a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I/O

2013/05/22 21:10 Category:技術、ハード
TB(0) | CM(0)

本時間5月22日深夜。マイクロソフトは新ハード『Xbox One』を発表した。
 本体デザインは直線主体となり、低価格PCにも似たシンプルな貌と、初代Xboxを髣髴とさせる、重厚な黒いカラーリングが特徴。そして基本セットにキネクトが同梱されたことも興味深い。
 しかし発表会で、本体に次いで発表されたのは、タイトルの話ではなく、TVとの密な連携であった。
 これは仕方がないとも言えよう。今回は北米でのアナウンスであり、国土の広い北米では地上波よりCSやCATVが主流。益々進む多チャンネル化と高画質化の流れの中、Xboxがリビングの王になるには、それらとの連携は外す事ができない。
 次いで音声操作の優位性を押し出すあたりも、リモコンやコントローラからの開放という、AV機器の夢を叶えましたというのだろう。
 ハードウェアスペックは、オクタ(8)コアCPUに8GBRAM(∞の文字が隠れている気がするのは気のせいか?)。500GBHDDにBlu-rayドライブ、HDMI入出力と、質実剛健なもの。
 お待ちかねの対応タイトルは、MSGSより先にEAがFIFA14を発表。ここは少し驚いたが、Only on Xboxと銘打っただけに、イの一番の発表は当然といったところか。
 次いでMSGSも、いきなり切り札のFORZA5を発表。しかもロンチタイトルになるという。
 個人的に注目したのが『ALAN WAKE』を放ったRemedy Entertainmentの新作『Qantum Break』だ。実写ドラマシーンとCGをシームレスに繋ぐという、ゲームがCDメディアになった頃多発したあの演出が、時を経てどう変わるのかが楽しみで仕方がない。是非担当社は死に物狂いでローカライズして頂きたい。

 さて、今こうして眠たい頭で発表会を振り返って思う事は、このハードウェアの魅力をどこまで日本で引っ張り出せるだろうかという事だ。
 8年という月日は、分進日歩のIT業界にあっては隔世というべきブランクである。故にMSはXbox Oneの性能を遺憾なく発揮できるよう、下位互換を絶った。
 超エコ志向と質素倹約を美徳とする今の日本にあって、過去のソフトが使えないというのは若干残念な部分もある。だがそれでも、Xbox Oneの底力を見れば釣りが来るという、自信の表れでもあると思う。
 しかし、依然地上波主流で、得体の知れぬカードを挟まねば見られない日本の島国TV市場で、その真価をどこまで発揮できるのだろうか?
 MSは『世界中に人々にライブ放送を提供すること』を目的と語っているが、今現在、日本でどこまで対応できるのかは不透明のままだ。
 無論これはゲーム機である。本分であるゲームの出来も注目すべきだろう。E3からTGSに続く‘13PR商戦後半戦と、国内発表に注目したい。
 
スポンサーサイト

雑感・バイオショック インフィニット

2013/05/04 14:24 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(0)

BIO
史以来、文化文明の発展と共に当然のように描かれてきた、それらによる不安と副作用を描いた作品群。
 兎角SFは、強い発展とその影の側面を主題にしてきた。そうでないと物語にならないと言われればそれまでだが、そうした作品もまたおよそ二つに分けられると思う。技術そのものが暴走するものと、人が技術を暴走させるものだ。
 このゲームはどちらだったろうか。クリアした今猶考えあぐねっている。

 時は産業革命華やかなりし1912年。
 数々の戦場で武勲を立てながら、今は探偵社に身を置き、酒とギャンブルで膨れ上がった借金に苛まれる男、ブッカー・デュイット。
 ある日彼は、奇妙な依頼を受ける。一人の少女を連れてくること。それだけで、借金を帳消しにできるという。
 目的地は合衆国が総力を挙げて建造した、天空に浮かぶ都市『コロンビア』
 預言者カムストックを崇め、地上をソドムと呼び、理想郷のように聳える街。
 だがブッカーは、カムストックを知るほどに違和感を募らせ、理想郷の綻びに気付く。
「こんな奴、あそこにはいなかった…」
 預言者とは何者か、なぜ少女は特別なのか、そして、ブッカー・デュイットは何者なのか…。

 基本システムは、右手に銃、左手に超能力を携えて突き進むFPS。大きく変わったといえば、舞台が閉塞的な海底都市から開放的な天空都市になったことで、より三次元的なアクションが求められるようになったことだろう。
 そして今回は、途中から同行者が現れるのも特徴だ。道中は大いに助けられることになる。

 しかし今回私が感じた最大の変化は、先述した舞台の変化と、いわゆる雰囲気の変化だ。
 生憎前作(2)は未プレイなのだが、バイオショックの世界は『闇』に彩られていたと思う。日の光も届かぬ海底という世界は勿論、登場する敵は人間の『闇』を尖らせたようなものばかりで、鬱屈とした空気が全編に漂っていた。
 だが今作は、太陽に一番近い風通しの良い世界での冒険になり、出てくる敵は(その行為の善悪はさておき)正気を保ったものばかり。
 では今作に闇はないのだろうか?いやある。産業革命という未曾有の発展の副作用。華やかな都市の裏に隠された、貧富の格差だ。
 委細を書くとネタバレになるので控えるが、今作はこの発展の副作用がひとつのテーマといえる。
 なので過去作にあった、正気と狂気の織り成すサイコホラー的な要素は鳴りを潜めている。この辺りが好きだったーという方は、些か残念かもしれない。
 代わって今回の主体は、産業革命のオーバーテクノロジー。いわゆるスチームパンクと呼ばれる手法だ。木と革と金属の織り成すどこか懐かしい空想世界を、とっぷりと堪能できるだろう。

 がらりとその手触りを変えた、人気シリーズ第三弾。J現実的古典SFの世界を縦横に飛び回るアクションFPS。
 このゲームが、あなたの冒険心を暴走させる!?

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。