a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼・森光子

2012/11/17 10:02 Category:日記、雑記
TB(0) | CM(0)

から十年ほど前だったか。舞台関係の仕事で有楽町の芸術座で仕事をしていたときである。
 舞台の上で脚立に登り作業をしていると、そうした場には珍しい女性の声が聞こえた。見ると、森光子さんが大道具の責任者に挨拶をしていた。
 小柄だがしゃんとした背筋。大きくないのに通って聞こえる声。ああ女優さんだなあと、いっちょまえに感心した。
 作業を終えよいしょと脚立を降りると、森さんが私のところへやって来た。そして立ち止まり、こちらに身体を向け、御髪がしかと見えるほど頭を下げ、
「おはようございます。よろしくお願い致します」
 と、TVで見た柔和な笑顔で挨拶してくださった。
 まさか当時二十数歳の若造に、日本女優の代名詞のような人が、そんな丁寧に挨拶しに来るなど思わず、私は心底驚いた。
 どう挨拶を返したかおぼえていないが、その時の森さんの顔は今でも覚えている。大女優のオーラとも、舞台芸術の化身とも違う、日本女性の理想がそこに佇んでいた。
 同時に私は、あぁ挨拶ってこんなに人を気持ちよくさせるのだなぁと、改めて感じ入った。
 訃報に接し、驚くよりも先ず「ああ」と声が漏れた。森光子さんが永眠された。

 森さんが30代の頃、大阪の劇場で名もない端役をやっていたときである。いつものように舞台に立っていると、上演途中だというのに入ってくる一人の客がいた。無論森さんは気付かぬまま芝居を続ける。
 と、男はすぐ席を立った。劇場を出る際、支配人に森さんの名前を聞き、連絡するよう願いいれたという。森光子が唯一人「先生」と呼んだ男。後に『放浪記』を生み出す菊田一夫との出会いは、わずか十分ほどのものだった。
「あいつより 上手いはずだが なぜ売れぬ」
 つぶやくような自作の川柳に、芝居への情熱と反骨を滾らせていたころ、その熱を受け取った男が彼女の運命を変えて見せた。

 その熱意ゆえ、15歳のデビュー当時から様々な病気と闘い続けても、一度も引退を口にすることはなかった。41歳で舞台初主演という遅咲きも、人生の山坂を体現する林芙美子の役柄にマッチしたのだろう。人生に無駄なことなどない。つくづく思う。
 その放浪記が2000回目の公演を迎えた日、舞台の上で森さんは言った。
「一生懸命、表現のもっと豊かな女優になりたいと思います」
 前人未到の大偉業も、80年近くに及ぶ女優人生も、ゴールだとは思わなかったのだろう。この若造の前で見せた美しいお辞儀に、まだ道半ばであるとの思いが垣間見えたのは、気のせいだろうか?

 たくさんの笑顔をTVで見られたことと、ほんの数秒出会えた幸せに感謝し、あの日見た笑顔に手を合わせ…否、真っ直ぐお辞儀を返してみる。
スポンサーサイト

雑感・HALO4

2012/11/14 00:27 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(0)

H4
前、たまたまTVで当代林家正蔵の落語『景清』を見た。
 盲目の男が旦那に勧められ、目の全快を願って百日間毎日神社へ御参りする。満願の百日目、今日こそ目が開くと楽しみにするが、全く目は開かない。
 落胆する男は思わず御神体に悪態をつくが、旦那に諌められ改心し、また願掛けに来ると誓う。
 するとその帰途、空が俄かに曇りだし一閃の雷が男の元に落ちた。気を取り戻すと男の目には、美しい月が見えていたという。
 この噺を、後日桂枝雀が話すのを聞いた。するとどうしたことか、大筋は同じもののかなり違う話であった。
 調べてみると、どうやらこの噺は上方落語発祥であるらしく、後に江戸落語に改編されたそう。落語にはこうした噺が多いらしい。
 落語と違いわかりにくい枕から始まってしまったが、このゲームはそういうことなのだろうと思うと合点が行く気がした。
 Xboxの旗艦『HALO』が帰ってきた。

 あの戦争から4年7ヶ月と10日。
 人類最強の戦士と謳われたマスターチーフは、漂流船と化した戦艦「フォワードオントゥドーン」内でコールドスリープについていた。
 彼を見守るAIコルタナは、その日異変を察知。チーフを目覚めさせる。
 激しい損傷を受けた艦内でチーフに襲い掛かってきたのは、終戦を迎えたはずのコヴナントたちであった。
 ずたずたになった艦の迎撃システムを復旧させるため、船外飛び出すチーフ。その眼前に現れたのは、HALOを生み出し、そして滅んだはずの種族、フォアランナーの惑星だった。
 長い安寧は終わり、マスターチーフの新たな戦いが始まろうとしていた…。

 今回は開発社が、前三部作を手がけたバンジーから、343インダストリーへと変わった。何人かのスタッフはそのままだが、ほとんどがHALOを遊んでいた世代だという。
 バンジー版から343版への改編というべきか。意欲的な変更と手を加えないところが随所に見られる。
 まずストーリー。人間、コヴナント、フラッドの三者の戦いを軸に描かれた前シリーズから四年後。フラッドに変わる新たな敵として、フォアランナーが生み出したリクレイマーが登場する。
 が、このリクレイマーたちは、早々とコヴナントと手を結ぶ。前作で見られたフラッドとコヴナントの潰し合いが見られないのは些か残念だ。
 FPSの普遍にして極致のシステムはかわらない。操作面で目立った変更点を挙げれば、両手持ちとライトがなく、デフォルトでダッシュと殴打をしゃがみが変わっているくらいだろうか。
 新武器の登場もシリーズの売りになっている。今回はリクレイマーの武器も登場するが、やはりおよその性能や特性は、人間もコヴナントも似せてあるようだ。
 また今回、大型の二足歩行ロボット『マンティス』が登場する。機動性に若干の難があるものの、魅力的な火力を持つ大型兵器である。マルチプレイでの使いどころが面白そうだ。

 そんな中でも、最も注目された変更点といえば、マスターチーフとコルタナの声優が変わったことだろう。発売前から賛否両論が乱れ飛び、中には反対署名を促すサイトまで登場する騒ぎとなった。
 私も大変気にはなっていた。だが結論から言ってしまえば、新しい声はキャンペーン開始10分で馴染んでしまった。
 コルタナはあまり変化が感じられないが、チーフは確かに変わった。端的に言えば、前シリーズに比べて感情が出やすい声になったように思える。かといってジャック某のような極端なものではなく、クールな皮肉屋っぽい雰囲気はそのままに、感情の幅が若干増したくらい、といえば伝わるだろうか。
 日本語版スタッフがそこを狙って変更を決断したとしたら、成功と言っていいと私は思った。

 落語の逸話をもう一席。
 以前桂米朝の『はてなの茶碗』を二つ聞いた。一つは十数年前のVTR。もうひとつは若かりし頃の音源だった。
 米朝師匠の声の張り艶はもとより、枕の噺や台詞の端々、間やテンポが結構違った。同じ人物が演じてもこの違い。ああ落語とは生物なのだなと感じ入った。
 時が流れ演者が変わったHALO。343インダストリーは、新たな歴史を演ずるに十分な噺家であると見受けた。次の高座も楽しみである。

雑感・ロックスミス

2012/11/12 21:32 Category:ソフトレビュー
TB(0) | CM(0)

かが言った。
「初めて自分のギターでビリー・ジョエルを弾いた時は鳥肌が立った。だって俺のギターからビリー・ジョエルが流れてくるんだぜ!?」
 音楽を志したことがある人にとって、この感覚は良くわかるのではないだろうか。敬愛するアーティストの言葉そのものであるような音楽が、自分の手で自分の楽器から聞こえてきたとき、まるでその人と謁見したかのような感動をおぼえた人は、少なくないはずである。
 音楽とは面白い。例えば絵画であれば、長い歴史を経れば色あせたり破損したり、当時のままでいることは難しい。
 だが音楽は、譜面に描かれた音符が健在であり続ける限り、いつの時代でも再現することが出来る。最古のデジタルメディアではなかろうか?
 なれば、デジタルのおもちゃであるゲームとの親和性もさぞ高かろうと思いきや、なかなかこのジャンルのゲームは登場してこなかった。押さえる箇所を限定したギターゲームやキーボードを模したDJゲームはあったが、現実に最も近いのはドラムゲームくらいではなかったか。
 音を電気的に扱う試みは古くからなされ、エレキギター自体は1930年代に登場していたにも関わらずである。

 もしかしたら、これは歴史を動かす一本になるのではないだろうか。電子楽器の音をゲームに反映させるシステムがこうして完成されたのだから、ほとんどの楽器が電子化されている今、このシステムに繋がれるジャンルは一つや二つではないだろう。
 そしてゲームとしての手軽さと双方向性が、初心者に対する敷居をどれだけ下げるかは、私が身を以って立証してきたつもりである。
 楽器の面白さをフィックスした模擬音ゲーではなく、本物の楽器を使う音ゲーがブームになったとして、何ら不思議はないはずだ。

 しかして私が一番このソフトを薦めたいのが、昔ギターを弾いていた人や、ギターを押入れにしまってある人だ。
 その楽器一本あれば、ビートルズにもストーンズにもなれると信じ、左手のたこと鬼門のFコードの前に膝をついた人は、きっと少なくないと思う。
 このゲームはそんな人を、再びギターの道へ呼び戻すのに最良の一本だろう。何せ昔打った篠塚…もとい、昔取った杵柄ばかりの下地があれば、あっという間に当時の感覚を思い出させ、原曲の旋律が高揚感を生み出してくれる。事実そういう人をこの目で見たのだから間違いない。
 自分のギターからストーンズが、T-REXが、デビッド・ボゥイが流れてくる感動を再び味わうには、この上ないパートナーだと思うのだ。

 三十余年の時を経て、とうとう実現したギターとゲームのセッション。
 ギターを始める最初の一歩にも、忘れかけてた一歩にもなる、快作レッスンソフトが誕生した。
 さぁ、早く私のスクワイアから、ストーンズを奏でさせてやりたいものだ。


ロックスミスやってみた・9

2012/11/11 23:20 Category:ロックスミス体験記
TB(0) | CM(2)

回も動画だけでご勘弁をorz
 次回はレビューを書いて一区切りとさせていただきます。


ロックスミスやってみた・8

2012/11/08 23:13 Category:ロックスミス体験記
TB(0) | CM(0)

ックスミス生活25日目。
 私はひとつの思いを抱えていた。方針を変えるべきか、と。
 きっかけは他でもない。スコアの伸び悩み、こと日課としてきたサティスファクションのそれである。
 購入以来、ほぼ毎日のようにこれを弾いて来たのだが、7万点の大台を前に、いよいよ獲得スコアが伸び悩んできたのだ。

 原因は何か?誤解を恐れずに言おう。他ならぬ本作の肝、難易度調整システムにある。
 難易度調整は、曲の数パートを1セットとし、そのパートに流れるノートをどれだけ正確に弾けたかでプレイヤーの腕前を判別し、次のセクションに流すノートの数などを調整するもの。つまり上手くなればなるほどノートが多く流れ、よりスコアを多く獲得できるチャンスが生まれるのだ。
 翻して言えば、弾くべきノートがプレイするごとに変わることもある。突然見知らぬノートが現れて弾き逃すこともしばしばだ。
 弾き方に小慣れた頃に突然コレが起こると、慌てて後にミスを引きずることもある。言い訳がましいがこの「半端な慣れ」が、スコアに絶妙な天井を作ってしまいかねないのだ。
 そしてこのゲームは、こちらのミスなどお構いなしにノートがどんどん流れて行く。ミスの取り返しや反復練習が難しいのだ。

 私は悩んだ。もしかしたら、ここでいわゆる教本通りの、譜面を買ってTAB譜を追いかける方法を試すのもありなのではないだろうか?
 無論ずぶずぶのド素人である私にとっては、このゲームがもたらすあらゆる経験が上達に繋がっているだろう。反復練習にしても、好きな曲の特定のパートのみを練習するモードも存在する。
 だがもし今、何も見ずにサティスファクションをフルコーラス弾けるかと問われると、正直言って自信はない。曲を弾くのではなく、ノートを追うことに慣れてしまっているからだ。
 なんとなく弾き方をおぼえかけてきた今譜面を買い、一音一音追っておぼえながら練習する方法と並行させるのもありではないだろうか?と。

 一見、悩む必要はなさそうに見える。やるだけやって合わなければ戻せばよいのだ。だが私は、今一つ踏み切れずにいて、その理由がわからなかった。
 だが先日、あのイシバシ楽器渋谷店の店頭に飾られたロックスミスの試遊台で、ギター経験者らしき青年が一曲弾いているのを傍から見たとき、なんとなくその理由がわかった。
 彼はきっとこのソフトが出るずっと前から、散々練習してこのくらい上手くなったのだろう。では彼はなぜ練習したのか?愚問だ、ギターが好きだからだ。
 私はギターにほれてこのソフトを買ったわけではない。このソフトに興味があってギターをはじめたのだ。そう、私の目的はギターが上達することではない。このゲームを楽しみ、結果として素人相手にちょっと偉そうな顔ができればそれでいいのだ。
 教本も耳コピも関係ない。このソフトがどれだけ魅力的で、どれだけこのド素人を引き上げてくれるのかを見たいのだ。

 決心がついた。私は今後もこのソフト以外の教材は買わないだろう。もし買うことがあったとしたら、それはこのソフトをきっかけに、ギターに惚れてしまったということだ。
 ロックスミスはまだ、私とギターの縁を強く取り持ててはいないらしい。果たしてその日はくるのだろうか?一曲弾きながら待つとする。

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。