a-360

ゲーム論説ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼・青野武

2012/04/11 00:40 Category:日記、雑記
TB(1) | CM(0)

時二十代の駆け出し役者であった青野武に、アメリカのTV西部劇『ブロンコ』の主役の吹き替えという大仕事が舞い込んだ。
 有頂天になり、タイトな現場にもめげずに吹き替えをこなす青野青年。だがオンエアを見た友人に、思わぬ事を言われた。
「お前訛ひどいよ、駄目だよあれじゃ」
 北海道出身の青野にとって、生来慣れ親しんだ故郷の言葉は、容易に拭えないものであった。
 悩んだ末、ディレクターにその事を打ち明けると、ディレクターはまた思わぬ事を言った。
「青ちゃん気にするな。西部劇ってのはね、アメリカの東北なんだよ、向こうの役者だって訛がひどいよ、土の臭いが出ていればいいの」
 この言葉にどれほど救われたことかわからない。と、後に述懐している。

 名優は一人では育てない。親や恩師、友人知人、先人盟友らの言の葉に光を受けて、樹木のようにゆっくり育っていくのだろう。
 役者人生半世紀。演劇界、アニメ界を支えた大樹、青野武が逝去した。

 宇宙戦艦ヤマトの真田志郎で少年達を宇宙へ誘い、ドラゴンボールのピッコロ大摩王で子供たちを恐怖させ、ちびまる子ちゃんの友蔵おじいちゃんで家庭に笑顔とと温もりを届け、そしてメタルギアソリッドのキャンベル大佐で、我らゲームファンの背中を支えてくれた。
 その功績と想い出は数知れず。訃報に接してなお、どこか寂しさが遅れてくるような心持ちがするのは、その得難い親しみと個性ゆえなのだろう。

 近年、宇宙戦艦ヤマト復活篇のアフレコで、二十数年ぶりに当たり役、真田志郎を演じた際、プロデューサである西崎義展氏が、ちょっと声を聞かせてくれませんか?と申し出た。
 やや緊張しつつ真田の台詞を読み終える。すると。
「ヤー青野さん、全然声が変わってないじゃないですか。驚いたな」
 半世紀の役者人生に労いの華を添えたのも、そんな言葉であった。

 泉下で出会うであろう、西崎氏をはじめ多くの仲間達は、青野氏にどんな言葉をかけ、また青野氏はどんな言葉を返していることだろう。耳をすませ、老練の声色に思いを馳せる。
 桜の季節に旅立った大樹に。合掌。
スポンサーサイト

提言・親こそゲームを知るべし

2012/04/05 21:02 Category:日記、雑記
TB(1) | CM(0)

社の先輩の奥さんは、子供がDSで遊んだ後、極力遠くを見させるよう心がけているという。
 効果の程は定かではないが、わが子を思いやる気持ちには違いあるまい。同様にゲームとの付き合い方に、独自のルールを定めているご家庭も、少なくないのではなかろうか。
 ゲーム脳などという言葉がマスコミに持て囃されて以降、任天堂をはじめ各社、子供や保護者に対する健康面のアピールが盛んになっているように思う。こと人体で屈指の繊細さと重要性を持つ「目」を使うメディアである以上、健康への影響というのは否応なく取り沙汰される。
 と、ここで私はふと疑問を覚えた。ゲームファンや児童に対するゲーム情報の媒体は多々あるが、その保護者の人はどこからゲームの知識を得ているのだろう?

 今の小中学生の親は、いわゆるファミコンブームを経験した人たちである。好む好まざるに依らず、ゲームという風土に接してきた世代だ。故にその多くは、ゲームというものがいかなるメディアで、いかなる作用と副作用を持っているか、感覚的に知っている。
 だが同時に、ゲームを卒業してしまった人も少なくない世代だ。日進月歩のゲーム業界に在って、長い間ゲームから遠ざかったことによる情報の不足や齟齬は少なくなるまい。
 そんな世代が人の親になり、自分の子供がゲームの虜になったとして、さてその経験や感覚だけで、今の子供と今のゲームを付き合わせてしまって良いのだろうか?

 ゲームは様変わりした。一番如実な例がオンラインの台頭である。かつでゲームハードはスタンドアロンであることが当たり前で、対人対戦と言えば、誰かの家でひとつの画面上で戦うものであり、通信対戦といえば携帯機同士を有線で結ぶのが精々だった。
 今やゲームがネットに繋がることなど当たり前。オンライン対戦で地球の裏側にいる人と遊ぶこともでき、携帯機でのワイヤレス通信対戦も、珍しくなくなってしまった。
 それがゲームと言う遊戯の特性以外に、どんな変化を意味するのか。それを知り、理解したうえで、子供にゲーム機を買い与えている保護者は、さて多数派と言えるのだろうか?

 以前、エンターブレイン主筆の加藤克明氏がインタビューで答えてくれた。

「いまだにPTAのセミナーみたいなものだと、ゲームを叩くような内容のものがなくなってはいないです。かなり減ってる。むしろゲームとどう付き合うかとか、親や地域も子供をどう育てるかというのを探していて、前向きなイベントもあるような感触は持ちますね」(原文はこちら
 
 ゲームが教育の敵なのか味方なのか、今一つ判然としていない人もまだ多いようだ。
 そんな人々にひとつの筋道を示すことも、ゲームを知りゲームを広める、ゲームメディアのこれからの命題のひとつではないだろうか?
 エンターブレイン社は、過去そうした親へむけた雑誌を刊行したことがあるが、営業的には振るわなかったらしい。親としてのゲームの付き合い方を独立した形態で販売には、まだ早かったのかもしれない。
 だがそろそろ、そういう試みが本格化してもいいと思う。少子化は子供一人にかける金額を上げているという。ゲームにとってもチャンスになり得るはずだ。
 まずは現行の子供向けの誌面に、保護者向けのページを数項付随させたり、小冊子として付録するなどの形が望ましいだろう。案外ああいうページは読まれているし、子供も親に見せたがるものだ。
 内容にすべきことはいくらでもある。ゲームが子供に与える医学的社会学的影響とその副作用。それを回避、抑制するイロハ。現在のゲーム業界のおよその版図などでもいい。
 弁解の記事になってもいけないし、結論を押し付けてもいけない。子供とゲームをどう付き合わせるかを、最終的に決するのは親であり、ゲームメディアはそのヒントに徹するべきだ。

 子供にゲームを買い与えるのは親だ。ゲームに対する親の誤解を解き理解を得られれば、業界にとっても好作用がうまれるのではないだろうか?

プロフィール

ATUSI

Author:ATUSI
ツイッター・@ATUSIBOX
 






原稿依頼やお問い合わせは
[V]←こちらをクリックして
お送りください

無料アクセス解析

>


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。