a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感・早野龍五さんが照らしてくれた地図

2013/06/25 22:06 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

※今回の記事はゲームとは何も関係ありませんので悪しからず。

早野龍五
のアイコンに見覚えのある方は多いのではないだろうか?東京大学大学院教授などを務める原子物理学者、早野龍五氏である。
 あの震災直後発生した、福島第一原発の事故。日本人が不安の夜を過ごす中、twitterに流れてきた主観を排した実直なツイートの数々を、ご記憶の方も多いと思う。
 早野氏とコピーライターの糸井重里氏との対談が、糸井氏が主宰する『ほぼ日刊イトイ新聞』に連載されたのだが、これが実に面白いので紹介させていただきたい。

 早野氏の略歴と研究内容については割愛させていただく。その名はWikipediaに載るほどの人物であるし、原子物理学だのエキゾチック原子だの言われても、高卒の筆者には何のこっちゃぃである。
 対談の鍵となるのは、氏の専門が放射能等の事柄とはやや異なる分野であり、我々が学者という言葉から想像する、机と書物に身を固めて論文を書くというより、作業着とヘルメットを身につけて、生きた数字を拾い集める『実験屋』と称される人であるということだ。

 震災から二日後、福島第一原発付近の放射線量のデータが、文字が潰れたコピーのような状態でWebにアップされた。早野氏はこれを見て、即座にグラフに書き換えtwitterに添付した。
 誰かに頼まれたわけではない、数字を見るとまとめたくなる、実験屋の習性のようなものだったと氏は語るが、これが瞬く間に広まっていく。それまで3000人ほどだったという氏のフォロワーは、15万人にまで増えたそう。
 それから氏は、幾度となく発表されるデータを次々と我々に見えやすく翻意し、志を同じくする学者たちが集い始めた。もちろん現場にも幾度となく足を運び、ついには福島の今を正しく伝え残すため、正月休みを返上して専門外の論文まで書いてしまう。何というバイタリティ。

 今改めて振り返ると、連載の表題『早野龍五さんが照らしてくれた地図』という言葉の凄さを思い知る。(糸井氏の命名だろうか。さすがである)
 早野氏がしてきたことは、ただ「照らす」ことだけなのだ。それも「道」ではなく「地図」を。
 ここでライターが色気を出して『照らしてくれた道』と書けば、氏の功績は際立つかも知れないが、氏が最も避けていたであろう事をさせていたことにしてしまう。それは「こうすべきああしなさい」と、人に押し付けることだ。
 氏は実験屋である。データを拾いグラフにしただけ。そこに起きていることをただ、我々にも見えやすい形にしただけなのだ。
 道は行き先を制限するが、地図は行き先を人に委ねる。そして地図は人の思い通りに「描いて」はならない。故に早野氏は地図を「照らした」のだ。
 今猶早野氏には多くのフォロワーがつき、その言葉を求める人は後を絶たない。だが氏は決して指図をしないし、宣託を授けるような物言いもしない。難解なことばかりツイートせず、大好きな歌舞伎や写真や甘味のことも、同じくらい真剣につぶやく。故にデータや解説のツイートに、我々は本物の興味を抱けるのだ。

「知らざァ言って聞かせゃしょう」と大上段に構える風は微塵もなく、専門的な知識を要することもない。その時あったことを、また滔々と語った対談。
 震災と事故を振り返ると同時に、情報という物に対する付き合い方を考えるのに最適な一編。是非ご一読を。

ほぼ日の記事はこちら
スポンサーサイト

勝手にE3’13雑感・ソフト編

2013/06/20 19:31 Category:業界
TB(0) | CM(0)

くところによると、据置きハードのゲーム開発期間は、最低でも二年はかかるという。当然内容によっては、二倍三倍かかっても不思議ではない。
 とすれば、今現在我々ユーザーが目にしている『最新のゲーム』は、クリエータ達が何年も前から見ていた未来の姿に他ならない。分進日歩のIT界にあって、その先見性には畏敬の念を覚える。

 Ubiが恒例のE3直前発表会でオーラスに叩き込んできた『The DIVISION』は、トムクランシーのネームバリューやヴィジュアルの生々しさはもとより、TPSのオンラインRPGという斬新さと、寸前までスタッフにすら明かされなかったという秘匿性も手伝って、正に隠し球と呼ぶに相応しい衝撃を我々にもたらした。
 PVや既報を見るだけでは、まだシステムをきちんと知る事は出来ないが、売りのひとつにタブレット端末との連携があるらしい。それもXbox Smartglassのような副画面としてではなく、プレイヤーとしてゲームに介入するのだ。
 会場で行われたクローズドデモでは、タブレット端末でゲーム内のドローンと操縦していたと聞く。発表会でのデモプレイでも、ドローンが遮蔽物の裏に隠れた敵を上からマークし、下にいる味方のHUD(これからこの呼び名もARに変わって行ったりするんだろうか)に映し出された敵を撃つシーンがあった。
 複数の人間をサポートプレイヤーとして介入を容易にし、しかも画面を狭めたりすることがないこのスタイルは、もしかしたら結構凄いことなんじゃなかろうかと、画面に齧り付きながら考えた。
 思えばiPadが発売されたのが三年前。このソフトのスタッフが、タブレット端末が普及する今を見据えていたのだろうか。是非に聞いてみたいものである。

 国内タイトルも負けてはいない。Xboxの発表会でイの一番に登場したのが、メタルギア最新作『METAL GEAR SOLID V』であった。
 オープンワールド、リアルタイムな環境変化、魅力的な新キャラたちと、気温まで伝わってきそうな映像美。最先端を創り続ける小島秀夫の熱をそのまま焼き付けたようなPVに、呼吸も忘れるほど魅入った。
 監督はファミ通のインタビューで、次世代ソーシャルという言葉を口にした。タブレット端末を巻き込んだものになるようだ。
 MGS誕生から15年。さてこちらの見ている未来も大いに気になるところだ。

 TVゲーム黎明の頃から、その代表的ジャンルとして君臨し続けてきたレーシングゲーム。フリーマップ、オンラインCo-opというトレンドと交差し、未来のレーシングゲームが現れた。
『THE CREW』と題されたそのゲームは、速さを競い合うだけでなく、複数の仲間と一台の敵車両をハントするモードを搭載している。
 しかもミッション成功時に獲得するキャッシュのほか、経験値という概念も存在するRPGとしての要素。そして同時に多数のプレイヤーがひとつのマップを共有する、MMOの要素も持ち合わせている。
 リアリティの追及のみならず、仲間を見つけて共に戦う、MMORPGスタイルのレースゲーム。一体どのような手触りになるのだろうか。楽しみで仕方がない。

 数年後のトレンドを見極める人。何年後も変わらぬものを求める人。クリエータにも様々なスタイルがあるだろう。数年前に彼らが求めた「答え」を眺め、改めて敬意を表したい。
 そしてニューハードイヤーを迎え、益々加速するゲームの進化。彼らは今も、何年後か先のゲームを思い描いているのだ。このすばらしいゲームたちの先に、いつかさらに凄いゲームがうまれるのかと思うと、たまらないではないか。

勝手にE3’13雑感・ハード編

2013/06/15 20:52 Category:業界
TB(0) | CM(0)

Xbox360の誕生から8年、PS3の誕生から7年を数える、久々のニューハードイヤーである。
 シリコンチップから光学ディスク、パッドコントローラからモーションスキャンといった、目に見える技術転換は見当たらないが、サービスやパッケージの面で大きな転換期を迎えているようだ。

 XboxOneは、E3に先立って行われた発表会において、イの一番にTVサービスとの強い連携をアピールした。演算性能やインターフェイスといった、ハードウェアの面より先に、である。
 ソフト屋としてますはサービスを見せたいという思惑か、国土が広くケーブルテレビの普及率が高いアメリカ向けの発表であるが故の構成だろう。
 だがハードウェアの性能を重視していない、と受け取るのは性急だ。次世代機を名乗る以上、ある程度の進化はお約束なのだ。
 事実CPUは、いわゆるx86-64系を採用し、大容量のSRAMをGPUと共用することで処理性能を強化。8GBのRAMも搭載し、8年分の順当な進化を見せている。
 他にも、HDMIの「入出力」端子や、USB3.0など、拡張性も十分。リビングに「ひとつ」あれば全てが楽しめるという、MSの自信と狙いが透けて見える。
 一方のPS4は、ゲーム機の真髄はゲームにありと言わんばかりに、高精細なゲームデモを連発。CPUは同じくx86-64を装備し、メモリはXboxOneの倍の処理速度が出せるというGDDR5を採用。だがHDMIは出力のみで、モーションカメラは同梱しない。
 少し遡るが、PS4の最初の発表会で、アンリアルエンジンのデモを大々的に流していたのが印象深い。開発のしやすさが、シェア獲得の大きな鍵となっている昨今。こうしたミドルウェアのサポートの有無は、そのままコンシューマーのキャスティングボードを左右するほどになっているのかと感じさせる。
 その甲斐もあってか、メーカーから開発のしやすさを評価する声もちらほら聞こえる。今までは専用設計のCPUだったが、今回からはPCでも広く使われているx86系と呼ばれるタイプを採用したことも、開発環境の改善にも大きく寄与している、らしい。

 二十余年前、どのハードを買うかという選択は、どのゲームをやりたいかという選択と同義だった。あちらのハードで出た人気作が、こちらのハードで出る事はまず考えられなかったからだ。
 マルチタイトルもモーションインターフェイスも当たり前となった昨今、ハードウェアの選択は、何を見て決めるべきだろう?
 サービス、将来性、価格、etc...。360発売の頃から俄かに始まっていた、あなたがゲームに何を求めるのかが問われる時代が、いよいよ本格化する。そんなニューハードイヤーなのかも知れない。

翼をください

2013/06/05 21:09 Category:ニュース
TB(0) | CM(0)

和三十四年、本田技研が新工場の誘致先を探していたとき、候補に挙がった各地を、本田宗一郎一行が視察行脚した。
 候補に挙がった地は、どこも工場に適した好立地ばかりだった。だがほとんどの町の役人は、一行を迎えるや開口一番「本田様、夜席(宴会)を設けてございますのでどうぞ」と言ってきた。
 職人気質の宗一郎は「俺はそんなことの為に来たんじゃねーッ!」と怒る。ある時は同行の社員を置いて、一人で運転して帰ってしまったこともあった。
 そんな中、三重県のある町を訪れると、市長がまずおしぼりを差し出した。そして汗を拭った一行に出されたのは、冷えたビールでも麦茶でもなく、熱いお茶だった。
 夏の盛り。汗ばむ軽装の一行(宗一郎に至ってはアロハシャツだった)に熱いものとは滑稽に見えるだろうが、これが喉の渇きをぴたりと止めた。
 そして市長は早速一行を誘致候補地に連れ出し、15万坪の用地を一目で見渡せる小山の上で、作業服姿で明瞭簡潔に案内してみせた。
 その帰りの車中で宗一郎は、その町鈴鹿に工場の誘致を決定した。

 実績や優位性以上に大切なものがきっとある。
 清涼飲料メーカー『レッドブル』が主催するゲーム大会『Red Bull 5G』FPS部門の採用タイトルに、Xboxの旗艦タイトル最新作『HALO4』が選出された。
 日本を東西にわけ、5ジャンル5タイトルにおける「最強」を決するトーナメント。今年で二回目を迎え、昨年の採用タイトル『バトルフィールド3』に代わる大抜擢に、Xboxファンは沸いた。

 大抜擢という言葉は誇張ではあるまい。国内市場で単純比較しても、BF3は20万本(Xbox、PS3両版合わせて)、HALO4は4万本に届かない。
 競技人口の分母は、こうしたイベントにとってはアキレス腱ともいえるはずだ。それでも採用されたという事を、ファンは重く受け止めるべきではないだろうか。 
 十年Xboxを見てきて常々感じるのは、ファンの横のつながりの固さである。それは他ならぬ、ユーザーの「好き」によって支えられてきたものだ。
 イベントを成功させ、今回に限らず二回三回と採用されていくためには、その「好き」を立証していくより他ないのだ。
 練達である必要はない。求められるのは「好き」であるということ。そこに迷いがないのなら、すすんでこの祭りに参加するべきだ。

 日本のゲーミング界に翼を授けるため生まれた、RedBull5G。鈴鹿の荒野に翼(HONDAのシンボル)を授けた一杯のお茶同様、一本のレッドブルがXboxの躍進に繋がればと、願って止まない。

ゲームルーム1周年イベントに行ってきた

2013/06/05 21:08 Category:イベントレポート
TB(0) | CM(0)

GR1
きこそものの上手なれ。
 たまにこの言葉の意味を勘違いしている人を見受ける。好きな物事こそ上手でいたほうがいい。というのは誤りで、好きである事こそ、物事(修練)のいちばんの上手であるということだ。
 上手下手は、囲碁や将棋の良い一手悪い一手のことである。

 ひしひしとこの言葉の意味を感じる時がある。ことこういった人々と交わっていれば尚更だ。
 ゲームライター田下広夢氏が主宰する定期オフ会『ゲームルーム』が、現在の代々木に場所を移して一周年を迎え、記念イベントが催された。
ゲームルームについてはこちら
 といっても、いつものゲームルームと変わりなく、ゲームを持ち寄って好きに遊ぶ会なのだが、今回は参加者が自前で集められるだけハードを集めてしまおうという、ゲームの闇鍋のような企画が行われた。
 殊更打ち合わせのようなものはなく、とにかく持ってこられそうなハードを持ってくるというざっくばらんな企画であったため、集まったハードはうんざりするほど多岐に渡った。
 オーソドックスな3DSやゲームボーイmicroはもちろん、クラブニンテンドー限定モデルやソフトとのコラボモデル。大きいものはPSXやPC-FX(両方とも一人の方が持ってきましたw)。レアなものでは、ブロック崩しにP/ECEまで(知ってますコレ!?)、会場は博物館のような様相となった。
 私が持参した、世界で最初に売れたPSvitaも、参加者の食いつきが良かった。
 うちいくつかのハードで遊ぶことが出来たが、多くの参加者はいつも通りに、テーブルゲームやWiiUで遊んでいた。あくまで集めることが主題であったため、そこはこだわらない。ブロック崩しの端子が合わず遊べなかったことが悔やまれる。

 こうした企画があっさり進んでしまうことも、実は凄いことではなかろうかと思う。例えばあなたの家にある全てのゲームハードを、電車で持ってきてくれといわれたら、あなたはそれをやるだろうか?
 ゲームが好きな人ほど、恐らく所有するハードは多くなり、実行が難しいだろう。だがそれでもできるという人がいるとすれば、その原動力は何か?何て事はない、ゲームが好きか否かということだけだ。

 ゲームが好きなら、ただ珍しいハードをそこへ持って行き、好きな人同士で並べて眺めるという、傍から見れば一種奇異な会も成立させられる。好きに勝るものはない。
 この会はゲームが好きな人々に支えられ、一年も続いてきた。
 すべてはただゲームを遊ぶため。集まった人が楽しく遊べるようにするため。それだけのためにゲームルームは存在し、成長しているのだ。
 何せ二次会の際に「二次会の間はゲームで遊んじゃ駄目」なんてルールを設けないといけないくらいのゲーム好きが集まっている。改めて書くといい大人が何やってんだと突っ込みたくなるが、それくらい好きなのだ。

 興味を持たれた方は、ぜひ一度足を運んで欲しい。ゲームなんてDSくらいしか持ってないしとか、そんな上手くないしなどと言って二の足を踏んでいるあなた。杞憂である。
 こんな会の敷居が高いわけがない。参加者は皆ゲームが好きで、一緒に遊ぶ人は一人でも多いほうがいいと、常々待っているのだから。
 上手でなくても、好きにはなれる筈だ。

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。