にカット。内臓バッテリも搭載せず(なのでアダプタを抜くたびに時計の設定が必要)、据置き機として再設計されている。Vitaになかった部分で言えば、HDMI、USB、そしてLAN端子がそれぞれついている。
 カードスロットは、もちろんVita用ソフトのスロットと、Vita用メモリーカードスロット。本体に1GBのメモリを内蔵しているので、セーブデータ程度ならメモリが無くても不自由は無いが、映像コンテンツを記録したり、Vitaとセーブデータを共有したい場合は重宝する。
 電源スイッチは本体背面(端子類があつまっている側)に、ボタン式のものがついている。コントローラは別売りのデュアルショック3を使う。
2013-11-15-194937.jpg
 システム面でも変化は多い。メニュー画面に電源ボタンがついていたり、ネットワーク設定に有線接続の項目が付いたり、写真メニューにカメラの項目が無かったりもする。
 また映像出力の範囲と画質も変えられ、初期設定では720pになっているが、480pと1080iに変更できる。ゲーム自体はVitaの画質(960*544)に合わせているので、極端に絵が良くなるということはないが、様々な出力機器に合わせた設定ができるという事だろう。あるいはPS4のリモートプレイも可能になるらしいので、これにあわせての仕様かもしれない。
 肝心の使い心地だが、結論を言えばすこぶる良好である。
 本体と同じ日にリリースされた『ゴッドイーター2』を購入し遊んでいるのだが、画質の面ではTVサイズに広げても何らストレスは無い。
 が、Vitaの画面は人間の視野角に納まる大きさであるため、メッセージウィンドウやHUDなどの情報も一目で視界の中に入るが、大画面のTVで遊ぶと、若干視線を動かす必要が出てくる。
 もしプレイしていて違和感を感じたら、画面から離れるか、設定項目で映像出力範囲を狭めてみることをお勧めする。

 疑問に思っている方も多いと思う、Vitaの特徴とも言えるタッチスクリーンと背面タッチパネルだが、実は対応している。デュアルショック3のR3L3(スティック押し込み)がこれにあたり、L3を押すと画面を、R3を押すと背面をタッチするポインタが画面に表示され、各スティックでこれを操作できる。
 が、これはあくまで補助的な要素と捉えたほうが良い。察しの良い読者ならおわかりとは思うが、実際画面をタッチするのと、ポインタを使ってクリックするのでは勝手が違う。なので画面タッチを主体として設計されているゲームの多くは、あえてVitaTVに非対応になっている場合が多い。
 その他にも、VitaTVでは遊べないVitaタイトルがあるので、このゲームをTVで遊びたい!という目的で購入される方は、購入前に対応タイトルを調べておいた方がいい。
2013-11-20-195200.jpg
 先日、何度かこのブログでも紹介している『代々木ゲームルーム』にVitaTVを持参し、プロジェクタに繋いで、何人かの参加者が持参したVitaと『ゴッドイーター2』のアドホックプレイを遊んでみた。
 大画面を皆で見ながら、手元のVitaで遊ぶというスタイルは、新鮮で面白い。観客がいるイベントのようなシーンだと、きっと盛り上がるだろう。
 ふと気付いたのだが、このシチュエーションはWiiUにも似ている気がした。共有画面と個別画面というシステムを使って、VitaTVならではのゲームは作れないだろうか?期待したい。

 まとめると、当たり前なのだが、これはPSVitaなのだ。屋外等で遊べないかわりに価格をぐっと抑え、スカパー!やDMMといった動画サービスやnasneと連携することで、リビングツールとしての機能を強化させたものなのだ。
 Vitaで満足している人には無用かも知れないが、Vitaのゲームをしたいが本体価格がネックになっている人や、ゲームを持ち出す機会は余りないなという方。家族用に手頃な二台目の購入を考えている方などには、良い選択肢に違いない。
 PS3もVitaも持っていないという方には、デュアルショック3と8GBメモリーカード、それにオンラインサービス『PSplus』の三ヶ月利用権がセットになった、バリューパックをお勧めする。
 PSplus会員専用の無料配信タイトルも充実しており、手軽に暇つぶししたいという人には大変重宝する。またVitaを持っている人には、メモリーカードの差し替えなしでセーブデータを共有できる、クラウドサービスが大変便利である。

 一万円を切る価格でVitaが遊べ、配信サービスにも対応し、ライトユーザーへのアピールも現行Vitaユーザーへの訴求力も兼ね備えた、小さな高機能マシン。
 ボーナスの使い道の一つとして、検討する価値は十分ある。
スポンサーサイト

CEROって何じゃろ?

2013/11/06 20:18 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(-)

定非営利活動法人コンピュータエンターテイメントレーティング機構。ゲームファンなら一度は耳にするであろう、CEROである。
 国内における家庭用TVゲームソフトを審査し、その作品に適った対象年齢を指定する団体というのが、およその我々の認識だと思う。
 今や珍しくなくなった、海外タイトルの国内移植作等では、海外版との差異が話題になることも多く、その都度ネットにはCEROに対する怨嗟の言葉が列を成すのが、最近のお約束であるようだ。
 しかしよく考えてみれば、CEROが審査したという話は聞くものの、規制したという話は聞かない。では一体、何が海外版と国内版の差異を生み、それにより何が守られているのだろうか?


 まずCEROについて、もう少し詳しく解説しよう。
 特定非営利活動法人、いわゆるNPOは「特定の公益的・非営利活動を行うこと」を目的とする法人であり、その運営によって得た利益を、構成員に分配するのではなく、主たる活動に充てることを意味する。
 字面からつい、収益をあげてはいけないボランティアのようなイメージを受けがちだが、収益を上げることに制限は無い。
 ちなみにCEROは会員の入会金及び会費、そして会員企業がソフトの審査を申請する際の審査料を主な収入源としている。

 CEROの主たる目的は
『ゲームソフトの年齢別レーティング及びその他の方策を実施することにより、一般市民やユーザーに対しゲームソフトの選択に必要な情報を提供し、青少年の健全な育成を計り且つ社会の倫理水準を適正に維持すること』 (定款第3条抜粋)
 つまりゲームの対象年齢情報を消費者に明示し、みんなでしあわせになろうよということだ。
 ではCEROは、何を見てどんな判断を下すのか?

CERO倫理規定はこちら

 倫理規定を見てみると、審査対象となる表現は大きく分けて、性、暴力、反社会的行為、言語思想関連の4種。さらにそれぞれが、いくつかの小項目に分けられている。
 無論これに引っかかれば、自動的に判定が下るというものではない。その「度合い」という点もチェックされる。
『「直接的」であるか、「間接的」であるか。「肯定的」であるか、「否定的」であるか。「必然的」「自然的」であるか、否か。テーマとの関連で「主題的」か、「背景的」か。一般人の観点からみて不合理に嫌悪感を与えないか、反社会的ではないか、扇情的ではないか等が考慮される』(同倫理規定より抜粋)
 これ以外にも、そもそも国内のソフトでやってはいけないとされる『禁止表現』もある。一部抜粋すると『性器及び局部(恥毛を含む)表現/極端に残虐な印象を与える身体分離・欠損表現/人身売買等を推奨している表現/実在する人物・国・国旗・人種・民族・宗教・思想・政治団体を敵視または蔑視する表現で、なおかつ一方的に非難・中傷する表現』などがある。
 CEROではこれを元にチェックリストを別途作成し、メーカーから送られるゲームのまとめ映像を、年齢や性別の異なる三人の審査員がチェックする。
 よく誤解されるのが、審査員の個人観念で「この表現はけしからん」といってチェックされるわけではなく、予め用意された上記のような基準に照らし合わせて「これはここに該当しますね」というチェックをするのである。
 そうして上げられたチェック結果を見たCERO事務局が、各項目で最も高いレーティングを採用する。というのがCEROの審査方法だ。
 中でも禁止表現に抵触すると、CEROからレーティングが付与されなくなる。そうすると、CEROの審査を販売認可の基準としている、国内プラットフォーマからその認可が下りず、国内では販売できなくなるというわけだ。
 これに加えて、プラットフォームによっては独自の基準を策定してチェックしたり、他機種で販売した同タイトルより、レーティングを下げたものを発売する場合もある。

 以上が、CEROの公式HPなどからまとめられる、CEROの活動内容である。ここからは、それらを基にした推察が些か混じることを留意されたい。


 CERO自体はソフトウェアの「審査」をする機関であり、メーカーに対し内容の改変命令や、販売禁止措置を行うなどの権限は無い。
 だが、CEROのレーティングを付与されることを、対応ソフトウェアの認可条件の一つにするプラットフォーマは確かに存在し、2005年の神奈川県での『グランドセフトオート3』の有害図書指定を皮切りに広まった、全国での区分陳列や18歳未満への販売禁止措置等、レーティングを取り巻く環境を鑑みれば、例え「事実上」という冠詞がつくものの、CEROが国内ゲーム流通の要の一つに数えられるのは当然であり、その影響力が過大評価されても致し方あるまい。
 事実、過去には審査用に提出された資料に不備があったため、一度与えられたレーティングが撤回され、メーカー判断で出荷停止になったタイトルもある。
 では、一部熱心なゲームファンが言うように、CEROが日本のゲームの表現を締め上げているのだろうか?

 平成17年10月から、東京都とCESA(コンピュータエンターテイメント協会)をはじめ、ゲームメーカーや大手販売店の代表が集って行われた『テレビゲームと子供に関する協議会』の合意文書がある。

合意文書本文はこちら

 要約すると
>CEROは新しい区分(現Z区分)を設ける。
>CESAはZ指定ソフトを、18歳未満販売禁止として扱い、販売店に対し区分陳列や年齢確認、青少年への販売禁止の徹底を要請する。
>メーカーはZ指定をソフトに表示する。
>販売店はZ指定ソフトの区分陳列や購入者の年齢確認を行い、青少年へ販売しない。
 という点が確認され、CEROのみならず各方面が、健全化への努力をすることで合意している。
 上記からも分かる通り、CEROには規制及び販売制限の決定権は与えられていない。そして同意事項の何処を見ても、CEROの審査規定そのものに対する改正要求はされていない。つまりCEROの機能は適当(本来の意味で)であると認められているのだ。

 ではCEROの審査、ことZ指定に対するゲーム業界への影響は、いかほどのものだろう?
 2013年9月1日現在。CEROのHPにある審査済みタイトルを検索してみる。
 なお、付与されるレーティング制度が改変されたものに関しては、該当する年齢層をまとめて算出している。またそれに際し、旧18歳以上指定のタイトルは、改変後D指定とZ指定を再配分されているので、そちらの数に入っている。
 結果、それぞれの年齢区分のタイトル数は、以下のような比率になった。

グラフ
※クリックして拡大

 決してZ指定のゲームが多いと思っていたわけではないが、こうして比較するとその少なさに驚く。全年齢タイトルの30分の1だ。
 にもかかわらずZ指定タイトルの話題がこれほど多いのは、それだけユーザーの多くが、Z指定タイトルに注目しているということだ。
 ここから各レーティングごとの販売数の比率を割り出す事は難しいが、市場全体におけるZ指定タイトルの比率と、実際の影響力とは相当な開きがあるということを頭に置いて頂きたい。

 まとめると、CEROがあるから国内版の表現が変わる、というのは若干語弊があるように思う。CEROのレーティングでZ指定をされると、CESA及び販売店により陳列場所と購入者に対する制約が課され、売り上げに影響があるため、これを回避するため表現を抑えたソフトが発売される場合がある。というのが、およそ理に適った解釈ではないだろうか?


 CEROの専務である渡邊和也氏は以前
「我々が折角Z区分があるんだから、もっと表現の天井を上げていいんじゃない?としても、メーカーさんがこれくらいにしておこうというケースが多いですね」
 と語っていた。
 ではメーカーが及び腰なのが悪いのかといえば、プラットフォームごとの独自規定や、販路の制約を回避したいなどの事情もあり、一概にそうだとは言えない思う。
 それに、CEROのような機構があるからこそ、プラットフォームごとに異なる規定が設けられたり、それによる『規制下げ合戦』などが起こらずに済んでいる。
 マルチタイトルが当たり前になりつつある昨今。もしプラットフォーマごとにちぐはぐな基準で審査されたら、それに合わせようと開発者もコストが嵩んでしまい、結局一機種のみでの発売を余儀なくされる、なんでいう事態になりかねない。
 また、自治体が条例を制定する際の基準に採用され、地域ごとの基準のばらつきをなくし、実態に適した条例の制定につながっていることも事実である。何よりそうした、実体としての業界努力が示せていなければ、ゲームに向けられる世間の指弾はもっと苛烈になっていたかもしれない。そう思うとぞっとする。

 海外オリジナルの表現が刺激的であればあるほど、国内版との差異にがっかりすることもある。国内で海外版を買えても、言葉の壁に四苦八苦することもざらである。
 だがここまで読んでいただければ、CEROの門扉は皆さんが想像しているより、かなり広いことがご理解いただけたであろう。同時に何が海外版と国内版の差異を生み、それにより何が守られているのかということも、お察し頂けたと思う。
 オリジナルに近いものを遊びたいと願うのは、ファンとして当然のことだろう。それができないことに不平を漏らすのは容易だが、それを変える事は本当に出来ないのだろうか?
 ファミコン誕生から三十年。ゲームの消費者層は、保護者あるいは有権者と呼ばれる世代に移っている。ゲームの表現を守れるのは誰か。そのために働きかけるべきは何処か。不平を言う前に、そろそろ真剣に考えるべきなのかもしれない。

雑感・Grand Theft Auto V

2013/11/06 20:12 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(-)

GTA-V-Cost-265-Million-Dollars-205-Million-Euro-to-Create-Report-381601-2.jpg
NHKの朝ドラ『すずらん』の脚本を手がけた清水有生の言葉が、その舞台になった北海道恵比島駅近くの跡地に飾られているという。
『小な駅にも大きなドラマがある。名も無き市井の人にも語り尽くせぬ人生がある』
 この世界にNPCはいない。皆それぞれが主人公であるはずだ。しかし人は一度に一つの視点でしか物語を見ることが出来ない。今出会ったあの人、あの有名人のくらしを、一度真似てみたいものだ。誰しも一度は思ったことがあるだろう。

 ロックスターゲームスの代名詞とも言える看板タイトルにして、オープンワールドの王というべきビッグタイトル第5弾。同社最大級のマップと精緻に組み上げられたシステムが、酔い痴れそうな仮想世界を描き出す。その上で描かれるのは、名も無き悪党の語るのも憚られるドラマである。


 とある豪邸に住む男。かつては名うての銀行強盗であったが、ある事件をきっかけに「戸籍上」死亡し。その後何不自由ない暮らしを与えられている。
 今の彼に不満があるとすれば、冷え切った家族仲と、吐き気がするほど退屈な日々だった。
 とあるスラムに住む黒人青年。違法スレスレ(?)の自動車販売業の片棒を担ぎ、日銭を稼ぐだけの日々。
 今の彼に望みがあるとすれば、今よりましな稼ぎができる、でかい仕事に関わることだった。
 とあるトレーラーハウスに住む中年男。武器麻薬の流通を仕切るべく、傍若無人な版図拡大に邁進する。
 今の彼に気がかりがあるとすれば、死んだと思っていたかつての強盗仲間に似た男が、ごく最近宝石強盗を働いていたことだった。
 海と砂漠、豪邸とスラム、都市と自然。アメリカを凝縮したような街ロスサントスで、裏社会を凝縮したような男達が出会ってしまう。やがて彼らは語りだす。退屈も貧窮もぶち壊してくれる、Big One(大仕事)の夢を……。


 基本はシリーズ同様、制限の無い箱庭の中を自由に歩き回り、点在するミッションをこなしていくことを主とする。当然これは強制ではなく、どこへ行き何をするのも原則自由である。
 だがこのゲームには、実社会同様の「システム」が内包されており、およその物事には金がかかる。それを効率よく稼ぐには、ミッションをこなすのが最適であるようだ。
 今回の目玉として挙げるべきは、やはりプレイアブルキャラが三人になったことだろう。例えば前作のGTA4では、ニコ・ベリックという一人のキャラを終始操作していくスタイルであったが、今回はタイプの異なる三人の主人公をスイッチ(切り替え)することができる。これはフリープレイ中はいつでもできるが、ミッション中は決められたときのみ可能になる。
 例えば強盗ミッションで、巨大な荷を盗み出す間は地上にいるキャラを操作し、脱出する段になったらヘリを操縦する別キャラにスイッチして操作する、というわけだ。
 このスイッチシステムが、ゲームのテンポを実に軽快にしてくれている。また並走する三人の物語を体験することで、ただ一人の視点から見るより、一層深く物語に浸かることができる。小説や映画では当たり前である視点変更が、このゲームではよりスムーズかつ効果的に行えるのだ。
 またストーリーの要となる強盗ミッションの中には、二種類の作戦の中から選べるものがあり、選択した作戦によってそれに至る「準備ミッション」も変わる。参加させる仲間には熟練度が存在し、腕のいい人物は当然ギャラも高い。抱えた仲間により作戦の展開が大幅に変化するのだ。一度クリアしてもまたプレイしたくなるだろう。

 ミッションのほかにも、このゲームで出来る事は数え切れないほど多い。店舗を購入することで、定期的な収入を得ることが出来たり、株を購入して利益を上げることもできる。株の中にはプレイヤーの行動やミッションによって上下するものもあり……と、ここまでにしておこう。
 また本編の進行に必要なメインミッションのほか、いかにも怪しい人物から受けるサブミッションも豊富。突発的に起こる引ったくりなどのハプニングもあり、正に街の中にいる感覚。
 海に囲まれた街らしく、潜水艇やダイビングスーツで海中も移動可能になっている。

 おまけ的な要素ではあるが、AndroidやiOS対応機器に専用アプリをダウンロードすることで、ゲーム中に登場する犬を躾けたり、車を改造しナンバープレートを好きな文字に変えたり、ライフインベーダー(ゲーム中に登場するSNSのようなもの)で好きな企業ページをストークすると、ゲーム内で使えるクーポンがもらえる。
 これにはロックスターゲームスソーシャルクラブに加入し、自身のアカウントをゲーマーアカウントにリンクさせる必要があるのでご留意を。

 これだけ書いても、このゲームの要素と魅力を半分も書き表せなかっただろう。精細さを増したグラフィック、前作とのリンク、車のカスタマイズ、トレバーの群を抜く●●●さなど、魅力的(?)な部分はまだまだ隠されている。
 オープンワールドゲームの楽しみ方の一つは、そうして作りこまれた世界に、ぽんと一人立たされた感覚を味わうことかも知れない。その世界で何を楽しいと感じるかは、プレイヤー次第なのだ。
 このゲームには、うんざりするほどのドラマが詰まっている。

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。